初心者ブロガーはSEOよりもまず炎上させない方法、した時の対応から覚えるのがいいのかもしれない

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫)
ども。
年中、ヒマそうでも意外と繁忙期があったりするのです。
寝ぼけまなこで書いたJB記事しか挙げてない…。

最近、脳を動かしていないネタばかり。
そんな中「以前は褒めてた人ほど批判している」Gunosyさんが、こんなtogetter記事を持ってきました。
ネットで炎上を起こさない心がけ - Togetterまとめ
素晴らしい。
すばらしすぐる。
ツイ主は結城先生ですので、人間ができてる。
ただ世に溢れる未成熟なまま身体だけが成長した「おとなこども」にとっては基礎的なリテラシーすら難しいのだと思うんですよ。
こーいう端整なツイを百回読んでも理解出来ない人らが燃やし炎上が行われるので、世に火種は尽きることはないのでしょうが。



これは炎上対応というよりも「喧嘩吹っかけられたらどーするか?」ということですね。
炎上は「1vs多数」のイメージが強いので「1vs1」もしくは「1vs少数」の場合はバトる感じですか。
このバトる(討論する、言いがかりをつけられる)場合、相手の趣旨が見えないんですよね。
だから勝利宣言させときゃあいいというのはとても正しい。
「テメェ!こんなことツイートしやがってボケ!!!」
とメンションが来たところでその相手は何を求めてるのか判らない。

「こんなことつぶやくならアカウントを消せ」
は無法だし釣りあってない。
アカウント削除相当の理由を示してもらわないととてもじゃないが応じられない。

「このツイートを消せ」
ならその正当な理由を示してもらえれば対応もするが、ボケなどと言ってきている相手に真面目に相手にするべきかも疑問。

ツイートに対して何かを言ってくる、その考えの合わない人間を相手に言い争っても無益だし不毛。
なので勝手に勝利宣言したければすればいいし、そもそも勝ちも負けも無い。
以前にブログ相手に批判記事が書かれて「反論したければどうぞ。もし無視すればこちらの勝ちとみなします」と書かれていたので、完無視スル―しましたがお元気でしょうか。祝杯は美味しかったですかね。
何が「勝ち」でなにが「負け」なのかいまだにわかりませんが。
あの手の「勝利宣言」は自分を納得させるための理由付けの意味合いがとても強い。
でなければ一方的に叫んで無視されてるかたちですからね。
「勝ったぞー!オレは勝ったんだ!!!反論してみろ!!!」
はいはい。




ブログで特に、こういう「未熟な論考をあげている記事が燃える」パターンは多い。
幾つか読んでいて思うのだけれど燃える(燃やすやつはさておき)方々に共通しているパターンって
「ボクがあなた方に教えてあげよう」
という視点が多く含まれている気がする。
いや、オマエに教えてもらうほどでもねぇし、お前はどこから目線なんだよ?
と読んでいる側が考え
「こいつ偉そうに書きやがってハゲ!おらおらおらおらららっっっ!」
とコメントが付き燃え始める、と。
意図的にやっている方というのはその辺りの心理をうまく使ってあえて見下し、挑発し煽るわけですね(最近はそーいう安価なメソッドも徐々に通用しなくなり始めているようですが…最近見かけないあの方もお元気ですかね)。

よく「ブログ初心者が覚えておくべき云々」みたいな記事があってウチでさんざくさしているけれど、まずブログ初心者が覚えるべきは
「初心者のための炎上させないブロガー基本メソッド」
これをまず覚えるべきなのかもですね。
でないと黒っぽいレトリックを使い、炎上でのPVとアドセンス収入に魅入られ修羅の溢れる冥府魔道を彷徨う歪んだブログ道。
ダークサイドに堕ちるとそのうま味に改心するのは難しいのは枚挙にいとまがない。
ただ、その手の方は飽きられるのも早い。
実力で評価されたわけではなく「騒ぎ方、殴られ方、挑発の上手さ」だけで目立ってきたわけですから中身なんて元々期待しても、ね。


スキーだってまず転び方から学ぶんだし。
ブロガーのための非炎上メソッドという記事を考えたいが時間がないので誰か書かないかしら。
基礎ってのはそういう部分にあるのかも知れないなぁ、などといつまでもモラトリアムに逃げ込んでいられないので多忙な現実へと引き上げることにします(とほほ…)。


なぜ僕は「炎上」を恐れないのか 年500万円稼ぐプロブロガーの仕事術 (光文社新書)
イケダハヤト
光文社 (2014-02-18)
売り上げランキング: 14,880