ブログは同意されることに意味がある

・ブログは論破されることに意味がある/長椅子と本棚
http://d.hatena.ne.jp/dergeist/20130320/1363797417


※以下はフィクションであり、このブログ管理人とは一切関連が無い事を先に述べておく

本歌取り


ブログは同意されることに意味がある。

今日はわたしがブログを書く理由について書きます。
それは、同意されるためです。
言い換えると、わたしの中で溢れそうな知識を皆さんと分かち合うためです。
 

このブログの記事は、見て頂ければわかるのですが、
おそらくはいかにも教養に満ちた教師のような雰囲気に仕上がっています。
でもこれは、別に
「知識溢れるオレがお前らに教えてやろう」
と思ってやっていることではありません。


そうではなくて、わたしがその時点で正しいと思う考えや知識を綴ることが、
ブログの書き手の責任だと考えているからです。


特にpvが伸びたエントリーでは、コメントで多くの温かいお言葉をいただいています。
そうした優しいコメントの多くは私の記事の正しさを支持してくれます。

この3ヶ月書いてきたことは、常に正しかったという確信を持てる程です。
とても嬉しくいつも喜んで拝見しております。
これこそブログを書く意味です。


ブログに書かなければ、私は自分のありあまる知識をみなさんと共有する感覚を知ることがなかった筈です。


またこちらが既に知っていた知識をドヤ顔でコメントしたりする勘違いは
ハエを手で払うがごとくつらつらと反論を書き、
無敗の世界チャンピオンのごとく圧倒的に力でねじ伏せ、
己の正しさを証明する行為に多少の不毛さは感じつつ、必要悪と考えております。

誰かに教えられ、自分の間違いを知り得るものは何もありません。


でも、同意され、共有されたとき、世界は際限なく広がります。
これは何者にも代えがたい。
わたしはそう思います。


本歌取り
本歌取(ほんかどり)とは、歌学における和歌の作成技法の1つで、有名な古歌(本歌)の1句もしくは2句を自作に取り入れて作歌を行う方法。主に本歌を背景として用いることで奥行きを与えて表現効果の重層化を図る際に用いた

wiki


フィクション終了位置==
面白い記事だったので反対に書くとどうなるか?と言う実験でございます。
他意はございません。


ブログのレゾンデートル


ブログを書く理由ってなんだろうな。
最近の方が判らなくなってきたw

自分の書きたい事を書きたい時に書きたいように書く。
だから未だにテーマは一貫してないし、エントリーによるpv差は当然激しい。
最近は長文ばかりだし。
アプリ関連エントリーも書くけど...全然読まれないしねw
求められてないんだろう。
書きながら上手くないってのも判る。
エゴサしないから、拡散されてる事に気づかない事もあったりw

でも
論破されるためにある、
自分の可能性が広がる、
自分の正しくない部分が正しく訂正される、

そんな感覚は無いな。

もう精神が若くないからかも知れない。

論破、というか絶対的に正しいと思うものは無いと思ってるから間違ってるって言う指摘があったとしてもそれもまた別の面があるだろう?と考えてしまう。

現実に存在する事物についての知識であれば間違いの指摘は基準があるから間違いを正されることもあるだろうけど。例えば~論とか概念的な話とか思想とか。
そういったことは主語を置き換えればどれにでもあてはまって、立ち位置によって見える風景も違うだろうから。

論破、ってのは自分が何かに基づいて論理構築をしてる訳でしょう?
で、その論理が破られて論破されたって事になる。
でもその破った論理が絶対的に正しいってどうして言えるのかな。
論理構築が甘い論理が論破されるのは単純にその論理構築の精密さによるだけじゃないかなーと愚考する次第だけれども。

だったら平和的に同意・納得してもらって、拡散されて承認欲求満たしてる方が健康的な気がする。
自分がA、誰かがBというなら別の解Cを探すのも良いと思うけれど。


このブログ開設、明日で100日だそうです。
一応続いてきたなぁ...更新止まらなきゃ良いけど。


必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意
コグレマサト,するぷ

インプレスジャパン
売り上げランキング : 3237

Amazonで詳しく見る by AZlink

いいね! がもらえる SNSでバズるテクいいね! がもらえる SNSでバズるテク
ヨシナガ,坂口 綾優

インプレスジャパン
売り上げランキング : 287887

Amazonで詳しく見る by AZlink