「ブログを始めて一か月○○十万円稼いだ10のテクニック大公開しちゃいます!」は、どうしてうさんくさいのか?

Exchange Money Conversion to Foreign Currency
Exchange Money Conversion to Foreign Currency / epSos.de

SEOやアフィリエイトの記事はうさんくさい。

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine OptimizationSEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)はある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。 これとは別に検索エンジンに直接広告出稿して自社Webサイトへの訪問者数を増やすマーケティング手法として、サーチエンジンマーケティング(SEM)があり、SEO・SEMマーケティングとして一括りで取り扱われることもある。

検索エンジン最適化


当事者以外は、誰もが感じる。
SEO解説
SEOテクニック
アフィリエイトの売り上げアップ方
記事の書き方
アクセスが上がるタイトルのつけ方

どれもこれもうさんくさい。
でも、なぜ「うさんくさい」と感じるのか。
それには3つの理由が考えられる


【1.自慰中毒患者のポルノ記事】

Three Businessmen (1998)
Three Businessmen (1998) / sbwoodside

年中見かける紋切り型のタイトル。
売り上げ倍増間違い無し10のテクニック大公開!
ブログを初めてひと月で100万PVを達成した驚くべき方法とは?!
SEO初心者のための押さえるべき7つのポイント

ブログで金儲けを狙っている人間以外に無関係なこういった記事がよく目に入る。
中身は今までにどこかで見たような受け売りの再編集。
検索してみればこんなものが何年も前から延々手を変え品を変え書かれ続けてる。
イマドキならTwitterFacebookがあるのでそれに対応したものが書かれているんだろうが、どちらにしろ基本は何も変わってない。
「斬新な」「今までに無い」「画期的な」そういう誇大広告が平然と横行して、ブログでお小遣いを稼ごうとたくらむお父さん方はこういう記事をホイホイブクマして同じような記事を何度も何度も読むことになる。
こういう安っぽい薄っぺらなタイトルが未だにウケるし機能してる。

そういう一定層が常にいて、こういう記事はそんな
「薄っぺらい紋切り型のタイトルに引っかかる層」
に向けて書かれる。

ダイエット本と言うのは無くならない。常にある。
どれもこれも
「新しいダイエット法」
「楽してやせる」
「効果的に一カ月で五キロも」
「健康的に美しく」

食うものを考えて運動すればそりゃやせるのなんて当たり前なんだが
「やせるのに苦労するなんていやだ」
という歪んだ考えに付け込んでダイエット本は大量生産され続ける。
そしてダイエット本を読んで効果がなければ次のダイエット本に移る。
本来、本を読んでも「読んだからやせる」わけじゃない。
書かれた方法を徹頭徹尾行って、それで効果がなければ詐欺だろうが、本を読んで効果が出ないのは本の通りに出来ていないから。
本来ダイエット本なんて一冊読めばいい筈。

この仕組みは自己啓発書~ライフハック系、メイ○マさまの命名するところのキャリアポルノと変わらない。
仕事の効率化、時短、出来る男の、自己変革。
本を読んで満足し、また別の本を読み「読むことで満足してしまう」
何度も繰り返すただの自慰行為。

キャリアポルノは人生の無駄だキャリアポルノは人生の無駄だ
谷本真由美(@May_Roma)

朝日新聞出版
売り上げランキング : 8498

Amazonで詳しく見る

記事を読めばブログの売り上げが上がる訳じゃない。
自分のブログを隅から隅まで見て、広告の配置なりを考え、統計を取り、HTMLもCSSも書き直す。
でもそんな事はめんどくさいししたくない。
だからまた別の記事を探す。
ブクマして、またそれで満足する。
いつまでも売り上げなんて上がらないが、売り上げが上がらないと嘆いてまた別の記事を読んで「いいね!」なんてクリックする自慰中毒患者の無間地獄
ネットで月収1000万円情報起業の不思議な稼ぎ方ネットで月収1000万円情報起業の不思議な稼ぎ方
室賀 博之,菅野 一勢

中経出版
売り上げランキング : 177833

Amazonで詳しく見る

自分もまたその「テクニック公開」なんてやっている人間のアフィ収入を手伝っているだけなのに。
調教されたプロ(と自分では思っている)のカモ。
そして自分も同じ「テクニック公開」をやって誰かにアクセスさせ、クリックさせる。
結局ピラミッドの一番上だけが一番儲かる仕組み。
ねずみ講と変わらん。


【2.ネットユーザー=カモ】

duckhunt
duckhunt / miguelb

この手の記事は「いかにアクセスさせるか」「いかにクリックさせるか」を言語化してる。
普段インターネットをやりながら
「この記事のタイトルをつけている意図は果たしてなんだろう?」
など考えてクリックしている人は多くはない。
仮に
ブログを初めてひと月で100万PVを達成した驚くべき方法とは?!
そんな記事があったとしてクリックして見てみればそこには
「スマホからのアクセスを考え広告を記事の冒頭に置こう(誤クリック誘発しますけどー?)」
「文中に広告を置けば売り上げが上がる(それって記事を読んでる時に間違ってタップするからじゃね?)」
「検索エンジンに引っかかるにはキーワードを...(それって中身は無いって事だよね?)」

