ブロガー必須!たった1つの冴えた心得

ブロガーはライターでは無い。
冠に『プロ』と付けば定かでは無いが少なくとも個人の(アマチュア)ブロガーはライターでは無いだろう。ライターとは書く事を仕事にし書く事で対価を得て飯を食う。

・これがあれば自信が持てる! ライター必携の原稿セルフチェックシート15項目
http://liginc.co.jp/web/useful/26947
これは非常に正しい。
正しいと言うか間違っていない。ライターと言う職業であり、人に読まれる記事を書き飯を食うならこう言う自己点検は確かに必要なことだと思う。

しかし個人ブロガーはどうだろうか。
よく『○○の基本20のテクニック』みたいな記事タイトルを見かける。中身はそのまま同じだ。SEOやライターとしての基本を守るなら実に正しい。
そして面白くない。

個人ブロガーは基本素人だろう。
しがらみが無いからこそ自由に書ける。
どんな話題でも個人の中傷などしたりしなければある程度の自由はある。
しかしそこにSEOテクや
『PVを増やすために行うたった5つの上手いやり方』
なんて記事を参考にして記事を書く。ライフハックやアプリ系記事に多い。
中身はどれも似たり寄ったり。
どこかで見たようなスクショやフリーの素材、タイトルと章題が並び最後にまとめがある。話は大から小へ。
タイトルには数が並び、その記事の主題を提示する事で読者の興味を惹く。
どれも同じだ。

こう言う『記事を書くコツ』記事が上位に来ると言う事は誰しもが記事の書き方に迷うんだろう。そしてこう言う記事を参考にまた記事が書かれる。
そして見事につまらない。

読者として個人のブログに上手さを求めてるんだろうか。上手な構成や似たり寄ったりのタイトルを求めてるのか。
ブロガーは少し振り返ってみた方がいいんじゃないだろうか。
果たして何が面白いのか。
少なくとも綺麗にハウトゥに沿って書かれた記事に魅力は感じない。このチェックシートで書かれる記事は読みやすくはあるだろうが特に心に残るとは思えない。
ブロガーは何を書くのか。
読者を想定し消費されるべき情報なのか。
自身の言葉で自身の思いを書き出すのか。
なんの為にブログがあるのか。
金儲けだというなら素直にチェックシートに従って15項目を満たせばいい。
しかしそうでないなら少し立ち止まって考えてみた方がいい。
15項目を満たしたキレイなブログよりも情感溢れ、書き手の主張が伝わってくるブログに魅力を感じる人間は間違いなくいる。
誰しもがSEOや記事の書き方ハウトゥ通りにやるならそれ以外のやり方をやるのも、それこそ個人ブログならではのやり方じゃないだろうか。

みんながやるからオレもやる。
そんなつまらない人間が書くブログが面白くなるとは全く思えない。