「もっとアニメが見たい もっとアニメが見たい もっとたくさんのアニメに出会いたい」を読んで思う事

延々と毎週スケジュールに従って録画されてHDDに溜まっていくアニメたちは何を想っているんだろうか
http://d.hatena.ne.jp/thun2/20130306/p1

もっとアニメが見たい もっとアニメが見たい もっとたくさんのアニメに出会いたい
http://d.hatena.ne.jp/thun2/20130309/p1

どちらも一部判るし、一部理解出来ない。
ウチは趣味に関して多角経営なのでアニメ一辺倒とはいかない。
アニメは、PSYCHO-PASSジョジョまおゆうしか観てない。

監督が誰かなんて意識していなかった。主題歌を歌っていた堀江由衣さんなんて知らなかった。小清水亜美さんなんて知らなかった。生天目仁美さんなんて知らなかった。能登麻美子さんなんて知らなかった(でも声は凄く特徴的だなぁって思ってた)。スタッフやキャストのことなんて意識していなかったけど、でも物語に完全に引き込まれていて、あぁアニメってすごいなって素直に思った。ラブコメというジャンルを今でも神格化しているのは、スクールランブルの影響が強い。「ラブコメと言えば?」と言えば今でも一も二もなく「スクラン!」と答える。原作も速攻で集めて、飽きるほど読み返した。

http://d.hatena.ne.jp/thun2/20130309/p1


まだmixi華やかなりし頃、マイミクに誘われて映画マニアのオフ会ってのに参加した事がある。
新宿のビルの二階にある喫茶室。
丸テーブルに腰かけた自分も含め四人の男女。
そこでは速射砲のように好きな映画を並べ立て
「××って監督の○○って映画って△△って撮影監督なんだけれども、彼がインディーズ時代に...」
「日本未公開の×××って作品があるんだけど、その脚本を書いてたのが○○で...」

そこで見たのは違う文化だった。
知識のひけらかし。
俺はこれを知ってる、俺はこんなマニアックな情報を知ってるぞの応酬。
自分は一言も話さず黙ってそのやり取りを見てた。
こいつらにとって映画は面白いのか?
それとも義務なのか?
強迫観念か?


以前、有吉がどっかの番組で
映画なんて面白くないかそうじゃないかだけで良いだろ?
って話してた事があった。

いつ頃からだろうか。
この映画は、どの監督の作品か気にするようになったのは。
この映画が、過去のどんな映画や監督の影響を受けてるか気にするようになったのは。
この映画は、暗喩的に何を表現してるか考えながら観るようになったのは。

知識が目を濁らせ、情報が邪魔をする。
知らなければ楽しめたのに。
知らなければ感動出来たのに。


自分だって人の事言えたもんじゃないが。
もう素直に「面白かった」だけのベクトルで判断は出来ない。
そういうパラダイムに縛られてるし、抜け出せそうにない。



「私は1クールに数本しか見ないし」。その裏では何十本という作品が存在していて、あなたが触れなかった作品はもしかしたらもう一生触れることがない作品になるかもしれないんです。それって、アニメにとって本当に幸せなことなんでしょうか。私はそうは思わない。

アニメって素晴らしいものなのに「切られる」「見られない」という事態が発生し、しかもそれが「数が多いから」というのが理由の一つになっているなんて、それはアニメにとって本当に幸せなんでしょうか。

http://d.hatena.ne.jp/thun2/20130306/p1


「私は1クールに数本しか見ないし」。
その裏では何十本という作品が存在していて、あなたが触れなかった作品はもしかしたらもう一生触れることがない作品になるかもしれないんです。
それって、ドラマにとって本当に幸せなことなんでしょうか。
私はそうは思わない。
ドラマって素晴らしいものなのに「切られる」「見られない」という事態が発生し、しかもそれが「数が多いから」というのが理由の一つになっているなんて、それはドラマにとって本当に幸せなんでしょうか。


「私は1クールに数本しか見ないし」
その裏では何十本という作品が存在していて、あなたが触れなかった作品はもしかしたらもう一生触れることがない作品になるかもしれないんです。
それって、バラエティにとって本当に幸せなことなんでしょうか。
私はそうは思わない。
バラエティって素晴らしいものなのに「切られる」「見られない」という事態が発生し、しかもそれが「数が多いから」というのが理由の一つになっているなんて、それはバラエティにとって本当に幸せなんでしょうか。


「私は1年に数本しか見ないし」
その裏では何十本という作品が存在していて、あなたが触れなかった作品はもしかしたらもう一生触れることがない作品になるかもしれないんです。
それって、映画にとって本当に幸せなことなんでしょうか。
私はそうは思わない。
映画って素晴らしいものなのに「切られる」「見られない」という事態が発生し、しかもそれが「数が多いから」というのが理由の一つになっているなんて、それは映画にとって本当に幸せなんでしょうか。


