A.池上&細川で飯を食ったから

最近ちょっと、池上彰さんのことが、わからなくなっている。 - いつか電池がきれるまで
ブコメにも書いたのだが一応。

僕は池上彰さんの著書をたくさん読んでいますし、池上さんというジャーナリストがいてくれるおかげで、いろんなことを知ることができて、感謝しています。
ただ、最近ちょっと、池上さんについて、「わからなくなっている」ところがあって。

この参考リンクの記事では、舛添さんが「池上さんは細川支持なのではないか?」と判断し、質問を避けようとしたのではないか、と書かれているのですが、僕はちょっと意外な気がしたのです。
舛添さんは、池上さんのどこを、あるいは何をみて、「細川寄り」だと考えていたのか?

都知事選特番は2番組あって、MXとテレ東。
自分は両方録画してみてたんだが(どちらか忘れたが)その冒頭、
【都知事選】細川氏からの出馬打診に池上彰氏が逆提案「細川さんが出た方が…」+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
この報道の中身を池上氏がフリップ(丸いテーブルを囲んでる画と顔には写真はめ込みの紙芝居)で説明してて
「こういう報道があったので(舛添氏は)自分のことを細川氏陣営だと思われているので、それで避けられてるんでしょうね。別のアナウンサー(名前)出したら即インタビューオッケーでした」
といういつもの黒池上無双を炸裂させてた。
「石破さんは逃げずに来ていただきまして」とか言ってたけっか。


ニュース記事にしろそうなんだが前後の文脈や断裂させた情報と言うのは恣意的に加工されやすい傾向がある。
特定の情報を欠落させるだけで文脈が変わってしまうことも多い。
特にネットは(今日もそういう記事が幾つかあった)引用などで文脈が切れてしまうのは日常の光景。

...などと言う事実がありましたので、fujiponさん、記事の疑問は解決できたでしょうか。
こちらからは以上です。
この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義