モテとオシャレは違うんだとそろそろ理解しよう

・冬のメンズファッション流行コーディネート特集
http://xn--bck1bj8a2f9cwb5fb6784f.biz/
いやはや。
まぁ、アフィなんだけれどもこの下部動画を観て
「なるほど参考になるな!」
いや、思えないだろ!!!
だってなんでヘアバンドだよ。
今どき真っ金々の金髪なんで津田大介くらいだろ。

肉食女子に食べられちゃう技術肉食女子に食べられちゃう技術
北上 功

講談社
売り上げランキング : 125013

Amazonで詳しく見る

金髪はこれの著者だそうで。
うわー、ダメだなこれはw
やった数を自慢げに吹聴する連中のダメ感のすさまじさ(軽く吐き気が...)。

よく「モテ系な無難ファッション」とか言うんだが、そもそもモテるヤツはファッションなんかどうであれモテる。
モテないヤツが無難な格好をしてもそれは無難で普通なヤツ。
非モテが無難な格好をしたってそもそもファッション以前に非モテなんだから。


「オシャレ=モテる」は違う。
「ただしイケメンに限る」
なんて残酷で真理を突き、なんて至高の言葉なのか。


こういう「非モテがオシャレになってモテる!」みたいなのを推すサイトの定番構造は、
非モテ/女性とのコミュニケーション苦手
→服に気を遣う
→弱点が一つ無くなる、生まれ変わった気になる
→女性に積極的になる
→女性との交流が増えて慣れる
→軽薄になる
→モテる!

この構造であって、別にオシャレである必要は無い。
「自分がオシャレだと思い込む」
そのためのツールとしてのファッションがあるに過ぎない。
そりゃ軽薄な方が女性との交流はある。
スペックがなんだろうが自分に自信があり、女性に積極的ならそりゃあモテると勘違いする。
数撃ちゃ当たるんだよ。

判りやすいのが学歴や金。
特に金があればチビデブブサメンでもモテる。
秒速で稼ぐくらい儲けてればリアルなパタリロみたいでも関係無い。
資本主義の世の中で札束の一撃はとても強い。
貧乏なイケメンより、金持ちのブサメン。
夢を語ってギターを弾いてキャーキャー言われるイケメンも年をとればタダの貧乏なオッサンになるだけ。
でもブサメンの金持ちは歳をとっても金持ちならスペックは変わらない。
金がスペックなんだから。


ところが普通は金が無い。
学歴は時間がかかるし努力も必要。
だからまず手近な「ファッション」に手を伸ばす。
お手軽で改造も簡単。
安い予算でも十分なスペックを得られる可能性がある。


ファッションってハイコンテクストな部分とローコンテクストな部分がある。
こういうモテファッションを語るヤツにとってハイコンテクストは意味が無い。
ローコンテクストで足りる。
基本、女性のよく言う
「オシャレ」「ファッション」
はローコンテクストなんすよね。
オシャレ女子は
「マルジェラ?」「ガリアーノ?...あぁ、なんか聞いた事ある」
その程度。

見た目可愛いか、それっぽいか、オシャレか、フワフワしてるか。
そういう感覚的な部分しかないからハイコンテクストな歴史や知識が必要なファッションは理解出来ない。
だからモテに使われる(チャラい)ファッションはローコンテクストでとても判りやすいものが多い。
ホストのファッションをよく見ると判る。
あれはローコンテクストの「オシャレ」をカリカチュアライズした姿。
過剰で華美で判りやすい耽美。
雑誌を見ながら女子が「これカワイイね」「格好良い☆」と話してるのと、ファ板で服ヲタが「やっぱエディがサンローランに入って面白いけど縫製とかはDiorHomme時代とは違うよなー」「ラフシモンズってアートをテクスチャで貼付けてるだけだよなー」なんて語ってるのとはレイヤーが違う。

「無難にオシャレを」の“無難”にはハイコンテクストは存在しない。
だから安っぽくても胡散臭くて偽物ぽくっても上っ面でも構わない。
そこにハイコンテクストな実際性なんて必要としない。


モテたいならオシャレなんて極めなくって良い。
それっぽい格好でそれっぽい服を着れば充分。
ファッション誌買ってモデルの格好を上から下まで真似ればそれが一番無難。
安っぽい嘘くさい記事を読んで「黒が流行るんだって?!」なんて調子に乗って上から下まで黒にしちゃったり、尖った靴を履いてシワ加工のフェイクレザーシングルライーダース着て「オレってオシャレだわー」なんてバカな思い込みをしてしまうのが一番悲しい。


まぁ、服なんて好きなもんを着れば良い。
ただ「今年は黒だ!」なんて年中やってるSENSE読者以外には通用しない。
オタクが一番好む色は「黒」
無難で使いやすくハズレが無い。
その分個性に欠けてダサくもなりやすい。

オシャレの流行追うならグランジで、チェック柄とか、グレイッシュカラーとからしいですよ。
よく知りませんけど。
祐真朋樹の密かな愉しみ