中学生ブログへのコメントと説教おじさん(匿名希望)

台風すげーな。
iPadで映画観てるだけなんで、気分転換に小ネタ。


日々、他人のブログなんてもんを読んでると当然感想がある。
面白いなー。
アホだなー。
バカじゃね?

色んな心理が産まれてそれを表明したくなる。
優越感、バカにしたり、面白いから共有したいなんてのもある。
だからコメントを付ける。
周囲のコメントと自分のコメントが同じで安心したり、自分は良いと思ってたのにコメントが馬鹿にしたものばかりだからやっぱりバカにする事にしたり、どっちかよく判らないけど炎上してるっぽいからDisっときゃいいだろって尻馬に乗っかってみたり。

テレビを観てて独り言を言ったりする。
うわー、雨すげーなー。
アホだなー、こう言う連中全員死ねば良いのにな。
不倫とかふざけんなよ、テレビに復帰とか有り得ないだろ。

同じ構造。
それをどこかに書き込めるのか、その場の呟きで終わるのかの差。

・コメントが来た/反社会的な中学生
http://takeiteasy.hatenablog.jp/entry/2013/09/15/155928
何やら上から目線のコメントが来たとの事。

「反社会的な中学生」ブログ名で中学生と思わせているので上から目線は必然的にある。
良いことを言えば「中学生なのに」いい事言うなぁと言われるし、少しでも見当が外れたり甘いと「しょせん中学生だから」と言われる。
“中学生”って肩書きは“〇〇大学教授”と同じネットでの肩書きとして左右する。

読み手は文章だけを読んでいるのではなくってそれ以外の様々な要素を鑑みて判断してる。
ウチのは露骨に個人ブログだがこれがもっと洗練された見た目で、文章も口語体じゃなくって文語体の落ち着いた文体ならコメントの質も変わって来る。
個人ブログでもGIGAZINEやWIREDみたいな見た目で装えば情報の信用度は増す。
人は見た目が九割、と言うがネットでも見た目と肩書きは重要で殆どの読み手は中身をきちんと解釈なんてしてない。
そんなにヒマじゃあ無い。


コメントをする時に読み手は自分が何かってのを忘れる。
書き手は別に説教して欲しい訳じゃあ無い。
こんな風に思ってるんだよなー、って書いてる。
(とはいえコメ欄開放してるんならコメント許諾すると言う事だから仕方ないが)
で、記事を読んだおっさんは何か言いたくなる(笑)
街角のオッサンが偉そうに政治語ったりするでしょ。
「今の政治とか全然ダメだよ」
よく判ってないけどなんか偉そうに。
細かい事は知らないけどざっくりした精神論は語れる。
新橋の酔っぱらいレベル。

書いてる中身なんかどうでもいい。
中学生のブログがあって何か偉そうに書いてる。
オッサンが語りたくなる条件が揃ってる。
んでその結実があのコメントになる訳ですよ。

あとな、勘違いしてるかもしれないから指摘しとくが、「ブログを書いてる俺すげえ」なんて思うなよ?
学校に行かず書いた記事が話題に上って有頂天になる気持ちは分かるが、お前の同世代の、学校に行ってちゃんと勉強してる連中は、それ以上に濃い時間を過ごしてるんだからな
いや、お前のコメントが勘違いしてるぞ(笑)
だーれも、お前の偉そうな説教も言葉も望んでない。
「指摘しとくが」なんてあんたに指摘される言われは何一つねーんだよ(この中学生様は)。
指摘するんならブログ全部読んでから書けや。
何記事数個読んで判った気になって偉そうに人生語ってんだよ、バカじゃね、お前の人生観なんて知らねぇよ、ハゲ。死ねば良いのに(とオレはこのコメントを読んで思った)。
読み手はブログの記事を読んでコメントするのかもしれないけどブロガーはそのコメントを読んで
「こいつバカだ」
「なんかまわりとおれは違うってアピール必至だなw」
「見当違いなヤツが一番偉そうだな」
「なんにも読んで無いのに偉そうなコメントって書けるんだよー」

と思ってる。
いちいち書かないけど。

大概のコメントはアホが多いよね、炎上すればするほど。
ホッテントリになればなるほど。
そりゃ皆が皆ブログやってる訳でもないが。
もし、そー言うアホなコメント付けてるヤツがもしブログやったら惨憺たる中身になる。
ブログをずーっと続けるだけでもすごいんだよ。
それを中学生がやってんだから。
偉そうに、匿名で見ず知らずの中学生に説教たれるようなおっさんのコメントの価値なんて、なんにも無い。
中学生ブロガーの方がよっぽど偉い。
そんな風に思うんだけれどもね。

コメントを書いて偉そうに人生語ってるバカが勘違いしてるかも知れないから指摘しとくわ。