初心者でも簡単に始められるpvを集める簡単な5つの方法

そろそろ本気でアフィリエイトの話をしよう/WP-D
http://wp-d.org/2013/03/05/3265/


アフィリエイトは悪ではない。

それは判る。

ただのシステムだ。

では、なぜと感じるのか。

諸君 私はアフィが 好きだ
諸君 私はアフィが 好きだ
諸君 私はアフィリエイトが 大好きだ

SEOが好きだ ライフハックが好きだ マネタイズが好きだ 情報商材が好きだ 
2chで Twitterで mixiで メールで はてブで Facebook
このウェブで行われる ありとあらゆる胡散臭いクソアフィリエイトが 大好きだ

※タイトルと本文に相違がある事を深くお詫び申し上げます


嫌儲


初心者でも簡単に始められるpvを集める簡単な5つの方法
最近、こんな惹句の記事がホッテントリしているのをよく見かけるようになった。
冷やかしに覗いてみると同じような中身が連日連日。
正直辟易とするが、ブクマは相変わらず連日の盛況っぷり。
諦観と共に嫌儲って言葉を連想した。

嫌儲って言葉が、頻繁に飛び交ったまとめサイトの炎上とステマ騒動。
いわゆる第二次ブログ連戦争が(そんな呼び方ついてたのか)まず思い浮かんだ。

嫌儲にひろゆき降臨→5大アフィブログが名指しで転載禁止を言い渡されるまでの流れ/ロブ速
http://archives.plusvip.jp/lobsoku/antiafi/10662.html

この場合、2chまとめと言うそのものの仕組みが
「匿名の誰かの発言を自ブログのアフィリエイトへのエサに勝手に利用してる」
ってところが嫌儲の流れになりひろゆき降臨し、
→やめるかと思いきや、自ブログのコメントやツイッターまとめなんかを展開して未だに生き残ってる。
再開直後は、ろくなコメントも無くてAAなんかで凌いでたけど今は誰彼書き込むようになってる模様。
その後も2chまとめブログは存在するし、NAVERまとめなんかが隆盛でもやっぱり無くならない。
クオリティは相変わらずの捏造(たまに)ありきだけれど。


嫌儲」の心理と正義感、資本主義、あと転載について。/しっぽのブログ
http://tail.s68.xrea.com/blog/2006/06/post_20.html

2005~2006年の第一次ブログ連戦争での嫌儲
この長い歴史が
アフィ=悪
ってイメージソースの一つになってるのは間違いない。
しかしここでもアフィリエイトが悪なんでは無く
匿名コメントの無断使用
が悪なのが正しい。
しかしそれを利用して「儲ける」と言う部分がフューチャリングされ悪のイメージが根強くなったのは間違いない。


アフィリエイトの歴史


アフィリエイトとは?/ITビジネスジャーナル
http://itbiz-j.com/now/archives/10

アフィリエイト
これでGoogle先生に聞くと出てくるわ出てくるわ。
実話ナック○ズの広告ページみたいなクズページの山。

胡散臭いデザイン、集めました
リンクを張って誰かが情報商材を買っても嫌なのでこちらを張っておきます。
※こんな感じのページが出てきますよ

「楽して儲かる」
いつの時代も変わらない。
「寝ているだけで痩せられる」
「仕事の合間だけで月に5万稼ぐテクニック」
「2時間で字が上手くなる」
「読むだけで頭がよくなる」
「月収51万円のボクが教えるブログで稼ぐ10の方法」

そんなクソ胡散臭い惹句に騙されて、クリックする方々。
1クリックが集まりアフィリエイターの収入源になって、アフィリエイターは更につまらない記事を投下し続ける。


アフィリエイトが絶対悪な訳じゃあない。
儲ける為に手段を選ばず、インターネットに詐欺みたいな罠を張り、少しでも稼ごうとしている連中。
それがイメージを貶めているんだろう。

5.もう「騙された」と言わないために
  賢くなってください。

http://wp-d.org/2013/03/05/3265/


転載


よく「本を紹介します」とかブログで言いながら中身をまんま転載しているブログを見かける。
どの程度の転載なら許されるんだろうか?

