ブログの向こうの無数の風景

ブログは「個人の」日記という違和感からブログとは何かを考える - novtanの日常
掘り下げても何も出ないネタだし、思い入れがあるわけでもないのですが一応。
novtan氏がどういうスタンスでこの記事を書かれたのかはよく判らないのだけれども(主語を曖昧にしているし)、例えば取引先の偉いひとなんかがブログをやってたりするんだけど、そういうブログは今だったらフェイスブックに書かれるような「花見に行きました」「新年会やりました」みたいな中身で、いわゆる「うちら(身内)の世界」的な閉じた意識で書かれてる。
もちろんウェブは開かれているんだけれども読者想定はあくまでも血肉を持った知り合いだけ。

ウェブに書きこむ文字は一言一句誰かに読まれることを想定してる。
制限をかけてない限りは誰が読んでもおかしくない。
ただその「読まれるのはどれだけの範囲なのか?」と言うスケーリングの想定が書き手によって全く異なるということをついつい忘れる。


うちらの世界」しか意識していない、不特定多数に読まれないことが前提で書かれた個人の日記の延長線上でしかない個人のブログは、やはりpvなんて上がるわけもなく横ばいで構わず生存してるし、取引先の偉いひとなんかはそれでも社内行事なんかの写真をアップロードして「この前のこれ盛り上がったんだよー」とか言う。
読んでいる人間は何かしら検索するなり、ホッテントリなりで見つけてブログにアクセスして、そこに書かれている中身が特定コミュニティ宛ての私信だったり「うちらの世界」だったりすると、コミュニティ宛てのモノをどうして不特定多数が見られるウェブに上げやがるんだファッキンマザーファッカー凸って気持ちになるんだろうけれど、だってブログが可視範囲を特定できるサービスで無いからと言ってそれを書いてはならないという道理はないし、そんなものを見つけたらそっとタブを閉じればよろしい。

ここでいまさら「個人の」という言葉を使うことは、全くわからんということでもないんですよ。曰く、ウェブは公共空間である、という向きにとっては「個人の」日記って塵に等しい価値しか持たないかもしれませんね。ウェブに書かれるものは少なからず他人にとって価値があるものであるべきと。
この「価値」ってのが厄介で、書き手には価値があるし、特定の人には価値がある。
でもそれ以外の人には価値がない。
じゃあそれってトータルとして価値がないのか?と言われればそうじゃない。

不特定多数が読めるところに書くなよと言われても
「誰でも読めるようにしとかなきゃ向井のおばあちゃんとか清水さんとこのおじいちゃんとか滝沢さんとか読んでくれてるし」
それ以外の人間には価値が無くても、読者が一人でも二人でもいればその人に向けて価値がある。

個人という空間をウェブのどこにマッピングしていくかというのはひとつの重大な課題であって、2013年を賑わせた炎上事件の数々はまさにそのマッピングすべきサービスを誤っていたことが原因とも言えましょう。なので、ブログにマッピングされるものが何であるか、というのは古くて新しい話題であり、TwitterやらSNSやらでマッピング先が変わったのと同じような話がこの先も出てくるんでしょうね。


書き手と読み手の認識の差と言うのは間違いなく存在して、誰しもがはてなクラスタのようにメタまで想定していたりするわけもなく、突然ブクマされてブクマの存在すら知らないから「どうしてPVが増えてる?何が起こってる?」なんてブロガーだって存在する。
そういう書き手の見ている風景は、墓標のようにはてブタワーが乱立する荒涼たる修羅の国「はてな村」とは違う。
世間の見ている風景には、おさんぽようじょでパクった甘酒が特定された件は無いし、新幹線で赤ん坊が泣いて舌打ちするとかしないかでもない。

子供の成長記録だったり、庭の花が咲いただとか、朝焼けが綺麗だったとか。
フェイスブックはそういう「ウェブ上で個人を開示しコミュニティとして繋がる」機構として出て来た。
承認欲求充足装置としての側面ばかりが取り上げられるけれど、特定コミュニティでの補完機能も持ち合わせているんだろう。
「そんなもんフェイスブックに書け!」
といわれてもブログは書けば書くほどログが積み上がり、その資産に個人であればあるほど思い入れという数値化出来無い感傷要素が増えるし、だから個人のブログは存在し続ける。
70くらいでパソコン教室に通い、ブログと言うものを始めて、ゲートボール大会の様子とか、詠んでみた俳句を書いてみたり。
そーいうのはクソくだらなくっても孫や友人には意味がある。
「誰もお前の日記なんて読みたくない」 考察記事の書き方について
昨日こういう記事に言及したのだけれどもこの言及先の方の言うところのブログと言うのは「自分メディア」であって、情報発信の基幹として自分を捉えていて、読者想定が不特定多数のウェブの彼方。方法論として一部クラスタ向けに絞り込むことによって読者を特定し定期購読に導こう、と言う指南が主題
だからこそ「自分メディアに個人日記を混在させんじゃねぇよ」という主張になっている。
確かに一理あるし、安価に自分メディアをやれるのもブログの利点だろう。
しかし日記としての側面もあるし、それは書き手の意識によるとしか言えない。
やりたい方向性に合わせて好きにやれば良いし、正しいやり方や方法論なんて無い。
「オレはこうやる」は存在しても「これが絶対正しい」は無い。
f:id:paradisecircus69:20131226170046j:plain

書き方を指南したり、PVを上げるためだの、文章術だの、やってはいけないことみたいな記事コメント欄の残念な反応が、ブログの自由さとか思考の範囲を狭めてしまったりしているんだろう。
ある時は「ブログとは個性だ」と言い、ある時は「こう書きましょう」「こう書いてはイケません」と言い出す。
その度に右に左に納得し振り回されるPVに悩む泡沫ブログ。
失敗していろいろ試行錯誤すれば経験値も積み上がるし自分なりの方法論も出来上がる。

まぁ「ブログで金儲け」なんて人らは住む世界が違うので好きにやればいい。
f:id:paradisecircus69:20140106153554j:plain

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア"の極意