アンパンマンにはコミュニティが認める正義がある

現在では双方が同じことを繰り返して物事の決着がつかないことをいう。 いたちごっこが起こる背景には、二つの対局する立場が存在する。片方がもう片方に対し何かを行うと、やられたもう片方の側は同じ方法か、手口を変えて片方に何かをやり返す。そうしてまたやられた側は手口を変えてもう片方へやり返す。これはやっていくうちに学習していく人間の特性上、手口が次第に巧妙になっていくのが特徴である。またこれが繰り返されていくと両者とも疲弊することとなり、不毛である。また第三者のみが不利益を被ることとなる。

イタチごっこ/Wiki


バカや低学歴の世界が可視化されたんじゃなくて自分がそういう底辺層と同じ世界におちたんだろ。/拝徳
それにしてもこの手の記事に貼られた中川淳一郎本の比率が高い。

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
中川淳一郎

光文社
売り上げランキング : 3686

Amazonで詳しく見る

このタイトルが実に使いやすい。


ホッテントリしてた上記記事を読んだ。
首肯できる部分と出来ない部分があって、それはまぁそんなもんだろう。
全部が全部納得できる記事は少ない。
上記事は炎上する側、ではなくさせる側に対しての批判記事になっている。


ウチでも炎上があると(声は小さいが)暇人が自分勝手な正義感でやる
「石を投げるだけの簡単なお仕事」
として取り上げてクソミソに言う。
理不尽で身勝手で自分の勝手な義憤を元に石を投げてる連中は好きじゃない。
それだけは最初に言っておく。


今回のだって、冷蔵庫に人が入ったら衛生面で問題があるかもしれないし、ぶっちゃけ個別包装されてるからおそらく衛生的に問題ないんだろうけど、
(中略)
冷蔵庫に入ったらいけない事くらい常識だろ!とかいうけれど、冷蔵庫にはいっては行けない。罰を与えるって法律や規定はどこにも書いていない。

それに常識っつったって、じゃあなに、どこかアフリカとかアジアとかの奥地で適当に現地人が二重音声で

現地人「この辺りではエアコンは貴重だからね。こうやって仕事が終わったら冷蔵庫に入ってみんなで涼むんだ。」

とかいってテロップつけてとかワイプで芸能人の驚いた顔写してイモトあたりが「本当だー!すげー涼しいー!」とかいって笑ってたら、世界珍百景さもありなんだけど、そういうの見たらどうするのイモトとか現地人にも切れちゃうわけ? 罰をうけるべしとか言うわけ?

まぁ書いてないわね、そら。
でも今回の
「アイスケースに入りました」
「パンの上に寝てみました」
「ウインナーくわえてみました」
「社員がいないから勝手に食い放題」
「万引きなう」

そういうおバカなツイートによって炎上した事と、罰せられた事は繋がってはいるけど同じじゃないんすよね。
「うわーこいつら酷い!!」
「辞めさせろ!!」
その声に応じるかどうかは雇ってる側の判断でしょう。
別に法的に決まってるから彼らは罰を受けなきゃならないかどうか、ではない。
彼らは自分らで自分らが働いてる店に唾を吐きかけてそれがばれて騒ぎになった。
それに対して店・企業側が対応した。
そういう図式じゃね?
上記事だと炎上で「ネット民が直接裁いた」みたいな言い回しになってるから違和感を感じる。


企業にしたってネットの影響力を使って色々宣伝や広告を打ってなんとかバズろうと画策してる。
個人もツイッターではフォロワーを増やそうとしたり、ブログはPVを稼ごうとしてる。
ツイッターに写真を上げなければ燃えなかったんだから。
確かに石を投げるやつは悪い。
でも石を投げる連中を呼び集めてしまった行為が根本にある。

広まる、繋がりが増えるって事は燃える要素も当然増える。
良い時は利用し、悪い時は酷いと糾弾するのもおかしな話。
良い面と悪い面は隣り合った裏表。


ネットで騒ぐ連中の力は「騒ぐだけ」
実行力は無い。
実行力があったのは経営側。
経営側としてはイメージを保ちたい。
どの程度の対応をするかは経営側がどう考えるか。
どの程度と捉えているか。
冷蔵庫に入ってはいけないという法律は無い。
だから冷蔵庫に入ったと言う事実で罰せられていない。


もし
「法的に罰する権利を持つ者のみ騒いでいい」
そういう事であれば現実世界で目の前で盗みが行われたり、犯罪を目撃しても「オレには権利が無いから」って何もしないって事になる。いやいやそれはおかしい。
騒いで叩くのはおかしいけれど、だけれどおかしいものをおかしいと言わないのもおかしい。


「騒がずに通報・連絡」
それが一番正しいのかも知れない。
万引きを目撃したら店の人間か警備員にでも知らせる。
バイトが冷蔵庫に入ってるのを見たら、そこの店長に
「あんたんとこのバイトってどういう教育してんの?」
くらいは実社会でも言うかも知れない。
それをどう処理するかは権利者・経営者の判断でしょう。


