リア充と非リアのインターネット二分の計

同時多発的に「ブログ語り」記事が上がると面白いっすね。
・ブロガーなめんな! ブログを「応援してくれる友達」なんておるわけないやろ!/世界はあなたのもの
http://d.hatena.ne.jp/the-world-is-yours/20130319/p1

実際、応援してくれる友達がいて、自分の記事の更新情報を送ったら好意的にブックマークをしてくれるのはフツーにあり得ることだと思っていたので、こんなことみんなやってるんだろうと思っていました。

この「オレってリア充ですけど何か?」っていう余裕ぶっこいた無自覚発言。
リア充って色々充実してるから自己認識しなくてすむらしい。
リア充だったらリアルだけにしとけ、と。
非リアが棲むインターネットは、リア充が入れないモラトリアムなんだよ、と。
過剰な自意識と自己承認欲求が主成分のエゴで出来上がった壷中の天なンゴwwwww。

だから健全なものは逆に胡散臭く見える。
ライフハックとか自己啓発とか。
「人生を充実して生きようぜ!効率的に時間を使おう!」
ブログなんて非効率の最たるもん。
さんざ時間かけても読まれもせず、アフィリエイトで収入があったかと思えば数十円。

提案なんだが、インターネットって「リア充用浅層階」と「非リア用深層階」に別けた方が良いんじゃないだろうか。
魏呉蜀よりよほどシンプル。


歴史のお話


元々非リアには逃げ込むモラトリアムはなかった。ヲタと言う言葉すらなかった。
ヲタと非リアはニアイコールだが不可分だろう。
ネクラとか言われて、クスクス笑われて、後ろの席から授業中にゴミを投げられたり。
「二人一組になって」って言われると必ず自分だけ余ったり。
だからアニメや漫画なんかに逃げ込んで、孤独を保ってた。
自分の中のモラトリアム。

そこに聖地アキバやコミケ2chが登場する。
ヲタの連携が始まる。
それまではアニメージュの読者投稿ページなんかでしか繋がってなかったヲタ同士が繋がり始め、密集をし始めた。
リアル世界に収まり切らない非リアのエゴはインターネットで花開いた訳ですよ。
で、有象無象だったネットはいつの間にやら「ネット文化」パラダイムを形成し始める。
主導は2ch
だからインターネット=ギーク、ヲタって認識が最初あった。
ところがmixiが「リア充でも関係無しに住める壁に囲まれた安心な場所」を提供する。
それまでのブログは個人で立てた砦みたいなもんですからね。
アドレスを2chに張られたら速攻炎上。コメントが5分で100くらい付く*1
自分もブログ止めて招待制(元カレにストーカーされてブログ荒らされてる人の紹介で)のmixiに飛び込みましたから。

ところがmixiは招待制を止め、リア充でもインターネットを闊歩し始めた。
非リアとリア充が混在するウェブの世界。
今やリア充御用達のFacebookでリアル世界とウェブは連携し、ノマドは大手を振って歩き、ライフハッカーは素晴らしい人生の送り方と情報効率化を念仏のように唱えまくってる。
非リアはブコメで炎上させニヤつき、Twitterでは殺害予告を書き込みファボを求めてる。
なんてステキな世界。


it's a wonderful world


少なくとも「ンゴwwwww」に代表されるようなリア充には、友だちや信者や、そう言った一定の「支援者」ってのがいるんだろう。
Facebookで繋がって、Twitterでも繋がって、現実でも繋がって3Pお持ち帰りしてパコパコしてるような「支援者」が何人も居るんだろう。
だからそのリア充の武器である「繋がり」をこのインターネットに持ち込んで
「応援してくれる友達がいて、自分の記事の更新情報を送ったら好意的にブックマークをしてくれるのはフツーにあり得る」
とか言っちゃう。
でもその理屈は現実のリア充の中の理屈であって、インターネットやはてなのパラダイムじゃない。

・ブログを書けば誰かが読んでくれるのでは?というリリカルな感情と失った感情。/伝外超スデメキルヤ団劇
http://d.hatena.ne.jp/yarukimedesu/20130322/1363914566

昨今のSNSとの連携を考えると、フェイスブックやミクシィ、ツイッターと連携して、その中のフォロワー数が多ければ、単純に数の問題でアクセスには繋がると思います

SNSでのフォロワー数って
「フォロワー数たったの100か?!ゴミめ」
なあずまんの発言を思い出すけど、ライフハッカー様の憧れのクラスチェンジ最上級インフルエンサーとか言ってるようなアカウントはリア充である事が多いですよね。最近は逆もあるけど、現実世界で頑張ってるから比例してインターネットでも評価される。
現実世界で有名だし、すごく大事な事をもっともらしく言うからフォローしなきゃ。
あの人有名だからフォローしとこう。
おススメになってるしフォローしよう。
元々現実が嫌だから逃げ込む先だったインターネットも結局現実に浸食されて現実が満ち足りてればインターネットも満ち足りてしまう。
比例しちゃう。
非リアは釣りとかパクツイして何とかファボやフォローを増やして自己承認欲求を満足させようとする。
だって現実は


妬み嫉み僻み


だからね、書きながら複雑なんですよ。
同じネタでも、例えば露骨に個人サイトよりもWordpressで作ってるキレイキレイに作ってる方が評価される。
中身は変わらない。
もしかしたら露骨な個人サイトの方がいい事書いてたりする。
でも評価されない。
ちゃんと書き込んで一日で50pvなんて。
鬱になっちまうよ。そりゃあ更新も止める。
だからオレはセルクマしてんだよ。
誰もブクマ付けないんだからしゃーねぇやん。
付けられまくったのは例のソーシャルグッドなライフハックをこき下ろした記事だけ。


どっかの
「15分で記事書いて月収51万ですけど何か?」
みたいなクソやろうが幅を利かせる。
「ブログで食ってます。充分食えるんですよ」
ざけんな、と。
誰だよ、あんなにの金落としてるヤツは?
あんな本からの切り抜きのスクラップみたいなの読んでるヤツは?

結局、インターネットも見た目かと。
結局、インターネットも現実と同じかと。
見た目や自己表現が下手だったり、社会と上手くやれないからここでこうやってるのに。
現実で満ち足りて、インターネットでも満ち足りるのか、と。
妬み嫉みってのは判るけど、そう感じてしまうのは自然だと思う。
綺麗なインターネット無くならないかなぁ。


だから分けなきゃ。
棲み分けですよ。
二分しようよ。
真水と毒水を混ぜるんじゃないよ。
毒が薄まるし、毒水にしか住めない住民は死んでしまう。


だからお願いだからさ、自分でリア充と思ったらPCをたたき壊して下さい。
リア充はウイルス感染してPCぶち壊れて下さい。
PC買い替える度に。
とりあえず爆発しろっ!!!!!!

*1:実体験