「私は1年に数冊しか読まないし」
その裏では何十冊という作品が存在していて、あなたが触れなかった作品はもしかしたらもう一生触れることがない作品になるかもしれないんです。
それって、小説にとって本当に幸せなことなんでしょうか。
私はそうは思わない。
小説って素晴らしいものなのに「切られる」「読まれない」という事態が発生し、しかもそれが「数が多いから」というのが理由の一つになっているなんて、それは小説にとって本当に幸せなんでしょうか。


何かを選択すれば何かは選択できない。
人生のリソースは限られてる。
その限られたリソースをどこにつぎ込むか、配分するか。
ジレンマは、色んなヲタが抱えてる筈。
別にアニメに限った話じゃない。
素晴らしいアニメを選択した代わりに、もしかすると人生を変えるくらいの本に出会わなかったかも知れない。
素晴らしいアニメを選択した代わりに、もしかすると涙あふれる名作映画が観れなかったかも知れない。
素晴らしいアニメを選択した代わりに、もしかすると腹筋が引きちぎれそうなくらいのバラエティを見損ねたかも知れない。
何かを選択して、何かが選択できないジレンマは人の生きる時間が有限である限りついて回る。
だからみんなライフハックが好きなんだ。

怖いからさ
二度と手にはいらなかったらどうしよう
どこか行方不明になったらどうしよう
汚れてしまったらどうしよう
組み立てるときに失敗したらどうしよう
 
不安をなくして安心感が欲しいために無闇にコレクションを増やしているのさ。
 
みんないつかは死ぬ。墓の中にまでガンプラやDVDはもっていけないんだ。
今手放しても同じことだよ。ならいっそみんな捨てちゃえよ。

ケロロ軍曹 第140話「ケロロある男の戦いであります」


昔、アメプロにハマってた事がある。まだWWEがWWFだった頃。ビンス・マクマホンとSCスティーブ・オースティンが抗争を繰り広げ、ROCKは毎週ピープルズエルボーを決め「If you smell what The Rock is cookin'!」と雄叫びを上げ、HHHはぺディグリーで股間に挟んだ相手レスラーの顔面をマットに打ち付けてた。やがてWWFはWWEに名前を変え、上場し番組はRAWとSMACK DOWNに別れた。
それぞれが2時間。プロレスを観るのに一週間に4時間費やしてた。
ひと月なら16時間。半年なら96時間になる。
そしてWWEには更にスペシャルな特番がある。
ロイヤルランブルは60秒に一度レスラーが追加されていくバトルロワイヤル。最後までリングに残った一人が優勝。レッスルマニアやサバイバーシリーズ、サマースラムは、レギュラー放送のストーリーを集約した大オチに相当し、次のレギュラーストーリーへの入り口になる。
各特番がほぼ一ヶ月毎に一度、それぞれ3時間程度。半月で多くて18時間。
全部のRAWとSMACKDOWN、それに特番を欠かさず観る。これを数年続けた。
来日した時は横浜アリーナに見に行ったりもしてた。
仮に4年としてWWEに912時間*1使ってたわけだ。
人生の38日間。それがプロレスを消化した時間。


ひと月で60本の映画を観た事がある。
ひと月で60冊くらいミステリーを読んだ事がある。
どんどんと人生のリソースは消化されてる。
飯を喰っても、アニメを観ても、息をしていても、ネットの駄文を読んで文句を言いながらぶコメしても、減っていく。



「私はアニメを全て観たい」
その裏でアニメ以外にも様々な作品が存在していて、あなたが触れなかった作品はもしかしたらもう一生触れることがない作品になるかもしれないんです。
それって、人生にとって本当に幸せなことなんでしょうか。
私はそうは思わない。
人生って素晴らしいものなのに「アニメを観なければならない」という事にこだわって、
限られた人生なのにアニメの消化が時間を使う為の理由の一つになっているなんて、
それは人生にとって本当に幸せなんでしょうか。


では幸せとはなんだろうか。
自分の人生を何に使うかは自分が決めればいい。

誰かが何かの作品に触れなかったとしても、それはその人生の要素で無かった。
ただそれだけ。
その代わりに私はあなたの知らない素晴らしいものを知っている。
あなたは私の知らない何か素晴らしいものを知っているかも知れない。


それはそれでいい。
人生のリソースは限られていて、全ての素晴らしい何かを全て知る事は出来ないんだし。
アニメを消化する事に決めたならそれにつぎ込めばいい。
何にせよ、まだ人生は少し続く。いずれ終わる時まで。
所詮、人生なんて暇つぶし。
人に生まれた意味なんてものは元々ない。
人生の意味を決めるのは自分でしかない。


Watch Keroro 140 in アニメ  |  View More Free Videos Online at Veoh.com
以上、当たり前の事でした。

*1:RAW+SMACK DOWNを月4回、特番毎月3hとして計算なので実際はもう少し少ない筈