「責任」のスケーリングを正しく捉えないと物事は見えない

・「厳しすぎる社会」は「だれも責任をとらない社会」/やしお
http://d.hatena.ne.jp/Yashio/20130830/1377868594

こういう厳しすぎる社会と、だれも責任をとらない社会というのは表裏一体じゃないかと思ってる。
 1アウト人生終了システムだと、ほんとはアウトの事でも「いやいやアウトじゃないし」と隠蔽したり、「みんなでやりました」とうやむやにしたり、(あいつ人生終わっちゃうのかわいそう)と仲間でかばったりして、誰も責任をとらなくなる。
 一方で誰も責任をとらないと、ひとたびコトが露見して誰かが責任を取らざるを得なくなったときに、そいつに何もかもの責任を負わせることになる。実際、世間様の空気圧に対する責任を、世間様にとってもらうのは無理だしね。
 こうして「厳しすぎる社会」と「だれも責任をとらない社会」がお互いを支えあってく。
 そんな社会で実現される責任は、本来個人が負うべき責任の範囲に対して過剰に小さいか、過剰に大きいかの両極端に振れてしまい、適切な責任のとり方が難しくなる。なにもなかったことにするか、全部そいつのせいにするか、どっちかしかない。

言おうとしてる事はごもっとも。
でも読んでて違和感を感じた。


ネットでバカを見つける、吊るし上げる、晒す。
そういう自称「義憤に怒る無辜の一般ネット市民」
そして吊るされ炎上した結果、企業に電凸が入ったりする。
企業は自社イメージを守るために
「大変申し訳御座いませんでした」
「洗浄致します」
「閉鎖致します」

と対策を打つ。
で、この記事の方はそう言う流れを見て
「何か露呈したら圧倒的に責任を取らされる」
だからバレないなら隠蔽して誰も責任を取らなくなる。
厳しすぎる社会と責任を誰も取らない社会になる、と。
なるほど。
...でもさ「責任」ってなあに?


まずバカが写真を晒す。
これが広まった事で企業がダメージを受ける。
風評被害ですわな。
イメージを守るために実務で対応しなければならないし、当然損害が発生する。だから金銭で責任を問う。

冷蔵庫に入ったからって別に衛生的に問題があるなんて誰も思ってないわな。
アイスケースに入ったからって洗浄しろ!なんて思ってない。
醤油なんかは別として。

でも過激なくらい企業がそれをやるのは「企業イメージを守るため」であって、別に実際的である必要は無い。パフォーマンスなんだから。
企業はパフォーマンスで出来てる。
CMだってパフォーマンス、番組のスポンサーになったり、キャンペーンやったり。
色々なイメージを消費者に向けて発信してる。
そんな中、自社で雇ったバカな学生が後先考えずに馬鹿な写真を晒した。
だから対策として過剰なパフォーマンスを行う。
まぁ当然の反応。


冷蔵庫入ったりピザ生地顔に押し付けたりしてバカだなあとは思っても、それでそいつの人生を壊滅させていいレベルの話かよと思ってた。でも店をつぶしちゃったきっかけはそのバイトだしな、とも思った。この差、やっちゃった事の大きさと、取らされる責任の大きさの差が、どっからくるんだろうと不思議だったけど、こういう話なのかもしんない

「やっちゃった事の大きさと、取らされる責任の大きさの差」と言うけども別にバイトは「冷蔵庫に入ったから」「アイスケースに入ったから」責任を取らされる訳じゃ無い。
勘違いしてないですか?
「バカな事をネットに上げて広まったから
責任取らされるんだよ。
別にこっそりアイスケースに入ってるだけなら怒られるだけで済むわな。
バイト仲間とクスクスキャーキャーやってたら何も燃えたりしない。

そうじゃなくてネットに上げると言う事は
「世界中に向けて大声で叫ぶのと変わらない」
って事なんだよ。
企業が自分の会社のイメージを作るために年間ものすごい額の投資をしてる。
なのにバカが企業のイメージに対してツバをかけた。
だから企業はバカに対してイメージが受けたダメージ分の損害賠償をする。
「やっちゃった事の大きさと、取らされる責任の大きさの差」はそんなに無い。
そういう態度を取る事で企業は自社イメージを守る。
そういう損害賠償もパフォーマンスのうちの一つ。
そう言う事じゃね?
厳し過ぎる?
そんな事無い。
「責任」のスケーリングを正しく捉えないと見えないかも知れないけど。

バイトが冷蔵庫はいったりして店つぶして賠償金数千万なんてひどすぎる。だって会社が店を閉店したのは、世間様の空気に屈した(先読みした)からなのに。冷蔵庫の清掃や商品の廃棄、客への補償に対する賠償請求ならまだわかるよ。でも世間力の強さをバイトのせいにするなんてとんでもないよ。

ネットに書かれた一言で株価が上下したりする。
一言で炎上したり、記事一つで死んじゃう議員もいる。
ネットって言うのは増幅装置なんすよ。
だから企業は寄ってたかってネットを使おうと画策してる。
自社のイメージを更に広げるために。

それに別にこれってネット社会だからじゃなくね?
ネット社会だから広まったけど構造は昔からある風評被害対策。


優しい社会であれば、今回の一連の行動で企業側が
「バイトのした行為は企業として監督が行き届いていなかったためで今後は...」
と言う風になるって事なのかな。
庇う?なぜ?
バイトがもし職務上正しい、規定通りの事をしていた上でネットで炎上したなら企業は守るかも知れないし責任も企業にあるだろう。
でもバカがネットに写真を上げるのが規定されてる訳も無いし、ましてや「業務中に」していい事の訳が無い。
しちゃダメって言ってる事をバイトがやった。
それでどうして企業がバイトを守るのか。

よく企業の教育が足りないからだ、とか言うけどさ。時給なんぼのバイトに教育ってどれだけリソース使える?
しかもバイトですぜ?
やったらダメって言って素直に聞くなら元々こんな事起きなさねぇだろうよ。


それに個人が晒されて吊るされるのはそいつが個人情報を上げたからでしょ?
隠してりゃこんな事にならない。
自分で情報上げて自分でバカやって、だからさらされて吊るされた。
バカをやるなら個人情報なんて上げなきゃいいのにね。
そういう事が判ってないから今色々リテラシーだとか言われてる。


あと一つだけ。
厳しすぎる社会、誰も責任を取らない社会。それがいけないならどんな社会なら適当なんだろうか。
今を嘆くのは良いけれど、では何がどうなって事件が起きた時に誰が誰の責任を取る社会がいいんだろう。
まぁ、一番はこんな事件が起きないのが一番なんだろうけど。
企業が泣き寝入りする社会?
優しく被害を追求しない社会?
バカが再起できる社会?
じゃあ何がどうなれば理想なんだろ?
ま、何千万借金があっても生きて前向きに働いてる人も山ほどいるけどね。


読んでてその辺が違和感だった。
他にも違和感あるけど、とりまその辺はスルーします。
一読者の感想でした。

ネットのバカ (新潮新書)ネットのバカ (新潮新書)
中川 淳一郎

新潮社
売り上げランキング : 1657

Amazonで詳しく見る by AZlink