仮面ライダー鎧武でのダンスバトル


『仮面ライダー鎧武』の「果物」「戦国武将」「ダンス」が三題話にもなっていない件について - 法華狼の日記
仮面ライダー鎧武でのダンスの扱いの悪さについて。
まったくもってその通りだと思うし仮面ライダー鎧武にとってのダンスバトルって何やねん、と思いつつもでもそれをダメ出ししても仕方のないところ。
それよりはダンスについて考察する方がネタとして面白そうなので考えてみる。

まず仮面ライダー鎧武を観ていない人にさっくり説明すると、
・主人公はダンスチーム“鎧武(ガイム)”の1人
・ある時ベルトを手に入れて仮面ライダーに変身できるようになる
・ダンスチームは数少ないダンス場所を奪い合う際にインベスゲームと言うものを行うことがある
・異空間からヴァーチャルの怪物(インベス)を呼び出し戦わせるのがインベスゲーム
・ダンスチームのランキングがある

こんなところか。

やはり問題はダンス要素の乖離だろう。珍しくダンス大会をクライマックスにもってきた第18話「さらばビートライダーズ」で、はっきり露呈してしまった。

根本的な問題として、ダンス描写自体に若者を熱狂させるような説得力が映像にない。それでいて、作中の社会をまきこむほど重要な位置づけがされている脚本でもない。

あるいは放映時期が重なっていた『獣電戦隊キョウリュウジャー』のように、変身時に踊る設定にしていれば、ダンス要素を無理なく入れつづけられただろう。ダンス技術のある人間が変身しやすいという設定にもできる。

もともとダンスはチーム抗争の一手段でしかないのだから、描写されなくても問題なく物語が進む。ライダー要素との結びつきは怪物を戦わせる「インベスゲーム」があるし、それだけが抗争の手段だったとしても問題なかった。

いっそ闘犬や闘鶏どころか、『ポケットモンスター』くらいの緻密さと存在感でインベスゲームを描くことはできなかったのか。果物を食べさせてインベスを育て、覇を競いあうような世界観。それならば果物要素とチーム抗争という要素もつながる。

しかし実際に描かれたインベスゲームは、ライダーに変身して乱入しても批判されないような、いまひとつルールがはっきりしない代物だったし、勝利してもどれくらいチームの位置づけに反映されるかもよくわからなかった。

色々見ていてこのトゥギャリが面白かったんだが、
ダンスチームがダンスで評価されていない件(仮面ライダー鎧武) - Togetterまとめ
これほど視聴者が理路整然と理由付けをしようとしたり暗喩を探ったり、理屈を立てようとする構造に「いやいや、それは企画と脚本でやれや」と思いつつも、いろいろと面白い意見も出るわけで



ラップバトルもそうなんだが、ダンスバトルなどの「漠然とした当事者もしくは第三者の価値観によって勝敗が決まる」争いと言うのは映像での表現が難しいし、ましてや視聴者層として小学生などを意識せざるをえない仮面ライダーなのだからダンスバトルでの「どっちが勝ったかわからない」勝敗よりもインベスゲームと言う明確な勝ち負けの方が視覚的には通じやすい。
ただ登場人物らのインベスゲームへの執着はあまり感じられず、やはりそういう点でも劇中のパラダイム
ダンス>>>インベスゲーム
なんだろうと思われるし、あくまでもインベスゲームは場所取りの手段でしかない。
ダンスチームランキングは、インベスゲームの勝敗でランキングの移動がある。
個人的には、あのランキングはあくまでも人気投票結果としてのランクなので、ダンスチームの実力云々と言うよりもインベスゲームでの争いであれファンが増えればランクが変動する「チームの人気ランキング」という認識でいた。
それであればあの変動も納得できる部分はあるわけで、ダンスの実力やパフォーマンス力では無い評価軸で観客はチームを見ている、と。
インベスで勝っても人気は出るし、ダンスを踊っても人気は出る、と。
そもそもインベスゲームにライダー姿で戦っていいってのは、遊戯王でゲームを挑まれてるのに拳銃で相手を打ち殺して勝つみたいな(比喩がヘタ)勝つためなら手段は選ばないってのと同意。
インベスゲームのルールが「インベス同士で戦わせる」ではなく「インベスと人間が戦う」「インベスと武装した人間が戦う」までもアリになってるからややこしい。


