デマ記事をブクマしたいならメタブにしとけ

http://www.flickr.com/photos/66074203@N00/4776035578
photo by Skokie Public Library

タイトルまま。
(正直、言及すらしたくないが)今日も例のデマブログが
同人誌即売会に行った大学生は内定取り消しになる」
http://megalodon.jp/2013-1219-0940-01/ya.hatenablog.com/entry/2013/12/18/172237【魚拓】
と言う記事を挙げててこれに60以上もブクマが付いてる。
fukken氏のブコメを引用するが

ブックマークする連中も同罪というか、「TVを糞にしたのは視聴者」と同じ理屈で、ブックマークしてしたり顔で批判してる連中が諸悪の根源。このブックマークも該当するわけだが、一回だけ書いておく。
まさにその通りでオマエラが進んでブコメしてホッテントリさせて利益与えてどーすんだ、と。

正義というのもおこがましいけどなんかこう線を引きたくなるレベルについて - novtan別館
“生涯一はてなブロガー”NOV1975さんところでも話に挙がってて

はてな村の面々が「俺はこういうのが許せないという芸風」で全力でボコっているだけです。ええ、芸風なんです。

くだらないウソでイラッとさせられた奴になんて言う?「俺をイラッとされるな!」っていう?「くだらないウソつくんじゃねえよゴルァ」って言わない?

そういうこと。

ブロガーってデマの輩相手は、PVがエサだと思ってるから魚拓とかとりまリンクを貼ることすら拒絶したり、ロジックを組んで理論武装した上で「だからお前は悪いんだ」っていちいち脊髄反射と本能的な嫌悪感に理由を付けた上で釘付バットでフルスイングしたいめんどくさい生き物なわけで。
では、バットに釘を打っていきます。


倫理観のあいまいな低さ

こういう嫌悪感ってのは2chまとめ系ブログとか、アフィサイトとか、釣り垢相手にも通じる部分であって、しかしそれが希薄な方々も絶対的に存在して、その傾向は若い人に多くみられるような印象を持ってる(個人的偏見)。
実は以前にいかにも若い感じ(読んでる文字の感触として)の方が「まとめブログが何をやっても自由だし、それに文句を言うのは間違ってる」と無根拠に書いてる記事を読んだことがあって、それに対してついてたブコメで「その通り!納得!!」と書いてるのも10~20代らしき垢(プリクラ)を見かけたことがあり、そのイメージがとても強い。

ツイッターの無断転載やツイートの無断盗用を平然と行う。
他人の創造物を自分のものとして使うリツイートと言うもの*1が当たり前になって、ネットの上に無料のコンテンツがゴロゴロ転がる。
ネットでの「情報と製作・掲載者の繋がり」が曖昧になって、
「音楽なんて買わなくて、YOUTUBEで見ればいい」
というネット民の言葉の先には「Youtubeで無料で視るだけではその音楽を作ってる作者へ利益が還元されない」ということより、儲けられない仕組みの方が悪い、となってるのかも知れない。
だったら無料で視れるようにしなきゃいい、とでも思ってる。
割られるのがいやなら、割れないようにしとけ。

無料で視れて当たり前、無料で聴けて当たり前。
情報の価値がだから下がって行く。
ひとつひとつが軽薄になるから嘘でもデマでも元々の価値がない分どうでもよく感じる。
そして誠意がなく責任を感じない倫理観の欠如へ繋がる。
ま、このあたりはあくまで裏付けも無い心証だけれど。
f:id:paradisecircus69:20130508113255j:plain

実例集

偽典『野原ひろしの名言集』成立過程が面白い。『正義の反対は別の正義』はどのように紛れ込んだか PE2HO
いいか、しんのすけ。
正義の反対は悪なんかじゃないんだ。
正義の反対は「また別の正義」なんだよ。
このクレヨンしんちゃんの名言とされるデマを追った記事で、この記事自体の信ぴょう性を疑っても仕方ないのだが、それにしてもこの手の「いい話デマ」はとても拡散されやすい。


Facebookで人気の「有名なバイオリン弾き」は限りなくデマ(追記あり) - Hagex-day info
「地下鉄のバイオリニスト」再び - あざなえるなわのごとし
hagexさんとことウチが書いてたが(セルクマだけ?!)地下鉄のバイオリニスト記事の改竄も有名な話。
「ハーバード大学図書館、朝4時の風景」はデマ - Hagex-day info
こんなのもあったな。


公式なのに企業が存在しない謎のクリスマスプレゼントアカウント一覧 - Togetterまとめ
TWITTERにはこの手のウソアカウントが多く、しかもこの手のアカウントの被フォロワー数は数万を越えてるんだから呆れかえる。
【公式】と書いてあれば信じるし、騙される。
うちらの世界」なんて話があったが、そういううちらの輪の中にリテラシーの強度を求めても何も届かない。
「そんなに低リテラシーの人間なんていないって」
と思っている方々が思っている以上に一般的なリテラシーとはとても低いし
リテラシー?何それ?美味しいの?」
と言うのが実情。

この香ばしいツイートも1万7千回越えてRTされてる。


「スクリーンショット転載」で広まるデマとその問題点 | 情報科学屋さんを目指す人のメモ
こちらはスクショを使ってデマが拡散された例。
スクショがあるから信用出来る、と言う無防備さを突いてる。


最後に

嘘サイトと自ら騙されに行く人達 - Life like a clown
これまで Web 上でいろいろな記事やコメント(呟き等)を閲覧していて気付いた点の一つとして、「世の中には、自らの主張や利益のために、(嘘と分かっていても)すすんで嘘に騙されに行く人達がそれなりに存在する」と言うものがあります。上記に関しても、嘘記事(デマ記事)と分かってはいるが、多くの反響が得られそうなので敢えて騙された(まとめた)のだろうと思います
進んで騙される輩、騙されたふりで拡散する輩。
そしてブコメを付けてわざわざホッテントリさせる輩。
はてなでブクマする方々はリテラシーが高いかと思いきやそのブコメが生み出す結果を想像すらしないのか。まぁ毎日のようにアホみたいな2chまとめがホッテントリしてる現状を見ればそういうリテラシー云々では無く
「面白ければなんでもいいだろ」
といういろいろ残念な想像力欠如した視点が多いのもよく判る。

くだらないデマ記事はメタブにしとけ。

PS.
情報の発信者になっているブロガーが自分の書いている記事や、他の情報に対して責任や倫理観への理解が低く、過去の事例をggrことも無く、デマでも何でも面白けりゃ別に構わないし、騙されるのはリテラシーが低いやつが悪いとかって言う程度の薄っぺらい価値観しか持ってないならそんなヤツの書くモノは何一つ読む気もせんわ。
風評被害~そのメカニズムを考える~ (光文社新書)

*1:本来は引用だが、それをリツイートしてるオレと言うメタな価値観がある