mixiが流行った理由を安易に決め打ちしてみる

mixi没落の原因はページ構成も大きいと思う/増田
にあるコメント

mixiが終わった原因はまだわかるのだが、俺はそもそもmixiが流行った原因がわからなくて何故だろうとよく考えてる。
類似サービスの中からmixiが勝ち抜いた理由は、何だったんだろう。

「類似サービスの中から」とあるがまず立ち上げ当時は、個人ブログと2chが隆盛でSNSはそれほどの勢いも無かった。

・当時GREEもあったし、今やGREEも繁栄してるので結果的に見れば「mixiひとり勝ち」って訳でも無い。栄枯盛衰

・“紹介制”という謳い文句が「選ばれた」選民感を与えた(サロン感覚)

・例えコテハンであれ「特定されうる誰か」とのネットワークは匿名ばかりの他のウェブの中で特異な空間になりえた

“あしあと”により安心感を生んだ(廃止したのは大誤算だったね)


とりあえずこんなとこ。
イメージとしては西部劇に出てくる砦みたいな。
匿名で罵り合う巨大掲示板を見て心をすり減らすより、実際の友だちやコテハン
「信頼のおける」
相手と繋がる方が落ち着ける。
それに出会い厨も多かったし。
やはりそういう出会い要素があるモノは強い*1って歴史が証明してる*2

そしてあしあとと招待制を止めた時点でmixiは瓦解した。
あとは増田主の言う通り。
FacebookTwitterが台頭、mixi迷走なう。

2005年の記事
SNS,誰にどんなきっかけで招待された?/slashdot
面白い。

*1:そしてそれが問題になり公に下火にする事で同時にSNS自体も下火になっていく

*2:VHSvsベータ然り