これだけは知っておきたい、引用と転載とクリエイティブ・コモンズの事
http://seofromusa.com/blog-tips/quatation-reproduction-creative-commons/

引用:引用文を削除しても記事が成立する。許可が無くても問題は無い
転載:転載文を削除すると記事が成立しない。許可が無いと違法になる

うむ。こうすると判り易い。
では多くの15分で書けるような
「ぼくが読んだ本を紹介します」
系ブログはどうなんだろう。


承認欲求


小学生の時も中学生の時も読書感想文なんて大嫌いだった。
夏休みに「ジョニーは戦場へ行った」の読書感想文を書くのに、読むのが面倒だから本の後ろに書いてあるあらすじを読んで反戦とか戦争の悲しさとか適当にちりばめて提出したら褒められた事がある。
ジョニーは戦場へ行った (角川文庫)ジョニーは戦場へ行った (角川文庫)
ドルトン・トランボ,信太 英男

角川書店
売り上げランキング : 83203

Amazonで詳しく見る by AZlink

自分で書いた文章なんて誰かに読まれると思っただけで赤面しそうなものだった。
それがいつの間にかブログなんて書いてる始末。
自分の書いた駄文が一人にでも読まれればそれで充分な筈なのに。
承認欲求は際限なく膨らんで、少しでも読まれようと、バズろうとキーボードを叩かせる。
どっかのバズってる記事にリンク張ったぶコメつけて誘導してみたり。
いやはや胡散臭い、我ながら。


書きたいから書くのか?読まれたいから書くのか?


書きたいから書く記事と、読まれたいから書く記事は違う。
例えばこの記事は「読まれたい」よりも「書きたいから」が強い。
iPhoneアプリの紹介記事なんかは「読まれたいから」が強い。
何度か書いているが、元々このブログのはじまりは
大手アプリ紹介系ブログ記事の
「こんな薄っぺらいアプリの紹介記事で称賛されるの?」
って思ったのが切っ掛けだし。

書いてみて判ったのはアプリの紹介にしろ他の記事にしろ薄くて軽い記事の方がバズりやすいってとこか。
誰も真剣になんて読んでないって事だろう。
脊髄反射でブコメ。
他のぶコメより少しでも斜めに見てる感じを出さなきゃ。
炎上してるから更に油を注いでみよう。

中身まで読み込んで整合性まで確認してるタイプは少ないって事だろうか。
この記事だって読まれるかどうかわからないw


アフィリエイトと割り切って始めているブログははなっから読まれる事、バズる事を目的にしているから薄っぺらい惹句で引っかけてブクマを集めりゃそれで満足できるだろう。
使い回しのネタを改ざんして載っけりゃまた一つメシの種が出来る。

初心者でも簡単に始められるpvを集める簡単な5つの方法
初心者ってところでリテラシー*1の低いカモを呼び寄せる。
初心者なら何でもかんでもブクマしやすい。
そこに漬け込む。

安っぽいタイトルの記事が連日投下される。
そんなタイトルをクリックするあなた方の為に。
誰かが儲ける為に。

さぁ、たっぷりどこかの広告をクリックしてください。
だってアフィリエイトは悪じゃないんだから。
さあ。


※冒頭の文は「ヘルシング」よりのネタになります

HELLSING I-V Blu-ray BOX〈期間限定生産〉[Blu-ray]HELLSING I-V Blu-ray BOX〈期間限定生産〉[Blu-ray]
中田譲治,折笠富美子,榊原良子,清川元夢,平田広明

ジェネオン・ユニバーサル
売り上げランキング : 13220

Amazonで詳しく見る by AZlink

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意
コグレマサト,するぷ

インプレスジャパン
売り上げランキング : 1543

Amazonで詳しく見る by AZlink

*1:あぁ、嫌いな言葉だ...