ブログと読者だけの関係

http://www.flickr.com/photos/28050552@N03/2695161620
photo by Rafael Amado Deras

先日の「選手と観客」じゃないが、ブログを書く理由がどーとか盛り上がってるのでいっちょ噛み大好きだし、横槍ってみるね。
☆(ゝω・)vキャピキャピビーム

れじゃー軽ーくツッコんでいきますよー*1

僕はネットには2種類の人間がいると思っている。生産者と消費者だ。生産者はコンテンツを生み出す人間、消費者はそのコンテンツを消費する人間のことだ。そして、ネットユーザーというのは圧倒的に消費者が多い。僕は今も動画やまとめサイトの消費者であるし、ブログを公開しているという点では生産者であるともいえる。

僕がブログを書く理由 - World Journal

生産者と消費者とか選手と観客とか皆さん二元論好きやねぇ。
ウチは二元論好きじゃないんですわー。
だって生産者は同時に消費者でもある。
消費者は同時に生産者でもある。
ん?具体的に?

「生産者は同時に消費者でもある」は判るよねー?
ブログを書いて「生産」してる人は他のブログとか記事を見たり「消費」してる。
では逆にブログを書いてない「消費者」はどーか?
でもSNSを何かしらやっててそれがRTされる、ふぁぼられる、メンションが来る、いいね!される。
それって誰かに自分の発言が「評価(消費)」されてるって事なんすよ。
だから「消費者は同時に生産者でもある」
ネットにおける完全なる「消費者」はSNSを行わず、ブログを書かず...絶対数少なそうだなーそれは。
つまりネットにおいては
大多数の「生産/消費」ユーザー
そして一部の「消費のみ」ユーザーがいる、って感じか。
批判すれば批判される。
語れば語られる。


ま、元記事の後の部分は自由なのでどーぞどーぞ。

理想としてはChikirinさんとかのようなブログを作りたいけど、それは厳しいかもしれない。

僕がブログを書く理由 - World Journal

言いっぱなしパワーボムで議論をせず燃えても無視。
大胆な持論を延々展開して魂が削れなければちきりんくらいにゃ成れます。
論理が破たんしとったらただのイケ●ヤになっちゃうけどね。
☆(ゝω・)vキャピキャピ



ブログは自己満足でいいと思うんすよ - ロックンロールと野球とラーメン

【雑記】ブログは自己満足で書けない - 本しゃぶり
ーまーまー。
ちょ、をちつけww*2

過去に何度か書いてることの繰り返しになるんだけれども、ブログってプライベートモードにしてないって事は「読まれる/見られることを意識して」書いてる。
観られなくていいなら日記にでもすりゃいいんだから。
「読まれなくてもいいけど書いてるー」
それはそれでありだけど、でも見られた時のことは当然想定する。
セキュアで区切られた場所でもない限りその文字は「見られる」ものだと思うのが正しい。

ウチは読まれることを意識して書いてるなー。
そりゃ、じゃなかったらiOSタブレットでYOUTUBEレンタルを使う方法」なんて書かない 笑
日記で書いてるならそれはただのメモ。

なんで俺がこんなに書いたかというと俺が何かを始める切っ掛けは「これなら俺のほうが上手い」と思うことが多いからだ。特にネットに何かを発表する時はほとんどこれ。ネットではよく『神』と賞賛されることがあるが、全然大したことないものが『神』と賞賛されていることがある。俺はそういうのが許せない質なので文句を付けたくなる。「この程度で神なら俺は一体何なんだ」と。そしてそれを証明するために全力で作る。

【雑記】ブログは自己満足で書けない - 本しゃぶり

ウチは元々ガジェットとかiOS系アプリの記事を書いてた。
その切っ掛けはリンク先の方と同じように
「絶対入れるべき神アプリ12?毎度毎度神神うるさいのー!!」
「ろくな検証もしてなくて画像貼ってるだけでファーストインプレッション?!笑」
「こんなしょーもないアプリをよく絶賛できるよな?」

みたいなク●ガジェット系記事を大量に読んだフラストレーションからブログを始めて、まぁ結果好きなことをダラダラ書く系のブログになった次第。
今でも「seeq スキーム」とかググればウチの過去記事が上位で引っかかる。


f:id:paradisecircus69:20130724110524j:plain
はいえ「誰かの為に!」「お役に立ちたい!」と思って書いてはいないなぁ。
だってどれだけ親切心で書こうが他人からすればそんなもんは知ったこっちゃない。
「役に立ちました」
と言われりゃそりゃ嬉しいがそれを期待して書くのは違うかなぁ。
オレはズルいので、記事の最後に「おススメです」と書くけど別におススメの気持ちは無くって、観たいって希望があるならこれは良いんじゃね?でもみたくないってもんをみせたいと思ってるわけでもなく、アクセスした人間がどう使おうがそれこそ勝手。
だから好きなモノは好きと書くし嫌いなモノは嫌いと書く。
読んだ記事がおかしいと思ったら書いてるだけで、別にその相手に対して悪意はない。
それを「自己満足」と呼ぶなら自己満足だよね。
評価基準を絶対的に自分が握ってる。
誰かしらに喜んでもらうような記事を書きたいな、じゃなくて「オレはこれを言いたい」の記事。
誰かの評価をウケるかウケないかの結果はもちろんわからないが自分では満足できてる。
そこに他者評価の基準がダブスタで入ってくると「オレはいいこと書いてるつもりなのに読まれねーなー」っていうよくある売れないお笑い芸人の愚痴みたくなる仕組み。

f:id:paradisecircus69:20130510124533j:plain

他者に読まれること、
他者に評価されること、
自分が書きたいこと、
自分が言いたい・読ませたいこと、
誰かに役立ててほしいこと、
他者評価と自己評価の差、
それぞれのパラメーターがあって、それぞれに振り分けられた数値は微妙に違って、だから色んな意識で色々と書かれてるし、そういう多様性がブログって面白いと思うので好き勝手に自意識満載で書けばいいんじゃないですか 笑
ダメだったら燃えるだけ、つまんなければ無視されるだけ。

はちま起稿  月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素顔とノウハウ

はちま起稿 月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素顔とノウハウ

やべぇよ!!オレも月間1憶2千万回読まれてぇよ(棒読)

*1:重くツッコむと怖いとか冷たいとかクソ野郎とか言われるので軽め軽めで

*2:いつも言われるから、言ってみたかったw