インターネットの大きさは違う

当たり前のことを書いてみよう。

インターネットの大きさは違う。

知り合いに「イケダ○ヤトって知ってる?」と聞くと知らないと答える。
プリキュアの合間のCMに出てるタートルネックの」と言ってなんとか薄っすら印象に残ってる程度。
そんなものだろう。
「ハッ○ル」「めい○ま」「ちき○ん」どれもこれも知らない。
しかしネットをやってないわけじゃあない。


インターネットというのは、パッシブな世界ではない。
かつてのメディアの王者テレビはパッシブで、観ている人間に全て同じコンテンツが勝手に流れる。
「テレビつまんねーなー」と思うのならチャンネルを変えればいい。
皆が同じコンテンツを見るから皆がそのコンテンツの中身を知ってる。
「有名人」が有名なのは視聴者がパッシブだからだろう。

ところがネットはそうではない。
誰かが観ている「インターネット」と別の誰かが観ている「インターネット」とは違う。
あるひとはアメブロで芸能人のブログを見て、あるひとはヤフオクを延々探す。
ニュースサイトを見て、ツイッターでつぶやく。
あるひとには2chは今でも素晴らしいし、問題は多いけれどコテハンで書きこむ気にはならない。
あるひとは楽天で目玉商品を捜し、Facebookで友人と交流する。
はてなには、はてブがありある程度の情報共有・ベースがあるのでコミュニティを形成しやすい。
だからこそはてな村オンラインはできあがる、

ネットの広さは好奇心に比例する。
いろいろなキーワードを検索し、ハイパーリンクを跳び、言語の違いも考慮せず視覚的に飛び越えて行けば広がる。
インターネットはアクティブなメディア。
同じところをグルグル巡回していたのでは何も広がらないし、その変化を待つしかない。
閉ざされていないネットの世界を閉ざしているのは自分自身でしかなく、目の前に広がるのが膨大な情報の海だろうが浜辺でしか遊ばないパッシブな行動を選択するならその海は大した価値もない。

2chのなんJ、VIP転載禁止に対するにまとめブログ民の呆れる反応集 - Togetterまとめ
キュレーション、キュレーター。
そこそこにネットに精通した「事情通」や2chを巡回してる「まとめサイト主」は読みやすいよう情報を精査し成型して提供する。
何の苦労もせず放っておいても勝手に情報がまとまり勝手に選別してくれるアクティブな存在。
かつてのテレビ局のようなもの。
面白いもの、興味深いもの、話題のもの、それらを選びツイートしまとめてくれる。
実に効率的で能率がいい情報収集。
簡単て安易で楽。
だからそれらに頼れば世界は広がらないし、広げる必要はない。
いつものページのいつものコンテンツ。
いつものネットのいつものブログ。
いつもいつもいつも。
幾つかの固定されたページと幾つかのブログとはてなトップとまとめ。
それさえ見ておけばネットの趨勢は大体わかる観測範囲。


イ○ハヤやち○りんは燃え、メイロ○さまは相変わらず飛ばす。
ハック○先生はすっかりお片付けを信奉し、マッチョさは薄まった。
そんな日常の小さな「騒ぎ」
はてなでの騒ぎがローカルであるように、そんな「ネット有名人」も局所的でローカルな話題。
ローカルでも充分食えるほど世界は大きいが。

この街では誰もが神様みたいなもんさ。いながらにしてその目で見、その手で触れることのできぬあらゆる現実を知る。何一つしない神様だ

機動警察パトレイバー2 THE MOVIE

インターネットの広さと個人の好奇心や行動力は比例しない。
だからネットが面白くないなんて思うんだろう、きっと。

インターネットの大きさは違う。
つまらないと言うひとほど観測範囲はとても小さい。
THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 [Blu-ray]