ミステリのネタバレはありかなしか

ネタバレあります。
ネタバレ?
この前ネタバレが悪いのか?みたいな記事があってそん時に、
叙述トリックはタイトルを出されただけでダメ
云々のブコメを付けたんだけどミステリに関してのネタバレは控えるって言うのが常識になってると思う。
常識、コモンセンス。
そんなネタバレに関する単純な考察。短め。


・ラストにどんでん返しのある映画/ニュー速クオリティ
ttp://news4vip.livedoor.biz/archives/51940832.html

まずこういうスレが宜しくない。
「ラストにどんでん返しのある映画」
て事は観る前からラストにどんでん返しがあるのは判った上で観る。
こんなステ立てして楽せずに総当たりで全部観まくれ。


例えばAくんが犯人で疑われてる。
映画は進んでいくが
「どんでん返しがあるんだからAは犯人じゃない」
って推測はする。
そして案の定、真犯人はBだった。
その時にこの
「最後にどんでん返しがある」
と言うネタバレは、
「Aが犯人では無いだろう」
という推測の補強になって
「Bが真犯人だった」
というどんでん返しの驚きを奪う結果になる。
ミステリの本質は「驚愕」だし「裏切り」だろう。
スケートのジャンプとかスピンみたいなものか。
勿論途中の芸術点(ストーリー展開、描写)も大事だけど、大技が決まるととても驚かされる。


しかし、もしBが予想すらしなかったような意外過ぎる犯人だった場合、
はたしてネタバレしていたとしても面白さを削いだりするだろうか。
勿論、何のネタバレも無しで観ていたら
「え?!Bが犯人だったの?!嘘っ!」
って素直な驚きがある。
ネタバレでどんでん返しの存在を知っていた場合は、
「え?!Bが犯人だったの?!どんでん返しがあるとは知ってたけど」
その予想を超えた場合、必ずしも驚きを削ぐ結果にはならないこともある。

しかしネタバレが真犯人の名前まで解ってしまっていたとしたらどうだろう。
驚愕の事実!真犯人はAではなくBだった!!
「お、おぉ...(いや、知ってるけど)」
それでも面白いとすればそれは
「ここまでの伏線が上手いな。よく観ればBが犯人だって解るようになってる」
と事前に犯人が判る事で見方が変わるって言う事もある。
スケートで言えば大技じゃなくて途中の芸術点が高いって事か。
とはいえ途中のストーリーは普通で、トリックの驚愕がメインの作品なら興を削がれるのは言うまでもない。
通常であれば二順目の鑑賞方と同じ事。


文学だとか他ジャンルはよく判らないが、少なくともミステリに関してはネタバレは出来るだけしない方が良い。
人それぞれだし
「いや、オレはネタバレ気にしないけど?」
ってヤツがいたとしても、そいつが良くても他の誰かも良いとは限らない。
そいつがツイートなりブログなりで
「真犯人はBなんですよ!」
って書いてがっかりする人だって当然いる。
ただネタバレに基準線は無い。
そこまでがネタバレでどこまでがそうじゃないかの基準は人によって違う。
どの程度がネタバレになるかは判らないから、ネタバレを気にする人は出来るだけ情報を見ない。
それしかないと思うけどね。
「ネタバレって書いてないじゃないか!」
これをネタバレと思うかどうかは、あなたがそう思ってるだけで他の誰かもそう思ってるとは限らないんですよ?
叙述ミステリのタイトルを教えてくれって言う奇特な方もいらっしゃいますし。


叙述トリックって語り手や書き手、つまり地の文章にトリックが仕掛けられてる。
映画であれば映像とかその構造そのもの。
その作品のトリックが叙述トリックって知った時点で、書き手とか語り手とか映像を疑って観るから、途中で全部わかっちゃうんですよね...。
ん?知りたいですか?
叙述トリックの名作?
んじゃ下に並べときますよ。

ネタバレが嫌って人はこの辺りで引き揚げて、ツイッターかはてブで拡散お願いします。
お疲れ様でした。

























!!!!!DANGEROUS!!!!!



!!!!! WARNING !!!!!



!!!!!!ネタバレあり注意!!!!!!



POINT OF NO RETURN



こんだけやっとけば。
んじゃ並べときます。
好きなの読んだり観たりしてみてください。

サスペリアPART2 日本公開35周年記念究極版 Blu-rayサスペリアPART2 日本公開35周年記念究極版 Blu-ray
デヴィッド・ヘミングス,ダリア・ニコロディ,ガブリエレ・ラヴィア,マーシャ・メリル,クララ・カラマイ,ダリオ・アルジェント

TCエンタテインメント
売り上げランキング : 19471

Amazonで詳しく見る

でも、これは解らんと思うけど。
映像に仕込まれてるトリック。
犯人が映り込んでるんですよね、意図的に。


ユージュアル・サスペクツ [Blu-ray]ユージュアル・サスペクツ [Blu-ray]
スティーヴン・ボールドウィン,ガブリエル・バーン,チャズ・パルミンテリ,ケヴィン・ポラック,ピート・ポスルスウェイト,ブライアン・シンガー

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2013-07-12
売り上げランキング : 720

Amazonで詳しく見る

カイザーソゼ!!!!!
これは日本語吹き替え版で観るとすぐに解ってしまうという欠点が...。
スク○ームなんかは足元を観れば判るんだよな。


殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
孫子 武丸,笠井 潔

講談社
売り上げランキング : 2265

Amazonで詳しく見る

ラスト1行の衝撃。


ハサミ男 (講談社文庫)ハサミ男 (講談社文庫)
殊能 将之

講談社
売り上げランキング : 2915

Amazonで詳しく見る

黙祷....。


葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
歌野 晶午

文藝春秋
売り上げランキング : 3910

Amazonで詳しく見る


慟哭 (創元推理文庫)慟哭 (創元推理文庫)
貫井 徳郎

東京創元社
売り上げランキング : 2950

Amazonで詳しく見る


考えてみると意外とベタなタイトルしか並ばないもんですね...。
シックスセンスはあまりにあまりなんでやめときます。
アイデンティティなんかも名作って言われるけど個人的には全然ダメ。

アイデンティティー [Blu-ray]アイデンティティー [Blu-ray]
ジョン・キューザック,アルフレッド・モリーナ,レイ・リオッタ,アマンダ・ピート,ジェームズ・マンゴールド

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
売り上げランキング : 16254

Amazonで詳しく見る