ブログ書いてて最近思う事

まぁ、別に反論でも何でもないです。
ただ思ったこと。


色々ここに書くじゃないですか?
自論とか、見解とか、感想とか。
で、そう言う事の半分も理解されず
「そうじゃないんだ!!!」
「これが正しい!!」
「お前は間違ってる!!」
「ここのこの部分のこれは違うじゃないか!!」
「反論したければしろ!!」

って返って来る。
最近幾つかある。
そう言うの。

例えば、
そもそもの物語の構造の話をしてるのにディテールのレベルで返って来たり、
疑問に対して私説を書いたら批判だと言われ、
パラダイムレベルの話をしてるのに歴史が返って来たり。
ロジックの話をしてるのに主観と感情論で返って来たり。
記事構造がおかしいから言ってるのに反論になってもいない状態で突っ込んで来たり。
ダブスタでも気づいてなかったり。
(ソーシャルグッドはひどかったっけ*1

そんなの反論もなんも出来ません。
反論とか批判とかってまず最初に論説が整っているところへ別の論説があって初めて成立するんだもの。
そもそもの論説が成り立ってないのに、反してこっちに論説なんて立てられない。
グローブはめてるんだけど、素手でガードもガラガラで、それでも打ってこいとか誘われてもね。
あのね、ブログって反論とかそー言うのに向いてない。
大きな論旨があって、それのやり取りならできるけど。
結局、最後は揚げ足取りになるでしょう?

攻撃受けたってなると、まず相手を叩こうとするのか...。
「自分の記事がそう言う風に読まれた」
って意味も考えないんだなぁ。
どう書けばそう言う意図したように読まれるか、まずそれがありきじゃないか、と。
言いたい事、主張したい事、読ませたい事が必ずしも書かれている事と一致しているとは限らないんだけどなぁ。

別に文句付けようと思って記事をあさってる訳じゃないですからねw
「この記事がとても面白かった」
とかもよく書くんだけどそー言う記事主はリアクションくれないんだよな。
面白い記事は褒めてるし、
面白い漫画は面白く読んでる。
「難しく考えながら読んでて面白い?」
ってコメントには面白いですよと答えときます。

基本、漫画とか読みながら特に何も考えませんからね。
面白い漫画とか作品は読者にその考える余裕を与えない。
どっぷり引き込んで満喫させる。
だから魅力的なんでしょう。
思い返したり考えたりって後ででしょう?

ウチで面白いって書く記事って全然読まれない。
それが一番困りもの。


書き手と読み手であれば伝わらないのは、書き手の責任だと思ってる。
それはどこに関しても誰に関しても。
だからウチで書いてる記事が誤読されるのはやっぱ文章力なんだろうなぁと考えてる。
やっぱ文章下手なんかな?
伝わらない?
それは困った。
ごめんなさいね、色々と。
ちょっと記事ペース落として一つのレベルを上げるしか無いか。

誤読されたパワーインフレーションの記事も推敲しなきゃダメっすかね。
結構やった筈なんですけどねぇ...。
あれは上手く読まれた方だと思うんですがね。

*1:だから徹底したんだが