池上彰「政治家の器は「答え方」でわかります」を読んだ

政治家の器は「答え方」でわかります―新潮45eBooklet
池上彰氏の「政治家の器は「答え方」でわかります―新潮45eBooklet」を読んだ。
新潮45eBookletは手軽に読める薄さで100円の割には面白いものも多い。
Kindleならではのマイクロコンテンツ。

この「政治家の器は「答え方」でわかります」には、当時話題になった池上無双がいかんなく発揮された「TXN選挙SP 池上彰の参院選ライブ」で行われた質問をするときに考えている思考の裏側や、その政治家のスタイルや受け答えによる反応とそれによる分析などが書かれており、文章は少ないが反比例して中身は濃い。
石原氏とのやりとり、社民党 福島氏への厳しい意見。


例えば今日、
・橋下氏「嫌ならフォローやめれば」…市民批判に/YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130918-OYT1T00562.htm
こんな記事があった。

台風接近中にも拘らず橋本氏がツイッターへの投稿を続けていたことに対して批判があり、それに答えたと言う中身。
「政治家の器は「答え方」でわかります」の池上氏曰く橋本氏と言うのは

石原さんと同じ日本維新の会の橋本徹代表代行は、インタビュアーとしては嫌な相手です。必ずどこかでわっと反論してきて、大抵質問する側がやり込められてしまう
(中略)
ただ、彼は弱点を突かれると、よく、逆質問で誤魔化しています
橋本氏は弁護士だけにディベート術に長けていて、だから相手に質問で返したり、話を逸らしたり、正論にシフトさせたりする。
このツイッターの話に関しても「嫌ならフォローしなければいい」と言うのはツイッターとしては正論だが、公人としてはセンシティブな部分であって、どこに主眼を置くかで考えは変わってしまう。
台風や災害など対し、かくあるべきではないか。
そういうフィールドに持ち込ませないためにツイッター論へとシフトさせる。


中で池上氏は、小泉進次郎氏を褒めている。
番組内でも小泉氏の遊説に密着して人心掌握術を解説するなんて事をやってた。
地元の言葉やローカルな話題を演説に盛り込んだりして親近感を出す。しかし大阪で「なんでやねん」のような関西弁の真似ごとは反感を生むので使わない...。
確かに派手さはないが着実に地盤を固め、人脈を広げて味方を増やしている。
数年後、未来は小泉進次郎氏が政治の表舞台で活躍してるのかもしれない。


池上氏の発言の裏に込められた意図を読み解くセルフライナーノーツ。
100円の割に随分と価値がある。

政治家の器は「答え方」でわかります―新潮45eBooklet政治家の器は「答え方」でわかります―新潮45eBooklet
池上彰

新潮社
売り上げランキング : 3995

Amazonで詳しく見る