【SPAM】はてブスパムとがっかりアクセス【夏季集中講座】

〇〇日で月間アクセス〇〇万PVを達成した方法の真実なんて1つしかない/増田

いずれにせよ、〇〇日で月間アクセス〇〇万PVを達成した私の方法、みたいな記事を書く人は、
100%協力ブクマをやっている。むしろ、何でわざわざスパム行為のような告白をするのかも謎。黙っていれば良いのにね。
要は、ブクマ友達を作れば、誰だって達成できることなので、どちらかと言えば恥ずかしいこと。

はてブスパムが何やらかまびすしい。
先日「泡沫ブログの会」という
「アクセス少ないしブロガーが読み合ってせめてモチベーションは保とう」
という互助会を脱退したんだが、その時に
「ブロガー同士の互助って言いながらはてブしあうのってスパムじゃねぇの?」
増田にクソ記事があって(あと宣伝目的だけで互助も無い有名無実な登録者も多くて辟易したってのもある)脱退したと言うのが流れ。
そもそもブクマしあってたわけでもないのにグダグダうるせぇクソ増田が。

会は“青二才”TMさんが会長になったんだそうで...温かく観察させて頂きます。
いやー、香ばしくなってきた(ふふふh)。


この手の「PVを稼ぐ方法」SEO入門みたいな記事を見ると鉄板で
はてブホッテントリに入ろう!
と言う項目がある。
しかし、はてブってそんなにアクセスを誘導出来るものだろうか。
f:id:paradisecircus69:20130716093456j:plain
googleAnalyticsでウチの流入元を調べるとこのようになってるる。
1位は検索エンジンGoogle
2位の(direct)/(none)はRSSリーダーなどの定期購読(など)。
3位にYahoo!、そして4位にはてなが入る。
「おぉ、やっぱはてな多いじゃねぇか!」
実数としてははてなの数はYahoo!の三分の一以下。
2大検索エンジンよりもはるかに低い。
(だって滅多に載らないGigazine大先生がその次ですよ?)

例えば某尊師の書店だとか、やまもといちろう氏などの老舗ならそもそもの購読者が多い上に、ホッテントリで更に上乗せになるのでPVはとんでもない事になるんだろうが、ウチみたいな弱小・泡沫ブログではホッテントリでも痴れてるし、過去を振り返ってホッテントリトップページでも数千/hってところが限界。
「Yahoo!ニュース砲」みたいなメジャーに載ると数万/hって言う数値を叩き出すんだが、そんな事は滅多に無いし、狙ってどーこーできるものでも無い。

バイラル、とよく言うが今はTwitterFacebookなどのSNSでの拡散もそれなりの数を叩き出すし、はてなのホッテントリの影響力の魔法に関してブログをやっていない人間からすれば「ギラグレイド」とでも思ってるかも知れないが、実体験からすれば「ベギラマ」もしくは、とんでもなく伸びて「ベギラゴン」程度だろう。
そんなにとんでもない訳じゃあない。
はてブTwitterFacebookなど複数のSNSで共有され、拡散される事で初めて大きな伸びを示すのが今どきのブログの拡散のかたち。
はてなはあくまでもPVを伸ばす入口に過ぎないし、スパムまがいで中身の無いSEOなら結局のところその後が伸びないで終わるだけ。


ホッテントリにならなくてもPVが多い事がある。
ウチでは、台風前になるといつも
「台風コロッケ」
の検索ワードでこのブログが出てくるらしくアクセスが異常な数値を示す。
台風コロッケ入門記事は無いし、台風コロッケの作り方を載せてる訳でもない。

ちなみに台風コロッケとは、台風の日に2chで「コロッケ買ってきた」って画像を上げたら皆が「美味そう!」「オレも買ってくる!!」と広まったのが切っ掛け。
その話を書いた記事に台風が来る度にアクセスがある。


この辺りがブログをやってない人間には理解されづらいんだが、
「何でもかんでもPVが多けりゃいい」
訳じゃあない。
理由があって、自分の記事が賛否あり、それによってPVが多い。
それは嬉しい。
自分の主張に何かしらのリアクションがある訳だ。
ところが「台風コロッケ」やブクマスパムのようにシステム的にPVが多い、と言うのは個人ブロガーは嬉しくない。
SEOやプロブロガーには、PVが生命線で、PVが数字で、PVは金。
ところが個人ブロガーにはPVは自分の主張の反響であり、自分の記事への評価であり、自分の思考・思想への反応を数字で示した結果。
「台風コロッケ」
ならウチのブログじゃなく2chのまとめサイトにでもアクセスすればいい。
その方が台風時の詳細やリアクションも詳しい。
ウチはあくまでも「台風コロッケ」という言葉を書いているに過ぎない。

アクセスされても求めるものはここにはない。
アクセスしても望んだものが無い「がっかりアクセス」とでも呼ぶか、それは今後のPVに繋がらない。
何かの記事を書いてそれが読まれる。
そしてそれが面白いと思われたなら、次回読もうと言う気になるかも知れない。
だからこそ自分が書いた記事に賛否があるのは嬉しいわけだ。
ところが検索して望まない記事があれば
「なんだこのブログは?」
と思われる。
もし次に名前を見つけても「あぁ、あのブログか」「この前アクセスしたけど何にもなかったなー」と思われアクセスされない。
がっかりアクセスには意味もないどころかPVを減らしているかも知れない。

よく「ブログの体力」というが、ブログの体力とは継続して更新する事でキーワードが増え、検索してブログが検索に引っかかり、求めるものがある、それをブログの体力と言う。ブログを書けば書くほど体力はついて、求める情報が増えていく。
そうすれば今後のPVや定期購読に繋がる。
だからブログの体力は大事だし、がっかりアクセスは役に立たない。


ただただホッテントリになれば良い。
スパムの果てにホッテントリになってアクセスしてみたらコメ欄がスパムタワーで積み上がってたら?
もうそんなブログはアクセスもしない。
運営も気づいてゴッソリ削除するだろう。
せっかくやってる個人ブログがスパム食らって良い事なんか欠片も無い。
ブロガーがお互いにブクマをつけあう?
バカじゃねぇの?
相互ブクマなんて利が少なくて、損が大きすぎる。


はてなスパムはイタチごっこ。
どこぞのスパムの記録に関しては「わかっ○ブログ」でも見ればよくわかる。
「わかっ○ブログ」「スパム」で検索すればよくわかったろう。


ホッテントリなんてたかが痴れ。
「昨日、ウチのブログがホッテントリに入ってたんだよ!」
なんて世間で自慢も出来やしない。
「昨日いいとも!の素人コーナーに出たんだけどさー」
その方が皆さん知ってるし「え?ほんとにー!?」なんて言われる。
あんな程度ですら。
社会的に知名度が高いってのはそんなもん。


はてな村なんて極北のローカルが大メジャーなわけないじゃない。
じぇじぇ言ってる地方アイドルみたいなもんですよ。
じぇじぇじぇ。

暦の上ではディセンバー 初回限定盤暦の上ではディセンバー 初回限定盤
ベイビーレイズ

ポニーキャニオン 2013-08-21
売り上げランキング : 100

Amazonで詳しく見る