水面で輪踊る有名ブロガーと泥濘を這いずる泡沫ブロガー

・ブログって。
http://norirow.com/archives/15689

・【わいわいしてきた!】ブロガーによるブロガーのためのお祭り「ブロフェス2013」 #ブロフェス2013
http://smartphoneg.hatenablog.com/entry/bloggersfes2013


先日のブロガーサミットだけじゃなくってブロフェスってのもあったらしい。
誘われたことないが(行かないと思われてるし、確かにその通りなのだけれど)。
ウチは結構マッチョなので、そういう場で
「やぁやぁ、みなさんどーもどーも」
なんて出て行った日にはスペツナズに暗殺される可能性は充分にある。
もちろん頭に一発、心臓に二発撃ちこまれ確実に殺される。
もしくは腹部に撃ち込んで動けなくするか、防弾チョッキの隙間から銃弾を叩きこまれるかもしれない。
スペツナズナイフ眼球に刺されて脳をかき回されて死にたくはない。
ロシアの機密情報には触れてないってのに。

このブログで、もう三つだか四つだか。
PC8801だか、PC9801だか、CRTのiMacだかで、一番最初にホームページをやった頃はmixiすらなかった。
他者と交流も特にないブログをやってたし、でも通りすがりのひどいコメントとか、当時2chに貼られて炎上とかも経験した。
で、久々にこんなしょーもないブログを始めたわけだが、気づけばブロガーってのはアグレッシブにブロガー同士で交流してマイムマイムを踊ったり、公演をやってご利益のある壺を売ったり、アルファって冠を被って台に上がったりもする。

富(アフィリエイト)!名声(アルファ)!影響力の魔法!!
この世の全てを手に入れた男、アルファブロガーイ○ダハヤト!!!
彼の死に際に放った一言は人々を海へ駆り立てた
「ボクの財宝か?欲しけりゃくれてやる、探せ!この世の全てをスタバに置いてきた!」
ブロガーたちはアルファブロガーを目指し、PVを追い続ける。
世は正に大ブロガー時代!!

===(以上、一部妄想)===
さるさる日記にしようか、ブログにしようかなんて迷えた時代とはずいぶん違う。
teacupで掲示板借りて、忍者カウンターつけるか、みたいな。
ちまちま記事を書いて1日15アクセス。
そんなのも今は昔。


・ブログ書く人書かない人
http://akamapi.hatenablog.com/entry/2013/10/21/115629

はてブ始めて2週間くらい経つけど、自分のブログ云々ではなく、みなさまのブログを見回って、ブログを書く人ってみんな考えすぎてる人で、頭からだだ漏れてしまう思考、主張、考えを、ブログという受け皿に溜めている人々の集まりなんだなあと、自分の中で結論付けることができました。

つまりは、考えすぎて困っているのは自分だけじゃないんですね!
この事実だけで気が楽になります。

実生活に満たされない部分があって、それを補うためにブログをやっているなんて悲しいことはないんだな。

いろいろ動機は違うと思う。
ある人は「人の役に立ちたい」だろうし、ある人は
アルファブロガーみたいになりたい」「小銭を稼ぎたい」「ただの日記」
ブログ論とかしょーもないので書くつもりもないけれど、inujinさんの
・サードブロガーに、なりませんか。
http://inujin.hatenablog.com/entry/2013/10/18/053532
その後SNSが発展して誰でも気軽に自分の伝えたいことを発信できる時代になったのにも関わらず、いまさらブログを書こうとしている人である。

第一の波にも、第二の波にも乗らずに、なぜか今頃現れた、第三の人間である。

と書いているように今ってフローの時代なんすよね。
ストック型は、流行じゃない。
でも流行ってないからこそ面白いと思う。
ちまちま誰が読むとも、読まれないかも知れないような記事を書き続けて、読まれても読まれなくてもそれなりのものは書きたいと願い、色々と参考にして「アナタのブログが読まれない理由は?!」「ブロガーに最低限必要な文章テクニック5つ」「ジェブスも使った読ませる魔法の文章術」とか胡散臭いタイトルをついついクリックし、それで書いてもアクセスは微々たるもので、同じような中身を誰か別の人が書いてはてブの桁が違ったりするのを見てがっかりして、それでも懲りずに書いて、気が付くとある日ものすごいアクセスがあって驚いてブコメを見たら袋叩きにあって大炎上してるとか。
無難にツイートしてふぁぼられて満足してりゃいいのに、無料で誰でも読める上に文句まで言われるかも知れないのに、奇特に書き綴ってる方々が今のブロガーだったりする。

でもそんなブロガーもセミナーやイベントなど今どき流にアグレッシブにブロガー同士で交流し、横のつながりがあって「○○さんのブログ参考にしました!」「憧れの○○さんブログは師匠的存在で...」みたいな現実世界でもリア充なのかなーって言う交流風景があるかと思えば、ウチみたいにidコールがあるたびに「放課後体育館の裏へ独りで来い」なんて呼び出されるイメージで、山ほど釘を打ち込んだ木製バット持って出向いてみたら思いっきりDisられてるとか日常茶飯事のマッドマックスサンダードーム的マッチョな風景もある。

ある人にとっては日記だし、ある人にはコミュニケーションを生み出している。
「ブログをやっていなければ今ごろこんな大勢の人と知り合う事も無かったろう」
みたいな人も居て、そういう人は何やら謳歌してる風に見える。
どちらが正解ってわけでも無いんだろうが。


まぁ、何が言いたいかっつーと。
アルファだのサードだのガンマだのてのは、そーいうブログ界の繋がりの中でクルクル輪舞曲を踊るスポットライトの中にいる方々のモノなんだろう。
薄汚れたはてなの隅で、ベッドから無数に伸びる鎖とフックに皮膚と肉を全身千切られそうになりながらパズルボックスをいじってなんとか異世界の扉を開いて延命しようとしてる自分とは違うんだよなぁ。

ベクトルも受け取り方も考え方もスタイルも書き方も何もかも違うブログは、同じサーバーにあったとしても一度も交流することはない。
以前に「毎日10万アクセスあるのでプロブロガーになります」なんて記事を見かけたが、そのブログを知ったのはその時だし、それ以降も見た事がない。でもそのブログは毎日10万人が見ているんだそうだ。

次、この「ど真ん中」に立つときは、
オレのパワーホール全開でこの「ど真ん中」に立ってやる!

長州力

光の当たるネット“セカイ”の中心部でアルファやベータやガンマやセカンドやサードが舞い踊り、ヘドロが堆積した水底にウチみたいな泡沫ブログはあって、そんな水面の輝く中心を見上げながら悪態をつき、泥を舐めて過ごす。
洗練された水面のアルファの端正な味に飽きた悪食好みの変わり者がたまに見に来る僻地にあるのがここ
はてなの吹き溜まりの一角、汚染地区の最深部。

壺中の天地にも色々ある。
過去見て来た「ブロガーとは」語りの気持ちが悪さってのはその辺りが原因なのかも知れない。


それにしてもアクセスも伸びないし困ったもんだ...。
場末ってのは集客がよくないねぇ。
必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意