ブログは「儲けた人も生き残る」マラソンレース

・ブログは「言いたいことがある人だけ生き残る」マラソンレース/hagex-day.info
http://d.hatena.ne.jp/hagex/20130806/p13

PVアップ術じゃ、受けるブログの書き方講座じゃ、はてなブックマーク人気エントリーに入る方法じゃ、確かにそれらのテクニックはあるし、オイドンもある程度ノウハウを持ってるけど、そんな技術は関係なく、ブログで大切なのは「何か言いたいことがある!」の有無なんだよな。
小手先テクニックはいろいろ人があらゆる場所・媒体で書いてるけど、このあたりについて言及しているブログ・書籍は少ないよね


・ブログは「言いたいことがない人は生き残らない」/ARTIFACTはてな系
http://d.hatena.ne.jp/kanose/20130807/blog_survival

人に読んでもらいたい長文を、読みやすく、検索エンジンに拾われやすく、過去ログを検索しやすい形態として、現在ブログ以上のプラットホームはない。
最近ブログ再評価の動きがあるけど、その再評価の動きで、「何か言いたいこと」はないのだけど、とにかく注目は集めたい!みたいな人がブログを始めて、やっぱりブログはダメだよーみたいなことを言うことが予想される


PV狙い、ノウハウってのは「儲け」概念に準じる。
言いたい事がある人はブログで儲からない(PVが低い)。
好き放題書く事と商品をおススメして買ってもらう事はニアイコール。
面白い事を書いて集客して、結果利益が付いてくることはある。


「儲けたいが言いたいことは無い」ブログってのも山ほどある。
まとめやアフィリエイトなんて言いたい事が無いのがほとんど。
中には恣意的な編集で偏向してるまとめもあるが...。

ハウトゥSEOはそういう「儲けたい」人のためにある(キャリアポルノと同じ事)。
ブログを書いて小遣いが欲しい。
言いたい事は無い。
まずお金。
儲かればそれでいい。いっぱい商品を買ってくれ。
広告を踏ませるには、検索に引っかかるにはどうすればいいか。
儲かればよし。儲からなければ廃墟。
はてブでコメ無しでブクマしてる連中。

「儲けたい」「言いたい」が、合致すると「燃やしてでも儲けてやるぜ!」っていう炎上書店が出来上がったりもする。


幸せ/不幸せって基準はあいまい。
結局「どう感じるか」
有名ブログをやっててPVがあっても「ダメだな...」って思い続けてる人もいれば
泡沫ブログを更新してて10PVあれば嬉しい人もいる。

ブログをやってて幸せかもしれないし、不幸かも知れない。
でも反対の人生は推測しか出来ない。
長く続けてるブロガーは不幸だと思われるのなら、
もしかすると人間ってのは概ね不幸で、それが可視化されてるからだとしたら、それは悲しい。


さっき「PVが欲しくてツイートして云々」みたいな事をエアリプで言われたが、もうPVとかそんなのいい。
(そういう次元で生きていない)
ある程度でいい。
書きたいから書く。ただ長くて読まれないなら悲しい。
それだけ。


【関連記事】
・ブログで儲けてなにが悪い?!
http://azanaerunawano5to4.hatenablog.com/entry/2013/08/07/121929