ファイナルファンタジーVに感じたスマホとストーリーの相性

f:id:paradisecircus69:20130329143333j:plain
なんだかんだファイナルファンタジーV買いました。
操作はヴァーチャルパッドでセリフの送りなんかも画面のどこかをタップすれば良い。


画面の右上に時計が表示してあって*1、プレイ時間を気にしながら使えたりとスマホに特化して作ってあって完成度はかなり高い。戦闘もオートが選べるし。
ただキャラが小さいのでダンジョンの細い道を辿る時、途中で引っかかってフラストレーション抱える部分もありますけど、この辺りは慣れなのかなぁ、と。



このFFVってまずタイクーン王が竜に乗って旅立つ場面が始まるんです。
徐々に画面が明るくなって画面が下にパンしていくと竜がいて、啼いて。
旅立とうとするタイクーン王にレナが声をかける...。
このキャラの1、2分の小芝居をプレーヤーはスマホ持ったまま見てる。
f:id:paradisecircus69:20130330183453j:plain
そこで感じたのが「(小芝居)長いなー」って感覚なんですよ。


マルチタスクとシングルタスク


テレビって観ながら何かしたりするじゃないですか。
飯食ったり、本読んだり、靴下はいたり。
ぼーーーーっとテレビの画面を観てるだけって事はあまり無くて、他に何かする。
音を聞いてれば前後の流れで途中画面から目を離しても理解できる。
パソコンでもYoutube見ながらブラウジングは続けてたり。
今もテレビ観ながら記事書いてる。
共有した事ないんでオレだけの感覚なのか、コモンセンスなのかは判りませんけどね。
基本、マルチタスクで観てるのが定番。

ところがFF始めると、いきなり操作不可のキャラの小芝居が始まる。
小さいキャラが動いてちょこちょこ、セリフが表示されて...。
勿論、ストーリー的には必要なんですよ。
でもスキップボタンを探してしまう。
f:id:paradisecircus69:20130329144849j:plain
PSとかでやってれば多分、ポテチでもつまむかメールでも打つんですけどね。
例えば電車の中とか、スマホしか無い状況。
ゲームやりながら本を読むのはさすがに難しいし。
なので観てる。でも長い。
長いって5分とかそんなんじゃないですよ。
でも普段マルチタスクなせいで1分でも待つって感覚に違和感がある。

アプリとか、ブラウザとかで表示されるまで30秒待たされたら遅いなーって感覚あると思うんですよ。
無意識にiPhoneには、タイトなレスポンスを想定してる。
反応無かったら何度もタップするし、入力してすぐにリアクションが欲しい感覚がある。
だからカジュアルゲームが流行るし、逆にストーリーのあるゲームは最後までやらないことが多い。


時間の対価


よくある課金で行動に対価を払わないといけない設定のやつがある。
「行動ポイントが足りません。ストアで購入すれば遊ぶことが出来ます」

30分とか1時間とか待てば行動ポイントは溜まる、でも待てない気持ちに訴えて購入させる。
あの感覚ってスマホっぽい。
スマホって使いたい時に使いたいモノなんだと思う。
今やりたい、中断したくない。
折角いいところなのに。
その気持ちに対して、プレイ時間に対して金を払う。

カジュアルゲームは、いつでも中断出来て、途中から始められて。
どこでも好きな時に。
でも小芝居は
「何もせずに観てなきゃ進まない」
移動→戦闘→移動→小芝居→移動→小芝居....。
だ、ダリ━━━━━━━━(´Д`)ヾ━━━━━━━━ィ
最後まで出来るかなぁ....。

*1:ゲームが全画面なので時計を確認しようとすると一度ゲームから抜けなきゃいけない