最近観た そこそこだった映画のまとめ

ブログを更新していないのは、資格をとる勉強をしていたり体調を崩したりしているからで別にやめるってわけではありませんので、残念でした。
さて、最近も映画をつらつら見てはいるのですが、どうにもハズレが多い。
ここで一気にまとめて記事にしてしまおうということで。

以下、いろいろとネタバレはあります。

記憶の夜


日本ではNetflixで配信の韓国映画。
家族と新居に引っ越した主人公。
既視感のある新居、なぜか立ち入り禁止の部屋。

ある雨が降る夜、主人公は兄が誘拐されるのを目撃。
警察が捜査するが見つからず、後日無事兄は帰宅。
しかしいなくなった間の記憶は何も残っていなかった。
だが主人公は、帰ってきた兄の異変に気付き……。

中盤からの展開は高野文子「田辺のつる*1」大島弓子「金髪の草原」
で、そこからが長い。
さらに誰にも感情移入できないというどうしようもない展開。
あ、っと言わせるなら最後の最後まで引っ張る方が良かったし、過去の経緯を延々描いてどうしたかったんかね。




【スポンサーリンク】



*1:短編集「絶対安全剃刀―高野文子作品集」に収録

続きを読む

「◯◯が報道されない」情報操作陰謀論とネットde真実

先日、NEMをごっそり盗まれたコインチェック社の記者会見をリアルタイムで観ようと思いテレビのチャンネルを変えてみたが、会見をリアルタイムに流す在京民法はなく、流れるのは、はれのひ社長の記者会見ばかり。
結局、Abema TVでみることになった。

翌日、WBSではそれなりに取り上げてもいたが、被害額の割に扱いが小さいのはあくまで一部の投機(ギャンブル)でしかないからだろう。

話題になっていることをツイッターで検索すると「◯◯が報道されない」「きっと安倍政権の陰謀だ」「報道規制だ」なんてツイートが何万回もリツイートされている様子をよく見かける。
その根拠になっているのも同じく「報道」なんだが、陰謀論をツイートする人にとってネットの報道は「真実」であって、テレビの報道は別腹らしいのがわかる。

政権は、テレビには影響できても、ネットに影響はできないらしい。
ヌルい政府のヌルい情報操作ですね。



【スポンサーリンク】



続きを読む