「PV・はてブを稼ぐための3つの力」でブログを考えた

・PV・はてブを稼ぐための3つの力/hagex-day.info
http://d.hatena.ne.jp/hagex/20130814/p10

うーむ。
さすがhagexさん、含蓄が深いわ。

さあ、ここからは勝負ですよ。たくさんの人に読んでもらうのには次の3つの要素が必要になってきます。

・主張力(書いた内容の魅力。反社会的な内容でもそれは魅力だ)
・読みやすさ力(文章スキル、編集スキル、Webのデザインスキルなど)
・アピール力(SEO、ソーシャルサービスを使った宣伝、書き手のファンの数など)

この3つは三位一体で、どれが欠けてもPVアップには繋がらない。自分のサイト・ブログのアクセスを上げたい時は、これらを分けて分析しないといけないけれど、この3つをゴチャゴチャにして考えているいる人は多い。


その通り。
要素は、重なり合い絡み合っているから複雑そうだが、ひとつひとつ出して整理して判断すると意外とどこかが足りなかったりする。


例えば某炎上商法常連ブロガーで考えてみる、

・主張力 ☆☆☆
鉄板「アンチ社畜」「アンチ年上に見下される」「自己正当化と破たん論理」
自分の論理が間違っていてもダブスタでも決して認めないで独自論をさらに展開させて煙に巻く
既成概念を否定するには何かしらの裏打ちや論理が必要だが、なにも無しで法律や常識などとりま否定すればいいと思っている節がある

・読みやすさ力 ☆☆☆
論理は破綻しているが平易な文章で構成。引用のルールを無視して転載が多いので読みやすい
サイトの造りは、過去記事などを追いかけづらい仕組みになっているが、そのため過去記事を見るには多くの時間を過ごす事になる

・アピール力 ☆☆☆
炎上商法。燃えて目立つ。アルファブロガー流影響力の魔法が使えるらしい。最近はなかなか燃えないので導火線を引きにエゴサなどで喧嘩を吹っ掛ける事が多い

うーむ、さすがだわ。
みごとの上記条件三つをこなしている。


ちなみに某デマが多いブログで試すと、
・主張力 ☆☆☆
トンデモ系主張。飛躍が激しく、理想論や思考思索が多いのでツッコミが入ると破綻するが、スルー力がある。読者の平均読解力が低めなので、論理破たんや矛盾に気付かない

・読みやすさ力 ☆☆☆
文章は上手いので長文でも読みやすく大量のブクマを集めるが、長文のため読解力を必要とする。しかしほとんどの読者がそれを読み取れず勘違い甚だしいブクマをつけまくって書いてる本人ががっかりする事が多いらしい(先日そういうエントリーがあった)
ネタとして書いたのにネタとして受け取ってもらえない、と嘆く

ちなみに過去、ウチでそういうおかしいエントリーを読解した記事を書いたが、当然ブクマは集まらない(だって読解力が無いからそれも判らんだろう)

・アピール力 ☆☆☆
はてなの書き手として毎回ホッテントリ。トップクラスに君臨している。SNSなどでも影響力は大きい


こちらも書店とは違うがさすがさすが。
こちらは炎上では無くて独自論で稼いでるから好感がある(突っ込もうと思えば突っ込めるがそれはそれで良い)。

他人ばかりあげつらっていても宜しくない。自分のところだと

・主張力 ☆☆
根本論を書こうとするので真っ当。ただし飛躍が無いのであまり面白くはならない。論理的におかしくても思考能力的に限界がある。他人のツッコミを想定して自分でツッコんでしまうので他人に隙を与えない(隙がないと面白くない)
言及、ブコメなどのツッコミは完無視(以前相手してたらヒドい目にあった)

・読みやすさ力 ☆
構成を考えずに流れで書いていくので非常に読みづらい。長文ならばなおさら

・アピール力 ☆
はてなでも下位。ツイッターでも300人程度なので非常に弱い。ただももクロ記事だけはツイッター経由で拡散

...全部ダメじゃないか 笑

それにしても「隙」って意外と大事で、ガッチリ論理をくみ上げて誰も指摘できないように保険張りまくるって言うのはウケない。
読んでいて「いやいやそれは」と言いたくなるものの方がウケる。
やり過ぎると炎上だが、ある程度の隙は絶対必要だと思う。
最近の毒吐きほにゃららのブログにしたってツッコもうと思えばいくらでも出来るから盛り上がるんだろう。
「大声でトンデモナイ事を言ってあとはツッコミ待ち」
ブログには、意外と大事かもしれない。


まぁそれ以前に
「なんのために書くのか」
「読まれたいのか、書きたいのか」

その辺りすらフワフワしてる人も多そうだけれど。
いいね! がもらえる SNSでバズるテク