「ブロガーの過半数がすでに退会・更新停止、Twitter・Facebook台頭の影で」を読んで継続について考える

ブロガーの過半数がすでに退会・更新停止、TwitterFacebook台頭の影で/bizmash!
http://bizmash.jp/articles/42383.html

しかし1日の平均アクセス数は「50アクセス未満」が78%という。
更新を続ける目的は「日記、備忘録」が68.1%で最多。
「収入を得るため」(11.9%)、「数多くの人に影響を与えたい」(5.7%)といった回答は比較的少なかった。
(中略)
なお、すでにブログを更新停止したり閉鎖したりした元ブロガーに対し、その理由を聞くと「更新が面倒になったから」が53%で最も多く、以下は「他のことに忙しくなったから」が31.8%、「飽きたから」が27.7%、「記事を書くネタがなくなったから」が27.2%、「他のSNSを利用するようになったから」が20.8%と続いた

このブログって始めてようやく104日だそうだ。
三か月くらい。



モチベーションの維持は難しい。
「書きたい事を書く。全然読まれなくても良い」
って言っても、鍵も無しなら読まれる事は想定する。
とはいえ
「これ読まれたらどうしよう」
って書きながら思って、現実のpvがデイリー3人だったらモニターに正拳突きしてしまいそうになる。
読まれても読まれなくてもどっちでもいい
そう思って始めても毎日「読まれる」ようになれば「書く→読まれる事」が当たり前になる。
そうすると今度は数になってくる。
読まれなくても良い→読まれたい→いっぱい読まれたい
欲は際限なく深い。


例えば読まれてもコメントが付かない、リアクションが判らない。
そーいうこともある。
それでも書いてただ誰かがアクセスしてそれを「読んだ」「知った」
その事実がモチベーションに繋がる。
もし拡散されたら「自分の書いてる事を広めようとしてくれてる」
そういった事実がモチベーションに繋がる事もあるだろう。
※実際はシニカルな意味であったとしても知らなければ同じこと

ところが何か事件があると途端にモチベーションが下がったりする。
例えば2chにアドレス貼られるとかね。
で、あっさり炎上する。
平常に戻っても今度はそういう目も意識し始める。
今ならブコメでも良いかも知れない。
Facebookでいいね!で炎上って話は聞かないけれど。
実名って軛があるからか。


昨日読んだ人が今日来ないってのもモチベーションの低下につながる。
右肩下がりでpvが落ち込んでいく。
拡散もされない。
つまり
昨日アクセスして記事を見たけど「このブログって読まなくていいや」って思われた
それを受けて
「じゃあアクセスした人に明日も見たいと思われるように頑張ろう!」
ってポジティブシンキングな人は頑張れる。
でも
「書いても読まれない、読まれても再度来ない」
って状況は気分をどんどんネガティブにさせる。


例えば何かの記事がたまたまpv多かったとする。
記事へのブコメが三桁、いいね!が二桁、Twitterでの拡散も三桁としよう。
大体デイリーでpvは万単位。
しかしそういうのは下がるのも早い。
数日で終わる。
内容にもよるが例えば雑文系ならそれは維持できないだろう。
もしアプリの紹介とかならある程度は確保できるかも知れない。
しかしその偶奇の導きはそんなにあるわけじゃない。
そうなると後は下がる一方。
たまたまのアタリだから衆目の集め方が判らない。
下がっていくpv。
アクセスも無いのにどうしてブログなんて書いてるんだろう、ネガティブなスパイラル。


ネタの枯渇ってのもあるだろう。
例えば今ならiPhoneやスマホアプリ、IT情報のネタは毎日のようにある。
なければ日陰者のアプリでも探せばいくつでもある。
あるいは
「初心者の為のiPhone使いこなしテクニック」
「知ればiPhoneが便利になる10の裏技公開します」
iPhone歴5年のボクが使ってるアプリベスト30」

なんてのでも良いかも知れない。
ブログを書く理由やブログとは何か、ブログの更新についてなど語っても記事になる(そう、この記事みたいに)
日常について書いてるブログはしんどいといえばしんどい。
今やTwitterとかfacebookがあるし、自分の日常がブログに書くほどのモノならまだしも一行二行や写真で済むなら他のソーシャルで記録すれば充分代用になる。


・なんでブログ書いてるの?私がブログを書く3つの理由/結城のブログ
http://www.yukiblog.com/blog/74/
1、備忘録というか自分の人生を数年後に振り返られるように
2、関心がある分野へのアンテナが広がる
3、記事に対して共感されたら嬉しい

こういう判り易い人は続けやすい。
逆に考え込んでしまうタイプはなかなか難しいように思う。

「自分の人生を数年後に振り返られるように」
なんて考えたことも無い。
死んだ後にこれがどこかのサーバーに残り続けるより削除を選ぶ
(遺書にパスワードとユーザー名書いとくか)

「関心がある分野へのアンテナが広がる」
ブログでアンテナが広がったことも無い。
知ってる事をそのまま書くからか。

「記事に対して共感されたら嬉しい」
ここくらいか、共感できるのは。
とはいえやはり続けるなら明確な「何か」が必用なんだろう。


それは誰かにとっては交流だったり、
それは誰かにとってはSEOだったり、
それは誰かにとっては日々の記録だったり、
それが習慣になって、ブログに自分が価値を見出せばそれが継続するんだと思うけれど。
その価値は脆い。


毎日継続することが目標、それは素晴らしい頑張ってください。
しかしそれって目的と手段がこんがらがってますよ。


ウチはどうしようかなぁ...。
一日50pvって事はないけれど。
SNSはてなブックマークの拡散によるアクセスというブログの病。/伝外超スデメキルヤ団劇
http://d.hatena.ne.jp/yarukimedesu/20130326/1364262466

ところで引用したエントリのタイトルは『大烏(愚痴ともいう)』ですが、なんというか、内容とタイトルを概観した時に、記事を公開した後のSEO的なアクセスを全然意識してないなー…というのが正直な感想です。

これは、これまでのブログ経験、アクセスの勘定をSNS基準でされていたからなのかな?と。私は、SEOでのアクセスを意識してブログをやってきたので、SEOの方の病気になっているかも知れませんが…。


SEOにきちんと取り組んでみるのもアリかなぁ。
別途にいかにもな感じでSEO指南と称してSEOの勉強かねて作るとか...。


まとめ


ブログの継続には、
・あまり深く考えず書きたいように書いていく
SEOとか現実に利益を発生させ書く事に意味を持たせる
・批判コメントとか炎上とか気にしない
・毎日更新!とか気負わずマイペースが一番

こんなもんですかね。
人によって違うと思いますが。