九井諒子「ひきだしにテラリウム」絶賛記事を書かざるをえない

ひきだしにテラリウムひきだしにテラリウム
九井諒子

イースト・プレス 2013-03-16

Amazonで詳しく見る by AZlink
最近、面白いマンガが色々読めて嬉しい。
近頃、マンガをあまり追っていなかったので
「今はこの作家!」
って言う作品を結構読んでいない。

九井諒子の名前もネットで何度か見かけていたけど読んだのは初めて。
平積みになってた箱庭みたいな表紙に惹かれたってのもあった。
※以下、ネタバレ無しで書いたので非常に婉曲な表現になってます







落語家の扇子

落語家は扇子を色んなものに見立てる。
煙草、脇差しや刀、提灯、箸。
落語家が扇子を箸に見立てて熱そうに蕎麦をたぐると、本当に落語家の手の中に熱い汁が張られた丼と箸、蕎麦が見えて来るから不思議。

ショートショートは、読者の想像力を最低限の言葉でいかに引き出すかにかかってる。
下手な作家ほど言葉を弄して、上手い作家ほど芯を捉えた言葉を使うから最低限の言葉で世界を描く。

落語家が扇子を箸に見立てるように、作家は一つ二つの言葉で世界を構築してしまう。
星新一は1ページ2ページで世界を作る。
無駄な言葉は使わず、行にして数行から数十行、そこにシニカルさやニヒリズム、悲哀、喜劇を盛り込む。
削ぎ落とされ無駄がない。
だからショートショートは難しい。


ショートショートの系譜

短編巧者と言うと藤子・F・不二雄を連想する人は多い。
パラダイムシフトを描いた「流血鬼」や中学生が地球の運命をかけて独り戦う「ひとりぼっちの宇宙戦争」
「劇画オバQ」では、セルフパロディとして自身のオバケのQ太郎の未来を皮肉一杯に描いてみせた。
藤子・F・不二雄 ビッグ作家 究極の短篇集 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)藤子・F・不二雄 ビッグ作家 究極の短篇集 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
藤子・F・ 不二雄

小学館

Amazonで詳しく見る by AZlink

岡崎二郎もショートショートが上手い。
毒っけのある話も多いが、死んだ刑事が自分の子供に生まれ変わる(意識だけ憑依する)ミステリーもの「大いなる眠り子」も面白かった。

アフター0〔著者再編集版〕(1): 1 (ビッグコミックス)アフター0〔著者再編集版〕(1): 1 (ビッグコミックス)
岡崎二郎

小学館

Amazonで詳しく見る by AZlink


九井諒子「ひきだしにテラリウム」もそれに連なる名作だと思う。
キャラの書き分け、画力や構成は圧倒的に熟れてるし本当に上手い。
どの絵柄も安定して上手いのには本当に感心した。

ニヒリズムに展開する話もあるし、そのまま終わらせればブラックだったりするが、そこで終わらせずにあえて希望は残して終わらせるのも特徴かも知れない。
視点を変えてみる、表現を変えてみる。
かつて高野文子は「田辺のつる」で、老人を童女として描く事でその視覚と精神性のズレを描いてみせた。
九井諒子は、そういう「視点をずらしてみせる」上手さも備わっているし、作中作外を飛び越えるメタな視点も持っている。女性作家の柔らかさ、細やかさ、優しさも見える。


まとめ

ショートショート好きは必読。
漫画読みなら是非読んで欲しい。
面白い作品を探してるなら読んで欲しい。
ウチのアフィリエイトで注文しても届くのを待つ時間が勿体無いから、これを読み終わったらとりあえず本屋に行って買って来て欲しい。
損はしないと思う(しても知らないけど、それはあなたのセンスがおかしい)。
文字を大きくするくらいオススメっす。

もしくはKindle本になってる「竜のかわいい七つの子」でも良い。
こちらはショートショートより各話が長い短編集。
こちらも面白い。

九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス(ハルタ))九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス(ハルタ))
九井 諒子

エンターブレイン

Amazonで詳しく見る by AZlink

竜の学校は山の上 九井諒子作品集竜の学校は山の上 九井諒子作品集
九井 諒子

イースト・プレス

Amazonで詳しく見る by AZlink


おまけ

ブックファーストで買ったらこんなの付いて来た。
f:id:paradisecircus69:20130315235811j:plain