どっかの記事がボコボコにDisられてました。記事は釣りでした。

いいね! がもらえる SNSでバズるテク
バズられるはてなの科学、
泡沫ブロガーの“あざなえる”管理人です。


本日、とあるブロガーの方の炎上している
記事を読んだのです。


ところがその記事が

「タイトルだけの釣り記事?」

「中身はスカスカ→セミナー誘導?」

「意識高い系が引っかかるやつ?」

コメントはスパム的な記事への批判が大半でしたが、書かれている記事があまりに高度すぎて私には何を目指して(目的・意図)いるのか真意がよく分からなかったのです。


そこで私はもっとシンプルに

「炎上させずに読まれ・拡散されるためのブログ運営」

を考えてみました。

以下の3つのポイントが重要です。


Q1.読者に共感され拡散される仕掛けはありますか?

他ブログからの言及のきっかけになるようなフレーズ

想わず読者がブクマしたくなるような主張

読み手の記憶に残るような文言

リズム感を感じる記事

それらを考えてみましょう。


キーワードは「言葉」


Q2.読者の記憶に残るブログになっていますか?

ブログを読んだ読者に、

あなたがどんな人なのか?

どんな思考をするのか?

独自の見解があるのか?

が想い起こせる印象的な主張やワードを入れましょう。

キーワードは「個性」


Q3.共有をした人に何をしてもらいたいですか?

アナタの記事をどんな風に読んだのか?

今後読者登録させたいのか?

Twitterで拡散させたいのか?

ブクマさせたいのか?

Facebookで「いいね!」させたいのか。

記事を読まれたの後、読者の行動を促す動線を考えてみましょう。

キーワードは「共有動線(SNS)」



ブログ記事を構築するにあたって大切なのは、

「どこにポジションをとって事象を切り取るか?」

「ネタとの距離感の見極め」

がとても重要です。

※気になられた方は有料メルマガにご登録ください。誰でも簡単にブログテクニックがワンランクアップします


上記が面倒で、単にバズられたい方は以下の講座をご活用ください。


2月12日(水)15時〜はてなで誌上ワークショップ開催!
2月19日(水)15時〜はてなで誌上ワークショップ開催!


炎上フレームワークを活用し、

「秒速で読者を煽り、絶対に炎上させる記事」

を構築する、3,000文字の誌上ワークショップ


今回は、

絶対に叩かれる記事を構築する4ステップ

・ネット民が食いつく3つの炎上キーワードとは?
・誰かの常識は誰かの非常識
逆張りに自分の気持ちが耐えられるかどうかの確認
・誰に喧嘩を売るのが確実か?(ネットでの勝ち方)

をお伝えいたします。
スペシャル講師として家●氏を招聘予定です

よかったら、ご活用ください。


※この物語はフィクションであり、登場する人物・団体等は実在のものといっさい関係ありません。またここに描かれるブログを真似することはしないでください。ブログを運営する際は最低限のリテラシーを守り、安全な運営を心がけてください
※この記事はhttp://takuhirokosa.com/biribiriueda/の改竄ネタになります
※上記メルマガはありません
※上記ワークショップは行いません