テレビの画質神話、そしてテレビに求められている事

最近よく聞く4K。

・ソニー、液晶TV10機種発表-「4K」品ぞろえ拡充/朝日新聞DIGITAL
http://www.asahi.com/tech_science/nikkanko/NKK201304120017.html

4KってフルHDの解像度(1920x1080)の4倍3840×2160の解像度だから「4K」
今までHD画質を観て「超キレ―」「毛穴まで見えるなー」って言ってたもののその四倍画素が細かいのだそうだ。
実際、肉眼で観てる分にはフルHDでも画素は充分だと思いますけどね。
ちなみにスーパーハイビジョンって言う規格もあって、それは1920x1080の8倍だそう。
8Kだから7680×4320画素。
いらねー(笑)



放送波が地デジになって、アナログ→デジタルチューナー乗っけた液晶とかプラズマTVになった。
半ば強制的に。



んー、iPadが成功したのってRetinaが要因じゃないと思うんですよね。
じゃあiPadがRetinaじゃなかったら売れてなかったか?って言うと疑問。
iPad miniだって非Retinaだけど売れてる。
RetinaはあくまでもiPadの複数ある魅力のうちの一つでしかない。
そりゃあ引き合いに出してもおかしい。

さて4Kが果たして惹句足りえるか、売りになるかどうかってとこですよね。


地デジになるにあたって、テレビってブラウン管から液晶に変わった。
プラズマが負けたのは色々と要因があるけど結局高くて大きかったからでしょう。
PioneerのKUROも海外市場を意識してたけど(ロシア市場とか)結局しくじった。
個人的にKUROはかなり触ってたけど、他社製のモニターと比べて圧倒的に綺麗だった。
お値段もそれなりだったし(笑)

でも結局、液晶が売れたんですよね。
売れ筋って中級クラスの30インチ前後の液晶でしょ?
だってプラズマデカいんだもの。
地デジになるからって部屋がデカくなる訳じゃ無し、視野角考えても大きなテレビはいらない。
そこそこの大きさで良いんですから。
だってお笑い芸人の顔とかどアップで観てどーすんのって(笑)
それに夏場は熱いし、電気も食うし。
値段、大きさ、エコ>画質

TOSHIBA REGZA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 32V型 32S5TOSHIBA REGZA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 32V型 32S5


東芝
売り上げランキング : 490

Amazonで詳しく見る


4Kで観るべきコンテンツってなんだろうか。
テレビで普段観るのってバラエティとかスポーツだとかニュースだとか、アニメだとか。
DVDで録画したやつを見返したら確かにBluとかの方が圧倒的に綺麗ですよ。
勿論、でもDVDがダメか?って言えば特にそんなでも無い。
観て消すだけのコンテンツなんて特になんだって構わない。
画質次第で中身が変わる訳じゃないんだから。
でも1920x1080の4倍の画質でそれを観る為に地デジ化で買い替えたテレビを、更に画質をよくするために改めて買い替える需要がそんなに発生するのかなー。3Dが結局ダメだったのも3D自体の魅力不足もあるけど、必要性の無さが大きいですよね。
技術って希望じゃなくって必要から革新される。
「これって不便だな」「何とかならないか」だから革新が起こる。
「これって便利ですよ」っていう売り込みは「これで充分」って気持ちには勝てない。

4K対応は「X9200A」シリーズで6月1日に発売する。オープンだが、店頭価格は65型が75万円前後、55型が50万円前後。ハイビジョン放送などを4K画質に変換する解像エンジンや、色の再現性を高める新機能を搭載し画質を高めた。また磁性流体スピーカーをテレビ業界として初採用し音質を向上させた。

で、また投げ売り価格に突入する。
損益を少しでも回収するために。
そもそも「家庭の中心テレビ」っていう概念から変えなきゃいけない時期に来てるのに。
だからスマートテレビ構想云々を謳ってるんでしょう?
お部屋ジャンプリンクだの、ネットに繋げてHULUとかYoutubeが観れたり。
従来のテレビコンテンツではない情報性とかインタラクティブとかSNS連携とか。
PC寄りのメディアサーバーとしてのテレビにどれだけニーズがあるかは判りませんけど。
4K技術は、あくまでも製品の付加価値として謳うべきであって目玉では無いと思う。


全録が当たり前になってガラポン3号機とかスリングボックスとか。

ガラポンTV参号機ガラポンTV参号機


ガラポン
売り上げランキング : 530801

Amazonで詳しく見る

かつてソニーが提唱してたロケーションフリーがようやく本格化を始めてる。
SPIDERも年内に出ればテレビの見方が変わって色々と面白くなる。
作り手もロケフリとか全録の普及次第では旧来型の番組作りから変更しなきゃならないだろうし。
今求められてるのって画質へのベクトルじゃなくて、テレビというメディアの既存構造そのものへの変革だと思う。


ま、アベノミクスで右肩上がりの日経平均とか見てるとある程度は売れるかも知れませんけどね。
だからって「4K技術の美しさがあったからこそ売れたのだ」ってのは違う。

佐々木敏尚ツイートに大鑑巨砲主義って言葉出てる...気づかずタイトル付けてしまった。変えようか、どうしようか....→変更済