Lauch Center Proで新規GMailを作成するURLスキーム

Mailboxの行列も前にまだ17万人(後ろに64万人)。
レビュー記事も現れだしてるが,読んでみるとメインとして使えるものではないらしい。
「iOS」向け「Gmail」クライアントアプリ「Mailbox」レビュー--その魅力を探る/cnet
となるとまだまだGMail公式を使う事になる。


そこでURLスキームを調べてたところ、なんか面白そうなのを見つけた。


Finding the GMail URL scheme for iOS
この記事によると

googlegmail:///co?subject=<subject text>&body=<body text>

というURLスキームを使って新規メールを作成出来るんだそうだ。
<subject text>の部分にメールタイトル
<body text>の部分に本文が入るとの事。


iPhoneのスキームとして使えないので、少し直して、Launch Center Proに設定してみた。

googlegmail:///co?subject=[prompt]&body=[prompt]

こんな感じになる。


※ちなみにSeeqではキーワードを一つしか受け渡し出来ない仕様なのでLaunch Center Proで設定した。
設定してタップしてみる。
(作成する際は、EditでAction Composer→Gmailを選択し、作成したGmailのアイコンから再Editしてスキームを書き足すのが楽)
f:id:paradisecircus69:20130216122005p:plain
1つ目のポップアップでメールのタイトルを入力→「開く」もしくは「GO」をタップ。
2つ目のポップアップで本文を入力→「開く」もしくは「GO」をタップ。
するとGMailアプリが立ち上がって

入力された状態で表示される。
あとは宛先を選べば送れる,と言う寸法。


ちなみにSeeqで同じ設定をすると本文とタイトルに同じ文字が入る...。
こんな感じでどうでしょう。
あんまり使う機会なさそうかなぁ...。