過去、炎上したって社会罰を受けない例は幾らでもある。
今回は業務中だった事から企業が自社イメージを守る為にも法的措置をとったり厳しめの行動を起こしてるけど、バカッターって幾ら言われてもバカがバカのまま姿を消して終わることなんてまま。


ついこの間もそうやって、どこかの議員が死んでしまったよね。でも、みんな自分が殺したと思ってない。むしろ自分はちょっとお灸を添えて懲らしめてやったくらいにしか思ってない。ひどい話だ。
自殺しちゃった議員の事も取り上げてるけど、あれにしてもネットの炎上発だけど、その後のマスコミの対応もかなり影響してる。
だから一概に「炎上したからこうなった」とも言い切れない側面がある。
もしネットの炎上だけで終わってたら死んでなかったかもしれない。
「知れない」なんて話はしても不毛だけど。
死後に「死んだけどアイツは死んで当然」とかいうツイートをしてるやつがいて、ホントに虫唾が走った記憶がある。
キチ○イは多い。
今や「サリン撒きます」なんてすっかりネタ扱い。
ひどいもんだ。


例えばアメコミヒーローは意外なほど法律を重視していて、バットマンスパイダーマンなんかは基本的に悪人を警察に突き出して司法の手に判断をゆだねるんだけど、

日本のヒーローはほとんどの場合犯罪者を自分で裁く、すなわち私刑を行うんだよね。

は? なに? アーンパンチ? おまえそれ正義の名を借りたただの暴力だろ。傷害罪で訴えられたら負けるから。


アンパンマンがいるのは妖精の国。
法治国家ではないからアンパンマンが法になってる。
舞台となるアンパンマンの中のコミュニティにおいて周囲の合意の上の共通認識(或いはハイコンテクスト)として「善悪」が存在し合意の上でアンパンマンが「正義」と認識されているのであれば、アンパンマンが法であっておかしくはないしアンパンチが私刑や過剰な暴力であるとは断言できない。バイキンマンはアンパンマンを握り潰そうともしてるし。
「握りつぶされても相手を殴るのは私刑だ!」
じゃあどうしたら満足なんだろうか。

ちなみに正義の名を借りた暴力と言うのであれば西部劇では随分と悪党を撃ち殺してる。
アメコミヒーローの国、アメリカの話ですけど。
あの時代はあれが「正義」なんだから。
違う時代の価値観で違う時代の価値観を語っても仕方ないと思うけども。


ちなみに日本のヒーローが悪を警察に突き出さないのは悪が人間じゃないから。
アメコミの悪ってそもそも人間から悪に転向したやつが多い。
マッドサイエンティストとかね。
だから法で裁ける。
法律って人間用だから怪人用のを新たに作らなきゃ。
あとアメコミの悪役は刑務所に入れてるせいでしょっちゅう脱獄する。

日本のヒーローものの怪人は爆発するってのもある。
だから連れてけないってのもあるな。*1

この辺りの「ドラマツルギーを無視して現実世界の常識を論じる」話をし始めると「半沢直樹を見てると独立すればいいのに」とかっていうどっかの書店のアホ話に近づくので注意がいる。


基本的に自分も「勝手な正義感で石を投げ吊し上げてる連中」ってのは大嫌い。
でも上の記事って、さらに上からその連中に向けて石を投げてるだけで「じゃあどうすればいいのか」が無い。
確かにムカつくのは判るし、言ってる事も大筋合ってるんだけども。
延々文句言って「それを論じてる連中もそんな底辺に落ちてるだけだ」が最後のオチじゃあ見解も救いもないし、それを論じてる記事自体も同じところに落ちてるブーメランストリート。


今のネットの無法状態を嘆くなら「ネット上の法」ってのが必要になる。
アンパンマンが私刑にならないのと同じように、今ネットで暴言を吐こうが石を投げようが集団で叩こうが、その影響がネットだけ(言葉だけ)であれば、それは何ら裁かれない。
もし反撃をするのであれば非難された側が非難している方に対して法的な動きをする他は無い。
結局権利者や当事者以外は第三者でしかない。

「そうするなと言われなければそれをする」
それが人間の本質じゃね?だからこそ現実世界には、
「赤信号で歩行者は信号を渡るな」
「人を殺すな」
「合意も無くセックスを強要するな」

そういう法律がある。
無ければ自己本位で勝手な義憤にかられたり、エゴのままに自己を充実させる行為をとりつづける。
だからネットでの法整備とネット上の法の番人が必要になる。
結局、大観を落とすところはそういうとこしかないと思う。

いずれは管理社会か。
ネットの自由を奪うのもネットの住人の行為の果てなんだからそれはそれで仕方ないんだろう。


そして最後にはお馴染み中川淳一郎氏の著書を貼っておく。

ネットのバカ (新潮新書)ネットのバカ (新潮新書)
中川 淳一郎

新潮社
売り上げランキング : 571

Amazonで詳しく見る

*1:どうして爆発するのか...を考えるとそれこそ面白い