とかいう様々な金儲けのための「テクニック」が載っている。
そういうテクニックによって一般のネットユーザーは金儲けしたい方々のためのいいカモになっていて、どんな風に自分たちが
「広告を間違ってクリックしてしまうのはなぜか?」
「商品の使い方が知りたいだけなのに宣伝みたいな記事を読まされるのはなぜか」
「タイトルだけそれっぽい中身が無い記事にアクセスしてしまうのはなぜか」

そういう裏側がわかってしまう。
アフィブログをやっている方々にとって、インターネットでページを見ているユーザー1人はただの「PV1」に過ぎない。
どこどこの誰々では無く、記事を読んで共感してくれたり喜んでくれる人の1人ではない。
ただの「1クリック○円」してくれるためのただの数字でしかない。

情報商材、有料サロン、まぁ色々ある。


【3.個性のテンプレート】

なぜアナタのブログは読まれないのか?!
アナタのブログがつまらないのは個性がないからだ!!
ドーーーーン!!!!!!f:id:paradisecircus69:20131010111603j:plain
そして並ぶアクセス倍増テクニックの数々。
・タイトルには数字を入れよう
・タイトルには30文字前後がいいとされています
・画像を入れることでイメージしやすくなります
・まず最初に「幾つの事を書くか」数字で示す。これはジョブズも使った...
・記事は2000文字を目標にしましょう
・箇条書きで書いていくとわかりやすい
・最後にまとめをつけよう
・バズるための投稿時間はいつなのかetc...

そしてそういうテクニックを真似すればアナタにも数か月で100万PV間違いなしの個性的なブロg...あれ?
おかしいな。
どっかで見た事あるような...。

こうして大量にライフハック、自己啓発~キャリアポルノが生産させる。
どこかで見たこぎれいで、既視感一杯のブログ。
そんなのが同じテクニックで幾つも幾つも造られていく。
見たような画像、みたような文章構成、みたような広告の配置。
どこかで見た記事、どこかで聞いたテクニック、自己啓発書の丸写しと引用で書評を書いて、どこかで読んだライフハックを真似してみましたとかって記事が書かれて...。
個性個性と言われて言われた通りのものを造ればもうそれは個性にならない。
そしてネットはそういう「誰かの金儲けのための劣化コピー(トラップ)」のデータでサーバーが埋まっていく。

ちなみにどこぞのアフィリエイターは数百のブログを作って収入が増えたと自慢してらっしゃいます。
「自分の収入のためにゴミをまき散らした」と言う自慢とニアイコールですね。


【まとめ】

Dust !
Dust ! / Craig Sunter *Click-64*

別にブログで金を儲けるのは悪い事では無い。
自分にしても多少なりともアクセスがお金になってる(バイトした方がよほど儲かるけど)。

とはいえ「アフィリエイト目的のブログ」が嫌なのは、その中身が
「それを作ったやつが金を儲けるため」
そのためにしか存在していないからだろう。
品物を売る、広告をクリックさせる、PVを上げて収入を得る。
そしてそのテクニックを書いてそのPVで同業者から儲ける。
PVを上げたい、PVを上げるには、クリックさせるには、検索に引っかかるには。
そこにはブログの中身を向上させたり、独自の見解や意見、その人にしか出せない何かは存在しない。
誰かに読ませたい、読んで欲しい、ではない。
ただただPVという数字を上げたいだけ。

もし自分が買って使った感想を正直に書いているならコンテンツとして成立しているし、たとえアフィリエイトだろうが信用もある。しかし多くのアフィリエイト(まとめサイトも含め)は使ったことも無い「売りたい商品」をただ褒める。
何の参考にもならないし、情報としてはデマと変わらない。

紋切り型でどこにでも転がってるような、何の役にも立たない既視感一杯の広告、宣伝、誤クリック誘発のクソコンテンツが毎日毎日作成され、調教されたカモがそれを目につくようなところまでアップしてくる。
誰かが読み誰かのためになるのではなく、誰かの心に残るものでもなく、単に儲けるためのゴミ。
そしてそれで儲けて名が売れればどこぞのヒルズ族の「数秒で億稼ぐ」だの言いだし、セミナーを開いてまた自慰患者たちから儲ける。
エゴと欲望は、ネットにもゴミを生み出す。
それはこれからも変わらない。
ピラミッドの上に行けばいくほど、ゴミをまけばまくほど、カモを手なずければ手なずけるほど儲かるシステムは確立してる。
そりゃ、うさんくさくないわけがない。


こんなところで何を書いても何も変わらない。
ただこれを読んだ人が、そういうクソを一つでも踏まないように、クソをまき散らさないようになれば、それはそれでいいんだろうと思う。

どうか1人でも多くがクソを踏みませんように。
南~無~~~♪
プロ・ブロガーの必ず結果が出るアクセスアップテクニック100