赤味噌BLOODとアイドル系小ネタ


小ネタ。
今朝、チームしゃちほこの「赤味噌BLOOD」聴いてたらなんだか...。

Keyと本格的なヒューマンビートボックス、それにしゃちほこの手作り感…素人感満載のヒューマンビートボックスを合わせてるんだけれども、サンプリングで「どんどこ」だの「ちっちき」だのを素材にして貼りあわせるのは見かけるけど、この音素材とボーカルの声が同じなだけに
「主:歌/従:曲」
の構造のはずが、ヒューマンビートボックスの音が主の歌と同じ「どんどこ」言う声だから
「主:歌、ヒューマンビートボックス/従:キーボード、ヒューマンビートボックス(Daichi)」
になってるヘンテコ感。
楽器の音と声は音として別だからこそ聴いて脳内で切り分けるんだが、同じ声で「どんどこ」を歌ってボーカルに被らせる掟破り。
ボーカルを邪魔する「どんどこ」って何なんだ。
面白いけど。



エビ中の「誘惑したいや」が引っかかって最近エビ中も聴いてる。
ももクロの妹」というフレーズも、ももクロの広大な世界観(宇宙、宗教、ディストピア)で「常に何かと戦い続ける」姿勢と比較して、半径1mの世界を歌うエビ中ってのは正統派なアイドルっぽい音を鳴らしていて補填しあう関係性がいい。
更にヘンテコかわいい部分を継承してるのは、しゃちほこなんだろうし。

私立恵比寿中学 梅 - YouTube
「未確認中学生X」や「禁断のカルマ」に見られるストレートなラブソングと比較しても「梅」の歌詞は、ももクロに近しい。
夢に向かって、いつかは咲き誇れ、と評価の低い梅を自分たちの暗喩にして歌う。
エビ中の歌世界は基本足が地についているもので、誰かを好きとか田舎に帰るとか学校の風景が多い。
ももクロがリインカネーションを歌ってるのとは対照的。
スタダ的な、AKBや乃木坂っぽい切り口と言うか。



primal. / BiS 新生アイドル研究会 - YouTube
BiSは解散だとか全裸でダイヴしろだとか色々話題は尽きないけど「アイドル」と言う虚像を壊したいという理想を掲げて、でもどうすればいいのか方向性が出なかったのかしら。
詳しくないのであまり触れないけれど。
楽曲のクオリティだけで生き残れる時代ではないし、ルックスだけでもダメ。

Tomato n'Pine - ワナダンス@PS2U - YouTube
トマパイも曲は「アイドルmeetsファンク」というアプローチが面白かった(ダラダラ感)けどあっさり解散。
アイドルブームがあと何年続くかは判らないけれど(それともジャニーズみたいに固定化するか)今年のフェスへのアイドルの進出がどの程度なのか。

ゴリゴリのロックフェスにアイドルが出るとなって、公式がロック至高・原理主義者に凸撃され大炎上する光景を今から期待してる。

私立恵比寿中学 年忘れ大学芸会2013 エビ中のスター・コンダクター(Blu-ray Disc)