SFとミステリの融合は難しいらしいので、SFとミステリが融合した有名作品を並べてみる

・SFとミステリの融合、何故難しいか?どうすれば可能か?
http://togetter.com/li/472131


もうさんざ突っ込まれてるし今さら何を言うでも無い。
思いついたものを並べてみる。

新装版 瞬間移動死体 (講談社文庫)新装版 瞬間移動死体 (講談社文庫)
西澤保彦

講談社
売り上げランキング : 20621

Amazonで詳しく見る by AZlink

瞬間移動能力を持った主人公が妻を殺害するために完全犯罪を企む話。


人格転移の殺人 (講談社文庫)人格転移の殺人 (講談社文庫)
西澤保彦

講談社
売り上げランキング : 10962

Amazonで詳しく見る by AZlink

閉鎖空間の中、人格転移装置によって人格が入れ違ってしまった状況下で殺人が行われ、果たして誰が犯人だったかというハウダニット。


SFミステリ傑作選 (1980年) (講談社文庫)SFミステリ傑作選 (1980年) (講談社文庫)
風見 潤

講談社
売り上げランキング : 235678

Amazonで詳しく見る by AZlink

1.『ミラー・イメージ』アイザック・アシモフ
2.『消えたダ・ヴィンチ』J・G・バラード
3.『明日より永遠に』キース・ローマー
4.『ピンクの芋虫』アンソニイ・バウチャー
5.『ウルフラム・ハンター』エドワード・D・ホック
6.『重力の問題』ランドル・ギャレット


不確定世界の探偵物語 (創元SF文庫)不確定世界の探偵物語 (創元SF文庫)
鏡 明

東京創元社
売り上げランキング : 4459

Amazonで詳しく見る by AZlink

タイムマシンによる過去への干渉で世界が変わり続ける世界での探偵物語。


多分、ミステリとSFの融合が難しいパラレルワールドを舞台にしたTogetterに違いない。