「岡村靖幸っぽさ」の研究

泣いちゃいそう冬/鋼の意志【ももクリ2013開催記念シングル】
今さらだけれど、ももクロの「泣いちゃいそう冬」は、とても岡村ちゃんっぽい。
ジャケットはバブルを思わせるクリスチャン・ラッセン。「泣いちゃいそう冬」の作詞作曲は広瀬香美、「鋼の意志」の作詞作曲はアルフィーの高見沢と言うオヤジホイホイ仕様になってる。

広瀬香美っぽい=岡村靖幸っぽい、になるのかどうか(広瀬香美の曲を知らない)知らないが、聴いていると岡村靖幸が作曲、もしくはアレンジしたんじゃないかと思える。
違うだろうけれど。
岡村靖幸っぽい」というその「っぽさ」ってなんだろうか。

ちなみに「鋼の意志」はアルフィーっぽい。
高見沢だけにAメロBメロ、曲の組み立てがシンプルで歌詞もベタ。
盛り上げ場でホーンを入れてみたり終始ベタ。
レンズマンの時代の曲と言われても納得しかねない(悪い意味...ではない、多分)。


アコギ


川本真琴「愛の才能」 - YouTube
岡村靖幸っぽさ」というとまずアコギの鳴りを連想する。
川本真琴の「愛の才能」を初めて聴いたとき、作曲が誰か知らなかったが「あれ?岡村靖幸っぽくね?」と思ったくらい冒頭から「岡村靖幸っぽさ」が出ていた。
最近は自身でセルフカバー(作詞は違うけど)してる。


喘ぎ


岡村靖幸「ビバナミダ:2 minutes version」 - YouTube
次に連想するのは「うっ」と言う喘ぎと言うかブレスと言うか、岡村ちゃんが和製プリンス(笑)と言われるようにプリンスとか、ゲロッパとか、マイケル・ジャクソンとかファンクな音の方が多用する。
近作「ビバナミダ」でも「うっ」が頻出。

そういえば在日ファンク「爆弾こわい」岡村靖幸リミックスの相性のよさは異常。
ファンク+ファンクでどハマり。

在日ファンク / 爆弾こわい 岡村靖幸REMIX - YouTube


子供の声


岡村靖幸-あの娘ぼくがロングシュートを決めたらどんな顔するだろう - YouTube
「暴れまくってる情熱(ヘイッ)♪」に使われてる子供の声でのコーラスなども岡村靖幸っぽさの一つ。

岡村靖幸 だいすき - YouTube
エローい曲も書くし、コミュニケーションが上手くない子供っぽい一面も描いて見せる。


歌詞の詰め込み方


岡村靖幸 どぉなっちゃってんだよ JUSTPOPUP - YouTube
映像が時代を感じさせるけども、この「どぉなっちゃってんだよ」に見られるように歌詞の詰め込み方。「泣いちゃいそう冬」で言えば「ジャイロスコープだって~」以降の部分の駆け足で詰め込んでる感じが岡村ちゃんっぽさを匂わせる。


ベイベ


Yasuyuki Okamura AND Takkyu Isino come baby ...
岡村靖幸頻出ワード「ベイベ(Baby)」
「ベイベ!週刊誌がオレについて書いてることは全部嘘だぜ」(via.どぉなっちゃってんだよ)など岡村靖幸の曲は「ベイベ」が多い。ファンもベイベだし。
ももクロの「泣いちゃいそう冬」にも
「1人じゃないもんベイベ、キミと一緒だもんベイベ」
と言う歌詞が広瀬香美にも拘らず岡村靖幸っぽさを匂わせてしまってる。


マーチングバンド

「泣いちゃいそう冬」を一番岡村靖幸っぽくしてるのはこのリンゴンと鳴るベルの音や鉄琴の音。

岡村靖幸 ミラクルジャンプPV - YouTube
太りまくってる時期の「ミラクルジャンプ」にも使われてる。
マーチングバンドとかにぎやかで晴れやかなイメージを連想させる。
この音は他にもかなり使われていて、こーいうマーチングバンド的な音を鳴らされると岡村靖幸っぽさが出る。
「泣いちゃいそう冬」でもこの音が鳴っていて岡村ちゃんぽい仕上がりになってる。



泣いちゃいそう冬 - ももいろクローバーZ & 広瀬香美 - YouTube
しかし音源ではなくこうやって生演奏だとあまり岡村靖幸っぽさが出ない。
アレンジが「っぽい」ってことなんだろう。