ブログ論と読者様

※好き放題書きましたので不快に思う方はスルーして下さい

今日、ブログをぐるぐる巡回。
とある某大手ブログがブログ論を語ってらっしゃるのを見つけた。
すると、その記事に、こんな感じのコメントが付いていた。

「ブログ論はブロガーの内輪ウケ。読者には不要」

この意見すごいなー。
(別にブコメ丸々転載しても良いけど他人さまのブログについてたし知らん)


個人ブログって別にプロが読み物として書いてる訳じゃない。
勿論「読者」を意識して書く訳だが読まれるか読まれないかなんてわからない。
アマチュアが書いた「日記」を誰でも読めるように公開してあって
「読みたきゃ読めば?」
そういうものでしょうよ。

「お願いします、是非読んでください、どうかどうか」
「皆さんのお役にたちたいんです、ぼくのブログを役立ててください」

中には、そんな人も居るかも知れないけどそれは構造として歪んでる。


ところがこのコメ主は
「ブロガーの内輪ウケのネタを読者がいるブログでやるな」
と言いたいらしい。
いやはや...すごい読者様だわ、頭が下がります。


お前が気に入るか気に入らないかなんて知ったこっちゃねぇんだよ。
読みたくなかったり文句があるんなら読んでんじゃねぇよ。
内輪ウケ?
充分じゃね?
内輪ウケで何が悪い。
でも、やまもと氏のブロガーサミットDis記事にはそんなコメはつかない。
まぁ、あれは格別面白いからな。

個人のブログなんざさ、内輪ばっかりだよ。
個人の観測範囲で記事を書くんだから。
何が内輪で何が内輪じゃないかなんて誰が決めるんだよ。


コップの中の嵐」なんて言葉がある。
コップの中の嵐は観測範囲によってコップの大きさが変わる。
受験勉強で悲喜交々騒いでようが、日本全体からすれば「コップの中の嵐
日本の政治なんて世界からすれば「コップの中の嵐
世界の事なんて宇宙からすれば「コップの中の嵐


誰が何の何をどこまで内輪と思うかまで考えて記事は書かないし、内輪ウケのネタが読みたくないなら読まなきゃ良いんじゃね?
別にわざわざアクセスして
「ブログ論はブロガーの内輪ウケで「読者」にはなにひとつ不要」
偉そうなコメント付けてくれなんてお願いしてないと思うけど、ブログ主は?
ウチじゃないから別にどーーーーーーーでもいい。

オレはそーいう記事があったら華麗にスル―するもの。
「ブロガーで鍋を食いに行きました...」
「熱くブログについて語り合ったり...」
「ボクはみんなに発信するためのツールとしてブログを...」

はい(ひら~り)。
ドーゾドーゾ。
知らねぇわ 笑
サミットでも何でもやったらえーやん。
ブログなんて自己満なんだから自由にやりゃいい。

面白いものを書く?
それが意識的に書けるならブロガーじゃなくてプロの物書きになりますよ。
面白いかどうかはさておき書きたいものを書くしかない。
...毎日言ってる気がする。

読者様には、好きなものだけをお読みいただき、もしお好みに合わないようでしたら無視して頂ければ結構でございます。


ちなみにコメントのついてた元記事については...。
さすがの大手ブログ、ブログ論にも含蓄あるなー(棒読み)。
ブログ論にも面白い面白くないがあるとよく判った(震え声)。
こんな感じ。


で、定番のアフィ。
プロ・ブロガーの必ず結果が出るアクセスアップテクニック100