シンゴジラの最後を考えた神山健治「映画は撮ったことがない ディレクターズ・カット版」

映画は撮ったことがない ディレクターズ・カット版

神山健治の名著、新生!

企画、脚本、演出、ポスト・プロダクション──。
制作全工程の具体的な解説を通して「映画の正体」に迫る!

神山健治が作品をつくりながら巡らせ続けた思考を記録した単行本に、庵野秀明監督との録り下ろし対談、ダ・ヴィンチ誌で連載されたコラム「映画を生む本棚」、そして現在の心境をつづったあとがきを収録した増補改訂版!

アニメ監督神山健治が月刊誌ダ・ヴィンチで連載していたコラム「映画を生む本棚」や、インタビューを収録した本「映画は撮ったことがない」を、ディレクターズ・カット版と題して、新書サイズのソフトカバーにし、庵野監督との対談を新たに収録した一冊。

旧ハードカバー版にあった押井守監督と中島哲也監督との対談をごっそり庵野監督対談と入れかえてある。
付け足さずに削って入れ替えるとは思い切ったやり方ですが。

これは面白い。
映画に興味がある人なら、一読して損のない内容。
旧版を持ってる人なら対談だけ書店で読むって手もあるけれども……いや、書いましょう。
以下、簡単に内容を。

※以下、「シン・ゴジラ」に関してネタバレがあります



【スポンサーリンク】



続きを読む

「貴族探偵」とコメディの相性が良すぎる問題

togetter.com
このTogetterまとめ通り、確かに原作を読んでいても映像化はキチンとされてる。
綾辻氏の悲劇と比べればなんぼのものかと。
ただ個人的には貴族探偵とコメディドラマの相性の良さが気になった。
相性が良すぎるのもそれはそれで問題。



【スポンサーリンク】



続きを読む