桜玉吉が復活と聞いて


桜玉吉週刊文春で新連載、ミニエッセイ「日々我人間」/コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/98291

桜玉吉が生きてて良かった。

桜玉吉の新連載「日々我人間」が、本日8月29日に発売された週刊文春9月5日号(文藝春秋)にてスタートした。

「日々我人間」はおよそ1/2ページにわたり著者の近況が綴られる、ミニエッセイマンガ。連載ペースはほぼ隔週で、次回は9月12日発売号に登場する予定だ。

桜玉吉が活躍したのって90年代前半辺りが最盛期だから知らない世代ももう多いんだろう。
シュールな四コマと日記風マンガ(後半特に)が主体。
一部でとても人気はあるけど最近寡作。
まぁ、理由はあるんだが。
Amazonだと中古売価1円の本がごろごろ転がってるので並べてみる。
送料込251円の価値はあると思う。


しあわせのかたち 1 (アスキーコミックス)しあわせのかたち 1 (アスキーコミックス)
桜 玉吉

アスキー

Amazonで詳しく見る

なつかしすぎる「しあわせのかたち」。
ドラクエとかファミコンゲーム満載。
発売が92年か。
未だに“ミジンコピンピン現象”とか言ってしまうのはこの作品の影響。
しあわせのかたち(1) [VHS]
アニメでOVA化されてる(当時なのでVHS、未DVD化)。

・【桜玉吉】の物語を追う[しあわせのかたち編・前編] /紫の物語的解釈
http://blog.goo.ne.jp/masuji622/e/901abf7fcddcbf39ebaad73b8d4d5228


ゲイツちゃん (ビームコミックス)ゲイツちゃん (ビームコミックス)
桜 玉吉

エンターブレイン

Amazonで詳しく見る

ゲイツちゃんxp (BEAM COMIX)ゲイツちゃんxp (BEAM COMIX)
桜玉吉

エンターブレイン

Amazonで詳しく見る

ヤマザキマリが、ジョブズマンガを書くって聞いて
「え?桜玉吉じゃないの?」
と思ったのはオレだけでは無い筈。
なんかわからんけどキレまくってるゲイツちゃんが主人公の四コマ集。
ジョブズちゃんが読みたいなぁ(キレキャラで被るからダメか)。


おやじの惑星おやじの惑星
桜 玉吉

白夜書房

Amazonで詳しく見る

オヤジの惑星が一番好きなんですよ。
なんだかんだ一番桜玉吉らしさが詰まってる短編集。
基本的に笑いはシュールの傾向。
とてもオヤジが可愛く見える一冊。


90年代前半。
このあと漫玉日記~なぁゲームをやろうじゃないかに続いていく。
これだけ長期にわたり一貫してエンターブレインって考えてみりゃ珍しい。
90年代を象徴するギャグ漫画化の一人。
隔週とは言え復活して良かった。