読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小林銅蟲「めしにしましょう」はグルメ漫画ではない

マンガ

めしにしましょう(2) 【電子限定カラーレシピ付き】 (イブニングコミックス)

長い前置き

料理とは、死をはぎ取るための行為である。

古来より日本には庖丁式という儀式化された調理法がある。
そんな庖丁式の起源には、諸説あり調査の中
現役、庖丁師からの回答として
「物を食べ物に変えるため、宮中で始まった」
という意見があった。

・エサとは、食べても害の無い物、又、食べる事によって、空腹・栄養を補える物の事を言い、食すのは、人間・動物である。
・食べ物とは、エサをなんらかの人為的な行為により、変えられた物の事を言う。
食すのは、天皇(神)であり、人間・動物ではない。
・料理とは、行事・儀式を目的として、食べ物を組合せ、構成された物の事を言う。
食すのは、天皇(神)であり、人間・動物ではない。
http://www.ryoutei-meijiya.jp/houchou.pdf

究極に儀式化された料理は、ただのモノを食べ物へと昇華する。
庖丁式とは、死肉の穢れを剥ぎ取り神前に供えるための儀式と言えるのかもしれない。

庖丁式とまではいかなくとも、日常行われる料理は、モノから死をはぎ取る。
死をはぎ取らない料理は、グロテスクであり残酷だと感じるが、死をはぎ取られればそこに死を感じることはない。

踊り食い、生け作りなど「生きたまま食べる」行為は死をはぎ取るどころか、生殺与奪の権を食べる当人が握ることになる。
そこにグロテスクさなどの生理的嫌悪を感じる。

Cooking for Geeks 第2版 ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)

Cooking for Geeks 第2版 ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)

死肉を解体し再構築したフランス料理を見てもそこに屠殺を想像しない。
さらに分子ガストロノミーやCooking for Geeksに見られるのは、食材を徹底してモノとしてみる視点を感じとることができるかもしれない。



【スポンサーリンク】



続きを読む

【投稿】貴族探偵【お知らせ】

ミステリ 寄稿

貴族探偵 (集英社文庫)


シミルボンに投稿しました。

祝ドラマ化 麻耶雄嵩「貴族探偵」です。

↓リンク先

ドラマ化で「貴族探偵」を知った方のための貴族探偵解説/シミルボン

詳細は、リンク先で是非どうぞ。

貴族探偵 (集英社文庫)
麻耶 雄嵩
集英社 (2013-10-18)
売り上げランキング: 378
貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)
麻耶 雄嵩
集英社 (2016-09-16)
売り上げランキング: 801


また当方では原稿、寄稿、書評依頼も受け付けております。
お問合わせはメールにてどうぞ。