「アマチュアリズムという幻想」を読んだ

アマチュアリズムという幻想/24時間残念営業
http://lkhjkljkljdkljl.hatenablog.com/entry/2013/03/12/011033


たった1記事で8万人に読まれる文章を書けるようになるライティング術/バズ部
http://bazubu.com/web-writing-13266.html

オレたちチンピラがアマチュアで ヤクザがプロなのかねぇ?
チンピラのプロってのはないのかねぇ?

映画「チ・ン・ピ・ラ」


以下、ブログにおけるプロとアマチュアについて。


プロとアマチュア


「ブログとはそもそも何か」
に関わるアマチュアリズム考察。

八万人に読まれたらそれは、果たしてアマチュアと呼んでいいのか?と思わなくはない。
「たった1記事で8万人に読まれる文章を書けるようになる」
なんてタイトルは初心者ホイホイ。
プロは読まなくても判っている筈の知識。
基礎教養。
そして素人が読んで8万pv集められるかどうかは別の話。
実績云々やデータを示さなければならないって事も無いんだろう。
この手の記事は。


ブログに金銭が発生してなきゃアマチュアなのか。
アルファブロガーと呼ばれても金が発生しないならブログではアマチュア。
ブログでのプロとアマチュアの境界は曖昧だろう。

ウチみたいにマネタイズを多少意識していても実際数十円だったり(苦笑)するし、だからってSEOに注力しようとも大して思ってない。
ブログで食っていく気が無いからなんだが。
でもお金は発生してる。
でもアマチュアだろう。
食っていくかどうか、食っていけるかどうか。
書くことに対する姿勢。

現実世界でアマチュアとプロの差は肩書きでは無い。
技術だし社会的な存在位置でもあると思う。
だがウェブはそうじゃない。



たった1記事を思ったように書けるようになるライティング術


ブログに何を書くか。
マネタイズを考えるならウケるものを書く。
バズるもの、キャッチーなモノ、何とかの技術を遂に大公開、何とかの50の法則。
SEOブログを巡回して集めたネタを再構成して使い回す。
鍵付きのはてなアカウントを10くらい用意して、自分でブクマしといてはてブトップの人気に入れときゃあ、見つけた村民が持ち上げるなり叩くなりする。
マネタイズ、自己啓発、ライフハック好きは常に一定数いるし、そういう勢力はこの手のものに目が無い。
使い古された手管であっても飽きずに何度もはてブする。
まとめサイトでもいい。
実際にやってるところを幾つも見かける。

ウチでもやろうかな...絶望的なくらいブクマ付かないし...。


書きたいから書くのか、読まれるために書くのか


ブログに何を書くか。
書きたくないものは書かない。
それはアマチュアだ。
バズろうが閑散としていようが書きたいものを書く。
結果として金銭が付いてきてもそれはアマチュアと呼べるかもしれない。
「趣味」と言うのはそういう事だろう。

書きたいものを書いてオレは食っていくんだ。
そうなればプロと呼べるだろう。
そこが境目だと思う。
稼ぐために書く。
それは「仕事」だしプロだ。
実力の有り無しや食っていけるかどうかは別として、その姿勢はプロだ。


プロとアマチュアの曖昧な境界


ウェブ上でのアマチュアとプロの境界は曖昧かもしれない。
そしてプロっぽいアマチュアが台頭してくる。
アマチュアっぽいプロは当然淘汰されていくべきだろう。
しかしプロっぽいアマチュアはやっぱりアマチュアでしかない。
そのまま生き残れたらそれはプロだろう。
プロだって昔はアマチュアだった。
それが食えるようになればそれはプロと呼べる。

一億総クリエイター時代
なんて幻想はクリエイトされるモノの氾濫と品質の低下を示してるんじゃないか。
そしてそれを読まされる・見てしまう方に見識が必要になる。
脊髄反射で無く、読解し、理解できるか。


KDPを見てみればわかる。
氾濫する情報商材みたいな啓発・ライフハック本、無数の読まれない駄文。
そして一部のプロになりえる書き手。
空っぽな一億総クリエイター時代の兆しが見える。


ウェブは見た目が9割


「たった1記事で8万人に読まれる文章を書けるようになるライティング術」のバズ部は一見組織やっているように見えなくもない。
ライターは全て同じMORIYAMA氏。
書いている記事のタイトルは、
SEOだけで100万PVを集めるECサイトを作るために必須のWEB集客の基礎
・バカ売れキャッチコピーをサクサク作れるプロ直伝の4つのテクニック
ECサイトのコンバージョン率を3倍にする21の簡単な方法
・起業してWEBサービスで10万ユーザー獲得までの半年で行った7つの事
・売れるサイト作成に必須!たった4つのWEBデザインの基本法

「バカ売れキャッチコピーをサクサク作れるプロ直伝の4つのテクニック」
より以下を引用しよう

結果に対する具体性を追加するためのテンプレート
○○日で○○した(3日で不眠症がなくなりぐっすり眠れるようになった)
○○人が○○した(1万人がフルマラソンで3時間切りを達成した)
○○人が○○日で○○した(受講者の83%が7日で体脂肪率が2%減った)

〜の○○のルール(TOEICを最短で攻略する7つのルール)
〜の○○のパターン(ハイトーンの歌声を出す3つのパターン)
方法、秘訣、問題点、法則、秘密 etc

流石、人に教えてるだけあって自分でも実践している。
こんな記事ばかり読めばきっとihayatoみたいにブログのプロとして食っていけるんだろう。
15分で記事を書き、八万人に読まれ、一日100万PVも夢じゃない。
実際「たった1記事で八万人に~」ははてブ700を越えてる。
700人もブクマした訳だ。
中身を理解したにしろ、揶揄したいだけにしろ。
700人もブクマするほどの「新しい」「これまでに無い」「革新的な」記事なんだろう。
オレにはよく判らないけれど。


アフィリエイトで稼げるテーマ/アフィリエイト初心者でも稼げます。ふりすくのブログ
http://frisk-netbiz.com/


ブロガーよ欲を満たせ!一万超アクセスを今すぐ奪う方法がこれだ!/WEBさえ
http://websae.net/blog_accessup/


5ヶ月で100万PVのブログを作成する為に実践した32の手順/バズ部
http://bazubu.com/blogging-pv-9236.html


本当は教えたくないSEO!アクセス数が20倍になったブログタイトル32文字の法則/ChromeLife
http://www.chrome-life.com/seo/1606/


悪徳商法的な記事タイトルでPV数を25倍にする3つの方法【+重要キーワード集98個】/WEBZUKI.com
http://webzuki.com/archives/4975947.html


デジャブかなーw
まるでライターを抱えているような体裁を整えた見た目。
そこに信憑性を感じる。
無料のはてなブログで延々駄文を投下してるウチみたいなところに信憑性は無いw
だが実際上はどうなんだろう。

まとめ


アマチュアでもプロになれる。
一億総プロ化できる。
ブログとSEOならね。
生きていくため、稼ぐためなら汚いと思われそうな手段でも使う。
卑怯だとか、逆に正しい方法なんてのもウェブにはない。
鍵垢でセルフブクマして何が悪いのか。
ツイッターで複数アカウント作って拡散しまくって何が悪いのか。
パクリツイートでふぁぼ集めてフォロワー増やしてブログに誘導してアドセンスを叩かせる。
毎日見かけるしのさばってる。



確かに気に入らねぇわ。


必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意
コグレマサト,するぷ

インプレスジャパン
売り上げランキング : 1543

Amazonで詳しく見る by AZlink