ももクロの戦争認識なんざどうでもいい

なんかサイゾーの記事発で結構いろいろ盛り上がってらっしゃる。
人気が出ると叩く連中も当然増える。
人目に触れれば触れるほど手あかにまみれ色々なものがわいて出る。
当たり前のお話。


・『ももクロ × 古市先生』1万2000字 対談!古市先生の新刊『誰も戦争を教えてくれなかった』で ももクロは何を語る!?(゚д゚;)/ももクロ
http://momoclozamurai.xxxblog.jp/archives/30070808.html
Uストでの24時間企画「24時間いただきますっTV」内で古市憲寿が登場しももクロに戦争なんかを教えるってコーナーがあった。
その時リアルタイムで観てたんだけど

古市先生『富裕層は、わかりますか?』 
かなこ『わかりません(キリッ)』
Kマネ『富裕層は何だと思う??二人とも高校卒業してるんだし考えてみたら??』
古市先生『高校卒業してんの!?14歳位と思ってた!!』
Kマネ『どうりでさっきから丁寧に説明してくれてたんですね!?』
リンク先に前半だけまとめてあるけど、この後で従軍慰安婦の話になる。
丁度、橋本氏の発言が話題になってた頃。
リアルタイムのツイートは
「もういいだろ」
「わざわざこれでやらなくてよくないか?」

そういうものが多かった。


アイドルとかタレント。
テレビに出てる人気商売は「コンテンツを作り上げる」事が仕事になる。
ドラマなら役者がその物語の中の登場人物に扮し、物語を構成する。
ニュースならアナウンサーは事件の原稿を読む。
バラエティならお笑い芸人やタレントらが観ている視聴者を笑わせる為に色々な手管を使う。

そんな中でアイドルってのは歌を歌い、踊り、話し、時には笑わせたりもする。
何でも屋の人気商売。

しかし餅は餅屋。
それぞれのプロには敵わない。
原稿を読む事では専門のアナウンサーの方が上だし、歌も専業の歌手には劣る。
踊りもダンサーよりはよくないし、バラエティもお笑い芸人より落ちる。
アイドルは総合職。
あれもやってこれもやって。
でも、だからアイドルが政治を語っても何も語れない。
そもそも、そういうものを求めない。


役者が役を演じるように、アイドルは「アイドル」を演じる。
ステージの上にいるアイドルは、現実の本人に紐付いているが「アイドル」という虚構。
アイドルは、モラトリアム。
ファンは、そこに幻想を観てる。
人間的なモノは汚く、理想的なモノはキレイ。
キレイなモノだけで出来た虚構。

普通の「人間」としての存在から虚構の「アイドル」は乖離してるからこそモラトリアムとして成立してる*1
そりゃあ人間なんだからキレイな部分も汚い部分もある。
当たり前。
性欲だってあるし、排便もするだろう。

ゴシップで騒がれると、人間としての実存が「アイドル」に紐付いてしまう。
モラトリアムに現実が入り込んでしまう。
だからモラトリアムは崩壊する。
クイック・ジャパン 109


「アイドルが考える戦争」
そこら辺の学生に聞くのと同じ。
いや、仕事をやりながらだから学生よりも見識は低い。


ももクロがこんな事言ったぞ!
右だ!左だ!

本当にどーでもいい。
相変わらずのサイゾークオリティ。
それで騒いでる2chまとめサイトのバカバカしさ。
お盆だね、ヒマだね、皆さん。


具志堅用高辺りに政治と世界情勢について語ってもらったらどうだろう。
この話題とさほど変わらん。


モラトリアムには、キレイな部分だけでいい。
それが欺瞞だと承知していても。
汚い部分はあっても良いけど見せなくていい。
知ってても良いけど知るところを見せなくてもいい。



だからこそこう言う企画で
「戦争について」
従軍慰安婦とは」
この世界の黒いものをわざわざ教えようとする意図が解らない。
果たして本当に必要なのか。

いや、教えるのは構わないが衆目のあったり、形として残る
「Uストの生放送」
「本の対談」
そういう場所でやる意図が判らないし、悪手なのは間違いない。
多くのももクロを追ってる人々は、モラトリアムを求めてるんだろうから。


逆に言えばこれだけ「知らない」という事実を見せつけたって意味もあるのか。
知らないなら実存が虚構に紐付いてもモラトリアムは壊れない。
無知の知は強い。
めんどくさいね、アイドルってのは。

ももクロ春の一大事2013 西武ドーム大会~星を継ぐもも vol.1/vol.2 Peach for the Stars~BDBOX [Blu-ray]ももクロ春の一大事2013 西武ドーム大会~星を継ぐもも vol.1/vol.2 Peach for the Stars~BDBOX [Blu-ray]
ももいろクローバーZ

キングレコード 2013-09-25
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る

*1:最近はそうでもないアイドルもいるようですが