個人ブログがSNSでバイラルを起こすことは必須なのか?

少し思うところがあるので書いてみる。
ウチのブログも四か月が経った。
ブログとSNSと拡散について。


・石の上にも三ヶ月 | 新規サイトを立ち上げ直後は頑張って更新してみよう/SEOのホワイトハットジャパン
http://whitehatseo.jp/3-months-on-top-of-the-stone/

ウェブサイトやブログを初めて立ち上げる方は、自分が思っていた以上にアクセスが少ないという、検索エンジンの洗礼を受けることとなる事が多いです。

影響力の高い著名な方などでしたら、新サイトを立ち上げた直後から高い露出を持っていますので、うまく軌道に乗せることも可能となりますが、1からスタートされる方にはそのような環境は当然、整っていないことが大半でしょう。


個人ブログの場合は必ずしも当てはまらない。
なぜかって言えば他サービスがある。
Facebookとか手段は色々。
ウチであればTwitter
Twitterには260人くらいのフォロワーさん方がいるので少なくとも「ブログを書いた」更新した連絡は250人に広まる。
だからアクセス一桁、なんてことは一度も無い。
それにハッシュタグと言うものがある。
最近はももクロ語りが多いんだがももクロのハッシュタグ
「#momoclo」「#momocloz」とハッシュタグをつけるとももクロファン...モノノフの方が追ってくれる。
すっかりモノノフさんの(相互)フォロワーが増えた。
ももクロ語りは楽しいので、ネタ切れもせず、毎日書く事があるのもすごい。
話題は尽きない。


Instagramの写真を張り付けるのでも良いかも知れない。
「空、きれい」
「カプチーノ、おいしい」
「わんちゃん、カワイイ☆」

坂○も僕○ヨ○ナガもくた○れ、ク○がっーー!!!
って叫びたくなりますね。
いつか小籔千豊に説教して欲しい。
まぁ、あんなのでもバズってるんだから。
実に世の中薄っぺらい人々で出来上がってる。

そういえばstXdXgiftのリニューアル再オープンってどうなったんですかね?
2013年春ですよね?
社長が人格破綻者だからデザイン料支払いで忙しいのかしら?
北方で蟹工船に乗ってこい。


まずは、コンテンツを増やして、様々な情報を公開すべきです。

ページが増えることにより、検索エンジンに拾われるキーワードの数も増えますし、関連記事同士を内部リンクで繋げれば、サイトテーマや関連性を検索エンジンが理解しやすくなりますし、ユーザー体験も向上するでしょう


当たり前だけど情報が多ければそのブログを読もうって気になる。
数か月に一度しか更新しないブログでは定期購読しようって気にならないが、中身が充実した記事が山ほどあるならRSS登録しとこうかって気にはなる(実際幾つかそういうブログを登録してる)
ARTIFACTが村長のブログって知って驚いたもんだよなぁ、懐かしいわ。
面白いのに、たまにしか更新しない。
(や、止めてください。石を投げないで下さい。反村長派の方々は増田でいじればいいでしょ?)


さて、話がそれたので。
今回の記事の骨子はこのSNSでの流入なんすよね。

・ソーシャルメディア上でバイラルを起こすことは必須なのか?/nkt.com
http://nakatahiroaki.com/viral-in-social-media/
こちらも個人向けの中身では無いので当てはまる部分だけを見る。
ソーシャルでの共有を介してpvを考えるあまり、ソーシャルの方にばかり偏った展開をしてしまうのは宜しくない云々。こちらの記事の場合、コンテンツの作りなどであまり押しつけがましい
「ソーシャルで共有してねテヘペロ」
は逆にユーザーの気を削ぐって言うお話。
確かに言えてる。

では共有してもらうにはどうすればいいか?

見た目を整える


これが多分かなり大事だと思う。
ブログを延々書いたり、ホッテントリを見たりして思うのは中身が書きこまれて練り込まれ、共有されるコンテンツは実際数かなり少ない。ほとんどがそれっぽかったり、何となく役立ちそうな感じがしたり。
あと個人がやっているんじゃなく大手風に見せるってのもある。
例えばとあるSEOのブログなんかは一見GIGAZINEとかみたいな雰囲気なのでライター抱えてる風なんだが書いてる記者を観てみると全部同じ人物だった、なんて事が実際あった。
ウチみたいに個人の概念と怨嗟を延々キーボードでウェブの片隅に刻み込んでる怨讐漂うブログは無理だが、
「お勧めアプリ50選」
とか
「これぞ定番!スマホ初心者が陥りやすいミスを回避するには?!」
みたいなブログを書きたいならまず見た目を大手っぽい雰囲気にするのはかなり有効的だろう。


タイトル・見出し・まとめ


読まれて無いと思った方が良い。
頑張って書いても、人間そんなに記事を読み込んでない。
リンクをクリックしてそれっぽかったら共有。
逆にきちんと検証して延々字で埋め尽くされてると共有するのも引ける。
まずそれっぽいタイトル、
それっぽい主題、
それっぽい見出し、
それっぽいまとめ。
まとめさえしっかりしてれば途中の論旨が破たんしててもまぁまぁ行ける。
そんなブログがホッテントリしてるのは連日の事。
「ただしイケメンに限る」
よく言う定型文だが、ブログにも言える。
見た目、それっぽさ、なんとなく。
それが大事。


話題性


ウチで言えばOZZ FESTにももクロ出演の是非はウケた。
ウケたと言うか賛否両論の事を書いたら賛否両論だった。
今はそのおつりでなんとかpvがあるようなもの。
話題性が有りかつ意見が分かれるもの、そういうものがpvを集める、らしい。
そして話題性が有るからこそ共有しようと言う気にもなる。


ウチの場合、特に最近のももクロ記事はTwitterでの拡散がはてブ数を圧倒したりする。
実際、ホッテントリは三日天下どころか一日で収束するがTwitterで拡散すると、中身にもよるが数日は続く。
恐るべしTwitterバイラル効果。
管理人がTwitterフォロワー1万人なんて見たら共有する気が一気に失せた事がある。

フォロワーが多い皆様方はブログ始めたら速攻でpv稼げますよ。
そこから更に拡散されたりブログに人が集まるかどうかは知りませんけど。


という事で久々に役に立ちそうな記事を書いた。
そこのあなた、SNSで是非共有しなさい(読んだんだから)。