小川一水「天冥の標 6 宿怨 PART3」

※ネタバレ含む
天冥の標 6 宿怨 PART3 (ハヤカワ文庫JA)

西暦2502年、異星人カルミアンの強大なテクノロジーにより、《救世群(プラクティス)》は全同胞の硬殻化を実施、ついに人類に対して宣戦を布告した。
准将オガシ率いるブラス・ウォッチ艦隊の地球侵攻に対抗すべく、ロイズ側は太陽系艦隊(システムフリート)の派遣を決定。
激動の一途を辿る太陽系情勢は、恒星船ジニ号に乗り組むセレスの少年アイネイア、そして人類との共存を望む《救世群(プラクティス)》の少女イサリの運命をも、大きく変転させていくが――第6巻完結篇
Kindle版で読んでいるので最新刊の「天冥の標VII 新世界ハーブC」は電子書籍化待ち。
こういう連続ものの途中が、一番記事を書きづらい。


宿怨PART I~IIIまで続いた壮大な救世群vs人類との戦いも最悪の結末へとまっしぐら。
すべては、ミスチフとノルルスカインの掌の上。<<救世群>>の憎しみは晴れぬまま人類の天敵<<咀嚼者 フェロシアン>>へ変り果て、メニーメニー・シープへと展開していく前日譚。

張りまくった伏線を収束させつつ新たな伏線が張られて、まだまだ底が見えない。
読んでいるといつの間にか<<救世群>>側に立って読んでしまうんだけれど、これはMHDのジェズベルの(ミスチフに乗っ取られているし)印象が強いからか、<<救世群>>側の虐げられ方がつぶさに描かれているからか。
救いの無い話は救いの無いまま未来へと持ち越し。
しかしこの人類全体を含む物語が収束してもそれはミスチフとノルルスカインの小競り合いの一つなんでしょうね。メインストリームは微動だにしてない。
いやはや壮大な話。
ここまで来たら最後までお付き合いします。

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)