☆初瀬ちゃん「初瀬る」。|白又敦オフィシャルブログ「白又時代」Powered by Ameba
人間が、異空間にあるヘルヘイムの森の実を食べると怪物(インベス)になってしまう。
それをひた隠しにしようとする組織「ユグドラシル」とはいったいなにか、と。
北欧神話に登場するユグドラシル

世界を体現する巨大な木であり、アースガルズ、ミズガルズ、ヨトゥンヘイム、ヘルヘイムなどの九つの世界を内包する存在とされる。そのような本質を捉えて英語では "World tree" 、日本語では、世界樹(せかいじゅ)、宇宙樹(うちゅうじゅ)と呼ばれる。

ユグドラシル - Wikipedia

世界の中心に立つ巨大な樹の名前であり世界そのもの。
想像で言うなら

・世界はすでに崩壊しており、しかしその事は隠され市民は巨大企業ユグドラシルによってヴァーチャルな世界を見せられている。外世界にはヘルヘイムの森が広がり、いずれ主人公らの世界が崩壊するため、インベス対策のためにライダーベルトなどを開発している

・世界はいずれ崩壊する。ミッチ(ブドウライダー)インベスの森で兄(メロン)と一緒に見たのはヘルヘイムの森に飲み込まれた自分たちの街の姿。主人公らの世界が崩壊する未来のために、インベス対策のためにライダーベルトなどを開発している

悪の組織として考えるのはなかなか難しい。
ミッチが一度でも兄と協力してユグドラシルに転向しようとしたってことは、ヘルヘイムの森で見た光景にそれなりの意味とインパクトがあったわけですから。
※とはいえ上予想だとユグドラシルの一部のみしか知らないのが謎なので、下予想を推したいところではある


白又氏のブログから虚淵発言を引用すると

脚本家である虚淵さんには「初瀬ちゃんはマドマギのマミさんポジションで物語のターニングポイントを作る人だから!」というコメントをいただき絶対に上手く演じなきゃ!という責任も感じたりしました
マミさんがマミられ、まどマギは一気に正統派魔法少女モノから魔法少女ですら残酷に死ぬ世界へと変貌した。
だとすれば人間がインベス化する初瀬の存在は、今後の主人公らの住む世界の全貌が明らかになるにしたがってその意味が重くなって行くんじゃないだろうか。
ヘルヘイムの森の実によって人間がインベス化するのであれば、インベスは元々すべて人間だったろうし、何かしらのパンデミックの果てにヘルヘイムがあるんだろう、と。
ちなみにヘルヘイムは
ヘルヘイム(古ノルド語: Helheim)は、北欧神話に登場する世界のひとつで、ロキの娘・ヘルが治め、ユグドラシルの地下にあるといわれる死者の国。ニヴルヘイムと同一視される。

ヘルヘイム - Wikipedia

ヘルヘイムと言う死者(インベス)の国の上に立つユグドラシル


最終的にはなんだかんだマクロスリン・ミンメイ的にダンスチームのメンバーが踊る光景がカットインしつつ、変身の果てにフルーツパフェと化した鎧武が最後の巨大な敵(世界を崩壊させるパンデミックの原因、ドクターゲロ的な世界の敵)に戦いを挑みながらも敗れ、インベスの森で雨に打たれながらその魂は宇宙のエントロピーを保持するためのエネルギーとして……などと何かのノイズを混ぜつつ記事を終わろうと思う。
MODE SUPER HEROES 鎧武&ウィザード (Gakken Mook)