ウェブの片隅でモテを叫んだ非リア

ウェブだろうがソーシャルだろうが作ったのは人間、操るのも人間。
無機質なオンラインが人間臭くなるのは当然の話。
FacebookTwitterで働くふたりが示した「ソーシャルネットワークの有効性」(Twitbook Proposal)/TechCrunch
http://jp.techcrunch.com/archives/20130302this-facebook-twitter-marriage-proposal-twitbook/
リンク先は

今や、ソーシャルメディアがむしろ人間関係を疎遠にすることもあると言われている。
しかし「Twitbook Proposal」では、ソーシャルネットワークが、正しく「ソーシャル」の効果を発揮しているように思う。
多くの人が関わり、そして人生の大事な瞬間をみごとに記録に残したのだった。
ソーシャルメディアが愛を壊してしまうこともあると言われるが、もちろんそうでないケースだってあるのだと示してくれている。
たくさんの友人たちが繋がり、ロマンチックな目的に向けてうまく協力できている
この中身で「正しく「ソーシャル」の効果を発揮している」とまで言われてしまうとかなりトホホかな。


出会いなんて切っ掛け。
同じ状況下で彼女が出来る場合もあれば、出来ない場合もある。
結婚したりしなかったり。
離婚したりしなかったり。
オンラインで過ごす事が長ければオンライン切っ掛けで付き合ったって何もおかしくない。


今なら出会いは、ナンパ師も減らないLINEが主戦場だったりするのか。
LINE、ナンパ目的のユーザーが減らない意外な理由~ケータイ、結婚願望…/Business Journal
http://biz-journal.jp/2013/02/post_1552.html


・30歳無職がアメーバピグに手を出したら酷い目にあった/オモコロ特集
http://picup.omocoro.jp/?eid=1255
過去記事。今はどうなってんだろう。


・GoogleAdwordsで彼女が出来てからちょうど1ヶ月経ったのでその後起きたこと等をまとめる/razokulover publog
http://razokulover.hateblo.jp/entry/2013/03/03/230623
タイムリーにこんな記事も上がってた。
「GoogleAdwordsを使って?!」
なんて驚くほども無く、仲介を挟まず個人的に結婚相談所を開設したみたいなもんだし。
1円もかけずに彼女を作って、結婚まで行くやつもいるんだし。
記事の中身は、Adwordsを通じて知り合って、相手の両親と飯食って。
気になったのは彼女が巨乳だったってのとカレーかな。


きょにゅう
平仮名にすると柔らかそうなイメージになる。
おっぱい
やっぱりおっぱいの方が柔らかそうなイメージだな。
...そんな事はどうでもいい。
( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°


・おっぱい揉まれてる側の女子は別に気持ちよくないと知っておれたちは正直動揺を隠せなかった/togetter
http://togetter.com/li/370533
そんなもんだ。


アドワーズで募集が凄いんなら
・「文字列にほれた」――2人の“Twitter婚”物語/ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/24/news022.html
ツイッターの文字列に惚れて結婚まで行く方がよほどすごい。
2009年の記事。
現在も結婚、Twitter継続中でなにより。


これだけ追記
・結婚を前提とした相互フォロー/togetter
http://togetter.com/li/465218


・githubで彼氏を募集されてる方がいらっしゃいます/GIZMODE
http://www.gizmodo.jp/2012/10/github.html

・GitHubで募集された彼氏募集への応募を検討して感じた高望みという生存戦略/情報学の情緒的な私試論
http://d.hatena.ne.jp/bulldra/20121011/p1


全てはモテるため、か。
男は、女性は苦手だ、コミュ障だ、非リアだ、モテないと嘆き、
女は
・純愛に目覚めるのは28歳。
http://am-our.com/love/100/5069/
とか語っちゃう。
その語り口に漂う見下ろした視点に原因が...(ry
...あぁ、こんなこと書いたら信者に吊るされる。


とりあえず二村ヒトシの本でも読んどけば良いんじゃなかろうか。
昔は北方健三、今は二村ヒトシってとこか。


北方謙三に訊け!/Exciteブックス
http://media.excite.co.jp/book/news/topics/059/p01.html
北方謙三くらいになると「モテるモテない」なんていう次元に生きてない。
さすがカリスマw


おあとがよろしいようで。

※旧題:オザケンは「愛し愛され生きるのさ」と歌い、北方謙三は「ソープに行け!」と背中を押す