ウィスパ―ボイスがセクシーな女性DJ&ボーカリスト5人

Page2:Mind Over Matter【初回限定盤(DVD付き)】
最近、毎日SIMI LABの新譜(2nd)ばかり聴いてる。

とはいえSIMI LABはMARIAも含めMC陣が尖った感じなので甘い音に逃げたくなる。
高速リリックを唱え、攻撃的なMCは気分はアガるが逃げ場はない。
そこで他の曲で口直しをする。
辛い物を食べると甘いものが食べたくなるようなもの。


泉まくら

卒業と、それまでのうとうと


〈術ノ穴〉が送る新人「ラップをしちゃう普通の女の子」泉まくら! 時代を代弁するその才能にインタビューで迫ります。 | Qetic - 時代に口髭を生やすウェブマガジン “けてぃっく”

術ノ穴〉が送り出す新人アーティスト「泉まくら」は「女の子ラッパー」ではなく、「ラップをしちゃうふつうの女の子」。繊細ながらも鋭い筆致で日常を掬う彼女の詩は、ミュージック・ビデオ”balloon”において、大島智子の描く不安定な「女の子」像とオーバーラップする。常に人と繋がっていたいとする欲求は、満たされない孤独を浮き彫りにし、共感や同調といった「空気」が何よりも優先されるこの世界の価値観から逃れて、揺れる心はひとつの季節を終える。流されやすくて、脆くって、息苦しさを感じる女の子の憂鬱な日々とその内省を、聴き手の感情に寄り添うような声で、泉まくらは代弁してみせた。
ここんところ一推しの泉まくら。
泉まくらを聴いているとその声のかすれとかブレスが気になる。
リリックにはないニュアンス。
音に「している」のではなく「なっている」部分が心地いい。


daoko

GRAVITY



17歳になった女性ラッパーdaokoもそんなウィスパ―ボイスとブレスを使いこなす。
甘くて少し優しいかすれた音。
多分、呼吸音に近さを感じるから優しさや妖艶さを感じる気がする。


chara

JEWEL


個人的にウィスパ―ボイスやブレスのセクシーさのルーツを探っていくとcharaに行きつく。
舌っ足らずでかすれた声にゾクッとする。
最初に知ったのは岡村靖幸の曲にゲスト参加したとき*1でその後どっぷりハマった記憶。


カヒミカリィ

MY FIRST KARIE


ELASTIC GIRL(M.V.) / カヒミ・カリィ - YouTube
この曲の入ったミニアルバム買ったなー。
いわゆる「渋谷系」に連なりフレンチポップとも繋がったカヒミ
「声小さっ」
ってのが第一印象。


meg

イケナイコトカイ/傘としずく


イケナイコトカイ - MEG - YouTube

Groove Tube - YouTube
megは「岡村靖幸」とも繋がり「渋谷系(フリッパーズ)」とも繋がってる。
こうやって何かを聴いてそれが好きなら、そこからルーツや繋がりを辿って色々なミュージシャンに行きつきまた聴いて…を繰り返してたんだな、と自覚する。


ヘッド博士の世界塔
ヘッド博士の世界塔
posted with amazlet at 14.03.06
Flipper's Guitar
ポリスター (1993-09-01)
売り上げランキング: 36,049

*1:パラシュート☆ガール