半沢直樹の終り方なんてソプラノズより全然良い

半沢直樹、平成ドラマのトップ! ラストシーンには賛否両論「中途半端」の声もhttp://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130924/enn1309241532011-n1.htm
結局、今シーズンキチンと見てたのはこの半沢と深夜の「密室美少女」と福田 雄一「天魔さんがゆく」くらい。
半沢は、続編ありきのエンディングでその辺りのぶった切り感が賛否両論となったんだそうで。
個人的には観ていて
「アメリカのドラマっぽい終わり方するなー」
そんな印象だった。
続編ありきなんだからあれでいい。


海外ドラマを観てる人なら常識だと思うが、アメリカなんかではまずお試しとしてパイロット版が造られる。
その1話の評価が良ければ正式にシリーズとして制作が決定。
だからアメリカドラマの1話目のタイトルは多くが「Pilot」になってる。

そしてシリーズが始まるんだが1シーズンで終る。
次のシーズンは、再放送が始まる。

もし評判が良ければ続編が作成されるし、打ち切られる事だってある。
だから最後はいつも尻切れトンボ。
観たい!と思わせる展開で終わる。
「主人公が銃撃を受けて車が大破!...で??」
「続編にこうご期待!」
「次回どうなるんだ!?」

と言う終り方なのに続編が無い、なんてざら。
いちいち「気になる終り方させてんじゃねぇよ!」なんて言ってたらどれも観れない。
ほとんどの作品がそうなってるんだから。

勿論、きっちり終わるものもある。


ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」というドラマがあった。
日本ではWOWOWで放送してた。
ストレスの多い現代で精神科医にかかるマフィアの日常を描いて第六シーズンまで作成。
で、その最終回。

マフィアのボス 主人公アンソニー・ソプラノがレストランで独り。
そこに妻、息子がやってくる。
いかにも怪しい男がトイレに立ち、遅れて娘がやってきて...。
そこで終わる。
4:33~黒画面になるが別に放送事故でも何でも無く実際の放送もこうなってた。
ソプラノズファミリーはどうなったのか。
トイレから帰ってきた男に殺されたのか、爆弾でもあったのか。
何もなかったのか。
突然真っ黒になって数秒続く黒い画面がこれまでドラマを観続けてきた視聴者の想像力をかきたてるようになってるが、どうなったかを丸投げにしたこの終わり方は当然ながら賛否両論。
なにせ6シーズン...99年から2007年まで放送してたドラマの最終シーズンがメイン級のキャラが死にまくって死にまくって、最後の最後は丸投げなんだから素晴らしい。
続編なんて作られる予定もないし、黒い画面が本当に本当の最後。
個人的には「ぽかーん」とさせられて大好きな終わり方なんですけど。
本当の置いてけぼりってのはこーいうのを言うのであって「続編作られます」って前提があるのにぶった切りで終わったって何が許せないんだか。

終わりは必ずキレイに収束させなきゃならないなんてルールはないし、ルールを破るからこそエンタメは面白い。
文句言う人は、固定観念に囚われてて比例して実社会でもルールにがんじがらめで頭上がらないんだろうよ。
で、半沢で溜飲を下げてたのにあんな終わり方するから怒る、と。
あらあら。

・社会現象を起こした「ソプラノズ」の最終回に苦情殺到でTV局のサーバがダウンhttp://abcdane.net/archives/200706/sopranos_finale_wackedfan.html
放送当時、鯖が陥落したんだそう。


ウォーキングデッド シーズン4は、10/20から。
http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1759
提督との緊張関係がどーなるんだか。
楽しみで仕方ない。


日本のドラマだと相棒は鉄板として、

地上波だとテレ東の「殺しの女王蜂」
鈴木清純とか野良猫ロック辺りの無国籍な世界観を意識してるっぽい。
ピストルオペラ風なのか。
演出が、豊島圭介なんすよね...どーなるか。

うーん、全然心に響かない 笑
イケて無くていいわ。

ザ・ソプラノズ 〈ファースト・シーズン〉セット1 [DVD]