たかが挨拶ぐらい、出来てもいいんじゃない?

「たかが挨拶くらいしなくてもいいだろ」
みたいな横柄な態度って、鬱陶しく感じます。
なぜ嫌なのかを以下に考察してみました。
※以下、主観がおかしくなる箇所がありますが、何かしらの下手くそな文章の影響なのは多分気のせいです



挨拶が苦手なんだから強制するな、という上から目線


まず思い付くのは、そういう事を言う人は
「挨拶しなくてもいいだろ」
という自分の絶対的な価値基準を、押しつけようとする点。
挨拶は
「絶対にしなくてはならない」
ものではないですが、出来る方が当然仕事はできますし、生きていけます。


「仕事をする上で挨拶はしなくても大丈夫」
という意味合いで語るとき、ぼくは嫌気を覚えます。
挨拶する際には必ずその相手が存在します。
こういう事を言う人は自分の事しか考えず、そういう
「挨拶をする相手」
の事を一切考えません。
もし他の会社の人だったら?
取引先の相手だったら?
クライアントだったら?


評価条件は、組織や状況によって変わるので、必ず悪い行為だと断定はできませんが、
「仕事をする上で挨拶は必須じゃない。挨拶ができないやつはダメなんて言わせない」
と考えている偏狭で自己主張と正当化欲求が強い人とは一緒に仕事をしたくありません。

この人には挨拶しなきゃいけない、でもこの人には必要ない。
挨拶なんてどうでも良いと主張する人が、仕事で挨拶を意識するならそこは使い分けるんでしょう。
狡猾さと気持ちわるさを感じます。


挨拶は誰のものか?


「挨拶なんていらない」
という言葉には「礼儀なんて適当でいい」という含みがあるわけですね。
「(オレに対して)礼儀を説教するんじゃねぇ」
という意識が透けて見えているというのです。
(相手に対して)お前の礼儀なんてしらねーよ、という意識が透けて見える


一層気持ちがいいのは、
「オレはプロで毎日作品を生み食ってんだから挨拶なんていらねーんだ」
などと、包み隠さず伝えてくれる事です。
あくまで個人間のコミュニケーションの問題、ということですね。


それを社会を変に知ったような口ぶりで
「世の中では挨拶なんていらない。おまえらも挨拶に気を配らなくていい」
大きな主語で善人ぶって論説をぶつのは、どうにも失笑してしまいます。


さらにいえば、そういう事を言う人は内心で
「あぁ、オレって切れ者で革新性のある事を主張するクールなプロだ」
と思っているでしょう。
固有の価値観を押しつけて自己満足に浸るという点でも、気持ちわるさを感じます。

...すみません、途中から話がそれてしまいました。
特定の誰かでは無く、あくまでも一般論的な挨拶の話でしたね。


挨拶には相手がいます。
相手の気持ちはどうでしょう?
自分は良いかも知れない。
でも相手はどうだろう?
特に仕事の現場では礼儀と言うのは大事になってきます。


親しき仲にも礼儀ありとはよくいいますが、
親しくない相手にも自分の主張を押し付け押し通し、
相手の事も考えずコミュニケーションすら満足に出来ないクセにプロを名乗る人間が、
それを正当化するべく論説を振り回してもかなり浅はかになってしまいますね。


海外では


こういう人は大体において「海外ではね~」と海外のパラダイムを持ち出したりします。
日本の常識なんて古くて時代遅れだと言うありがちな主張です。
さて挨拶に関してはどうなんでしょうか?
・「本当にいいの?・・・」日本では挨拶を無視してもOK 海外の反応
http://honyakusitem.blogspot.jp/2012/12/ok.html



※どこかで見たような文章かも知れませんが、多分気のせいだと思います

あらゆることが好転していくご挨拶の法則あらゆることが好転していくご挨拶の法則
林田 正光

あさ出版 2008-04-14
売り上げランキング : 77064

Amazonで詳しく見る
by G-Tools