プロブロガーなんて聞こえはいいが、街角に立ってる客寄せパンダと変わらない

こんにちはこんばんは。
・初心に戻ろう 読者が1人であっても自分の最高の記事を書き続けることの大切さ/バンブルビー通信
http://japanglish426.com/1338/

1日に500人”しか”訪問しないと思うのか、それとも1日に500人”も”訪問してくれると思うのか。そういった感謝の気持ちを持って、今後もブログの更新をしていきたいと思います
めっちゃ良い事言うなぁ。
その通りですねぇ。
pvを気にしてるとpvの1が数字の1でしかない。
でもその1は記事を読んでくれてる1人なんすよね。
1の裏には人間がいて、読んでくれてる。
素晴らしい。
書き手としてはそう言う事を考えないといけないとしみじみ思います。
れっつびぎん!!



えぇ...。
ん?
どうしました?
毒は吐かないのかって?
こんなポジティブな意見に対して?!
そんな訳無いじゃないですか。
とても正しいですよ。
今日はブログのアクセスも滅法少ないし拡散もされないし。
こんな、さわやかな感じで。
さ、さ。
次の話題に...。


・書くのはやめられないけど、記事を残すことには執着がない人/増田
http://anond.hatelabo.jp/20130424231826
これも判る。
なんつーか、以前から「書き手と読み手」の話をしてるけど、
書き手の意識だけだとこういう風になる。
読まれてる自覚よりも書きたい気持ちが上回ってる。
言ってしまえばエゴが強い。
オレはこう思う、こうじゃないか、こうだろ。
上のバンブルビーの方は
「読者にとって有益な情報を発信し続けられるように頑張りたい」
って書いてた。
非常に高尚だと思うし頑張って頂きたい。

でもウチはそうじゃないんだな。
あんまり有益な事は書いてない。
誰かをDisる事もあれば、誰かをDisる事もあれば、誰かをDisる事もある。
主に魔太郎くんだけれど。
あと生贄スタイルのバカ社長は多め。
最近は、文化系のためのメタル入門で、ももクロDisりのライターとか。


役立てたい、って感じで書いてる事は無いんですよね。
こうでしょ?
こうだろ?
こうじゃないかな?
こう思ってるんだ。
だってこうじゃないか。
え?なんであんなのウケてんの?わかんねー。
だってロジックムチャクチャだぜ、一見良い事書いてるけどさ。
そんなのばっかり。
誰かをDisる個人攻撃じゃなく、その提示されたり現されたものに対しての疑問と解釈。
個人の人格への攻撃は好まない。
無益だし。


みんなの役に立ちたい、頑張ってください。
だって最新の生き方だよ、ライフハックだよ、こんなに素晴らしいよ。
情報化社会だよ、最先端だよ、こんな生き方しなよ。
そういう事を言ってるやつへ反論したら、
「いや、おめぇに言ってねぇよ」
って返された事があった。
(えーと、ソーシャルグッドだとか...さんざこき下ろしたけど忘れた)
おめぇに言ってねぇよじゃねぇよ。
「ボクの様に情報発信をしているインフルエンサーは...」
とか書いてあったっけ?
おめぇのブログを読んで欲しいんだろ?情報発信だろ?
インフルエンサーだろ?
読まれてなんぼだろうが?
発信するなら受信されるだろうが?!


自分が主張してる事、情報発信インフルエンサーとして
ポジティブな反応なら
「いやー、ボクの意思が伝わってよかった。情報が役に立ってホント良かったです」
「ボクの情報を実践してくれてるんですか?嬉しいなー」

といい、ネガティブな反応だと、
「は?いや、別に誰そういうつもりで書いてない。どう読んだかなんて知らねぇよ」
「お前の読み方が悪いんだろ?」

って返す。

いや、おめぇが書いたもんがどういう反応されたかリアクションで決めんじゃねぇよ。
ポジだろうがネガだろうが反応は反応だろ?
お前の書いたもんが思ったように伝わらねぇなら、お前の記事が悪いんだよ!!!
(ただし誤読を推奨するバカは除くが)
ファッキンライフハッカーが!!!(けっ)。
元気かなぁ、ソーシャルグッドななんとかかんとか...(全然見かけないけど)。


あれ?
話がそれた気がする。
大変失礼いたしました(陳謝)

書くのがやめられないのは、書かないと死んでしまうからであって、一番大事なのは「自分の好きなように書きたい」ということだ。
書くのは息をするのとほとんど同じだ。呼吸が窮屈になったら苦しくて仕方ない。呼吸くらい好きにさせろ、そんな感覚だ。
もちろん書くからには「できるだけ多くの人に読んで貰いたい」ってのもあるけど、それで呼吸が苦しくなったらおしまいだ。そこではもう生きていけない。
もちろん書いてきたものの蓄積が全く惜しくないわけじゃない。でも、呼吸と引き換えにはできない。

こういう人間は読まれる事より書きたい事が至高、結果として読まれる事が付いてくる。
つまり情報発信がしたいんじゃなく、まず書きたい事がある。
情報発信だの誰かの役に立つだのどうでも良い。
書きたい事を書く。
ツボを割っちゃうような陶芸の名人と同じ。
自分の書くものに大した価値を感じて無い。
価値は読んだ人が考えれば良い。
価値を感じてもらえなくてもそれはそれで良い。
そのためにやってる。
そしてそれが広まりだすと面白くなって書く事より読まれる事が上回ったりする。
つまり拡散してね、ふぁぼってね、ってやつ。

面白く感じないならそれで終わる。めんどくさいなー、しがらみとか嫌なんだよなー。
相互フォローとかいらないんですけど...。
→垢消しってなる。
過去に自分も何度もブログを止めてるし、垢も消してるからよーーーくわかる。

どんどん年齢もあれなんでさすがに落ち着いてきたけど。
(記事は若いよね、若さゆえの暴走だよねってツッコミもスルー)


動機なんて一貫してるわけじゃない。
読まれる人数が変われば動機も変わる。
一日10人なら暴言でも書きまくるが、10,000人に読まれるなら実名は控える。
1,000,000人に読まれるなら影響力の魔法で魔太郎くん書店を閉鎖に追い込む!
...いや、1,000,000人に読まれるなら魔太郎くんなんてどうでもいいや(笑)
もうちょっとまともな事を書くな。
まぁ、そんなこたぁ生涯無いだろうから考える事も無い。


そこにリアルマネーが付随し、しかもその金額に生活が懸かるなら炎上だろうがなんだろうがpvが優先になる。
1pvに1人の読者がいてクオリティの高いものを読んでもらおうなんて無い。
pvは収入、pvは金、pvは影響力を示す数字。
もっと金をもっと影響力を。
プロブロガーなんて聞こえはいいが、街角に立ってる客寄せパンダと変わらない。
誰にも構われなくなればそれで終わり。
寂しいとウサギは死ぬそうだが、プロブロガーを殺すならほっとけばいい。


という事で一日も早く魔太郎くん書店が閉店になる日を夢見て雑文を終わります。
※今日はpvも低いのでまったり平常運転です