数字で見る“艦これ”と言う怪物

ども。
某艦艇が改二になると聞いて急にやる気が出てきたんで、真面目にレベリングを始めた横ちん提督です。
それにしても艦これのニュースが毎日のように出ていて、そろそろテレビあたりでも触れだすのかと(そうなると終焉が見える訳で)辟易していますが。

・【艦これ】ユーザー数推移グラフ更新9/7/艦これまとめ速報http://blog.livedoor.jp/kankore200/archives/31787110.htmlf:id:paradisecircus69:20130912092949j:plain
夏コミあたりからの増加率が異様ですねぇ...。


・次号付録には「赤城」ストラップ!『艦隊これくしょん』別冊付き『コンプティーク』10月号緊急重版決定!http://getnews.jp/archives/415858
コンプティークと言う名前自体聞くのが(非ゲーマー的に)久々だったのに、完売しかもヤフオクで転売屋が横行するなんて自体は異常。
ロードスのリプレイが載ってた頃は毎号買ってたけど...。

ちなみに、コンプティークの媒体資料によると、印刷証明付部数は6万9667部。それに対して、艦これユーザー数は70万人規模と言われている。「艦これ」開発/運営のTwitterアカウント(‏@KanColle_STAFF)の9月4日のツイートによると、現在のユーザー数は65万規模、DAU(1日あたりアクティブユーザー数)も35万以上。連日8000人規模の新規ユーザーを抽選受付し満員という状況が続いていることから、70万越えは確実だろう
七万部が瞬殺。
そりゃあ十倍近い提督がいるわけだから需要はある。
それにしても異様な売れ行き。

次回は“ボーキサイトの女王”の異名を持つ大飯ぐらい赤城さんストラップが付きでこれまた爆売れか?
転売屋が活気づくなぁ...。

また、次号の2013年11月号では『艦これ』を「史上初の表紙&付録&大特集!!」すると予告。付録には「正規空母 赤城」のストラップとなっているので、こちらも人気が殺到するのは必至。

転売ヤーに突き飛ばされて「欲しけりゃオークションで落とせ」と捨て台詞を言われるなんて事件まで起こって、“艦これ”狩りとか“艦これイジメ”とか起こり始めたら本格的な社会現象。

それにしても「艦これがブーム」「提督の数が今や数十万人」と言われても今ひとつピンと来なかったのに、こうして実際に数として出てくると凄まじく流行ってるんだなぁと実感できる。


・艦これ公式「登録者数40万・アクティブユーザー80%・DAU60%」発言に衝撃が走るhttp://www.i-mezzo.net/log/2013/08/16080827.html
八月で提督が40万、アクティブユーザーが8月時点で80パーセント。
現在が60万だからひと月で20万の提督が増えてる。
しかもDAUが35万なんて異様な数字。
サーバーも日々増強中。

かつてのガチャゲーブームやパズドラが流行ったのは「スマフォでいつでもどこでも出来るから」という要素が大きかったわけだけれど、艦これの場合そうでもない。
普通に考えてブラウザゲームは基本ノートやデスクトップでやる。
iOSなどは、Flashが動かない。
スマフォでやるならPuffinで無理矢理動かすしかない。
そこでPuffinの動向を見てみると...

・Puffin Web Browser & Free have 10,000,000 downloads.http://www.puffinbrowser.com/news/
先月8/11にPuffinブラウザのダウンロードが10,000,000を越えてる。
(※有料版・無料版含む)

Puffin自体は2010年12月に公開されたアプリで当時としてはiOS上でFlashを動かせる少ない選択肢の一つだった。
(泥なら「Flashぴったん」あるけど)
2010年末に公開して1,000,000ダウンロードまでに2012年5月末までかかってる。
大体1年半くらい。
最近はアプリのダウンロード率も下がってるし、Flashを使うコンテンツ自体減ってる。
なのにそれが1年と3か月で10倍の10,000,000を達成したのに“艦これ”の影響はあるんじゃないだろうか。
2010年12月      0
2012年05月  1,000,000(+1,000,000/1.5y)
2013年08月 10,000,000(+9,000,000/1.2y)
恐るべし“艦これ”...。


さぁて、改二のレベル70を目指してレベリング、レベリング...。
艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(1) (ファミ通クリアコミックス)