映画「アイアンマン3」を観た


iTunesにレンタルがあったので借りてみた。

トニー・スタークは見えざる敵の脅威におびえ、一心不乱に新型パワードスーツの開発をしていた。心身ともに追いつめられたトニーはある日、世界転覆を企む謎の男マンダリンから攻撃を受け、全てを奪われてしまうが…。
アイアンマン“最後"にして“最大"の戦いが始まる――。

アイアンマンも三作目。
今回の敵は中東のテロリスト....と見せかけて白人、ってのはニヒリズム。
もう今や中東のテロリストを敵に設定するのは時代に合ってない。
今のアメリカの敵は中国か国内、もしくは北朝鮮を小馬鹿にするくらい。

バットマンと同じく金持ちのヒーローだけれど大きく違うのは有名人で誰しもがアイアンマンと知っていて、ナショナリズムがある。アベンジャーズだし。
正義...アメリカの国益を守るためにという裏付けがあるから個人的な悩み以外の苦悩が無いのもアイアンマンの特色。オレが正義だ、かかってこい、って言う姿は世界の警察アメリカの縮図。
正義とは何か、なんてバットマンみたいな苦悩は抱えない。

それにしてもアイアンマン硬いwww
ものすごい勢いで地面に叩き付けられてもスタークが無傷の不思議。
アイアンマンスーツの一番の謎はあの衝撃吸収能力。

判りやすくて、悪党はめんどくさい事考えずに吹き飛ばせば良い。
勧善懲悪面白かった。

アイアンマン3 ブルーレイ(デジタルコピー付き) [Blu-ray]アイアンマン3 ブルーレイ(デジタルコピー付き) [Blu-ray]
ロバート・ダウニーJr.,グウィネス・パルトロウ,ドン・チードル,ガイ・ピアース,ベン・キングズレー,シェーン・ブラック

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
売り上げランキング : 18

Amazonで詳しく見る