とあるテレビウォッチャーの会話「いいとも!終了」

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?
聞き手(以下、聞)「昨日はブログお休みしましたね?珍しい」

語り手(以下、語)「うん、忙しいというのもあったけど、エイプリルフールで情報がごちゃごちゃしてたしね」

聞「お祭りでしたね。あと笑っていいとも!が終わって記事も多いですね」

語「テレビなんて観ないだとかオワコンだとかさんざ言っといていざ長寿番組が終わるとなれば感傷的に思い出を語って時代の変化だなんだ言いたがるのが小市民だから仕方ないさ」

いいとも!の終わり

聞「つまらないとか言われてましたからね。でも最近面白かったですよ?」

語「あれは終わり間際の花火だから。いつまでも続くと思ってるひと月ともう終わると決まったひと月とじゃ全然違うから、観る方もやる方も」

聞「それにしても長く続きましたよね」

語「いいとも!は、テンプレートが自由度高いんだよ。基本は、タモリが出てきて一曲→客席といいとも!の掛け声→テレフォン→ミニコーナー、締めの掛け声。これだけが決まっててあとは流動的。だからある程度経てばタレントやコーナー企画を変えて、新しい血に変える。そうすればリニューアルと同じだもの。いいとも!は何十年も〜と言うけど徹子の部屋みたいに全編トークだけの同じフォーマットで延々やってるわけじゃない」

聞「確かに徹子の部屋はすごいですね」

語「でもあれはお昼には向いてない。やっぱり13:30の番組なんだよ」

聞「黒柳徹子だから?」

語「いや、番組の構造として。お昼休みって一時間がっつりテレビをみんな見るわけじゃない。飯を食いながら細切れに10分とか5分とか30分とかしか観ない。だから徹子の部屋みたいにある程度腰を落ち着けて観なきゃいけないトーク番組は飯が終わって片付けも済んで休憩にちょうどいい」

聞「でもいいとも!にもトークコーナーありますよね」

語「あるね。でもテレフォンのトーク部分って10分15分だよ。合間にCMも入る。短いコンテンツが色々入ってるのがいいとも!の特徴だから」

聞「短いからどこを観てもいい、と?」

語「そうそう。それにあの中身のないゲームコーナーがユルい。BGMで流せるし見損ねても惜しくない」

聞「なるほど笑。今度の、バイキングはどうですかね?面白いのかな」

語「元々いいとも!も面白い番組じゃなかったからね。お昼に面白い番組なんていらないもの。誰が昼休みの10分に大爆笑したいんだよ笑」

聞「若手のお笑いを揃えましたよね」

語「一回目の放送見たらまずネットの話題のキーワードを並べてね。あれってネットを観なくても番組でわかりやすくやりますよ、って意味もあるのかも知れないけど……さて、どうかな」

聞「他の局はニュースとかやってますよね。あれは?」

語「ターゲットが違うからね。朝からテレビを観れる主婦とか老人は、バラエティが嫌なら朝もさんざやったニュースをもう一回。あとはドラマとかね」

聞「ドラマ...テレ東ですか」

語「そうだね。CSIをあの時間帯にやるのがテレ東らしいね。他の局なら深夜だよ。でもテレ東深夜はバラエティが強いからね。あの自由度でやるから面白いんだけれど、やりすぎコージーの悲劇が……*1

やりすぎコージー DVD BOX2 夏のモンロー祭り(1)・ネイチャージモン 驚異の実態に迫る!やりすぎコージー DVD BOX2 夏のモンロー祭り(1)・ネイチャージモン 驚異の実態に迫る!
TVバラエティ,今田耕司,東野幸治,千原兄弟,大橋未歩

アール・アンド・シー
売り上げランキング : 67995

Amazonで詳しく見る
聞「……あー、話を戻しますね(またその話題ですか笑)。つまり各局狙う層が違うんですね」

語「もちろん。いいとも!はラーメン屋のテレビとか、外出先とか職場とかさ。すごいのは生放送でスタジオだけで完結させてるところだよ。他は大概VTRに頼る。テレビ番組は編集して間延びを嫌うけどいいとも!は生で全部使うから。他の番組はスタジオがダラっとしても、VTRを流してそこでリズムを詰める」

聞「リズムですか」

語「うん、ヒルナンデスはVTR部分とスタジオとで時間の流れ方が違う。スタジオだけだとあの出演者とスタジオセット次第になるけどVTRを流すならそこでなんとでもなる。全編観てほしいなら編集はあるほうがいい。でも細切れで観る想定なら編集は必ずしも必要ないよね。ぴったんこカンカンなんてスタジオ部分のクイズは食玩のガム扱いだから、あのやり方TBS……」

(ここからVTRとスタジオの主従、ポジショニングの話。割愛)

象徴と司会者

語「毎日違う司会者を据えたのは物理的なスケジュールと、それを掛けるタレントの不在だろうね。タモリの看板は大きくなりすぎたから」

聞「司会者といえば、という感じですよね」

語「厳密にはいいとも!の司会者じゃないんだけどね」

聞「タモリが司会者じゃないんですか?」

語「いや、いいとも!でタモリが司会してるのは数コーナーでほとんどは別のタレントが仕切ってるでしょ。王様のブランチで谷原章介はメインだけど、各コーナーはブラン娘がVTR担当なのに近いね。タモリは象徴だから」

聞「象徴だったらいらないわけですか?」

語「いや、絶対に必要だよ。いいとも!のいいとも!らしい要素は、オープニングの曲、掛け声、テレフォンしか残ってない。「友だちの友だちは皆~」もないし、青年隊の踊りも削られた」

聞「そういえば一番最近の青年隊ってイメージが全然ないですね」

語「普通に考えれば週に五回、月に二十回はあの曲が流れるんだよ。どんなへヴィーローテーションよりもあの曲を聴く回数は多い。そりゃ青年隊は売れるさ。でもそれが削られてからは地味になった。パフォーマンスが無いならアシスタントだからね」

聞「せっかくのジャニーズなのに*2

タモリ: 芸能史上、永遠に謎の人物 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)タモリ: 芸能史上、永遠に謎の人物 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)


河出書房新社
売り上げランキング : 671

Amazonで詳しく見る
語「タモリという象徴が全コーナーを繋ぎ留め統一感を出してる。司会である必要はなくて、舞台の上にいればそれでいいとも!は成立する。タモリ抜きでいいとも!をやればそれは、いいとも!外伝だよ。各コーナーがタモリ抜きでいいとも!が成立する要素は少ないしいなければ別番組だよ」

聞「一時期、他コーナーに出なかったりしましたね」

語「うん。あれをやるといいとも!がいいとも!でなくなる。いいとも!は森田和義アワーだから。オープニングの曲を削っても、友だちの友だちは~をやらなくても、さんまが抜けても成立するけど。タモリという象徴、キャラクター抜きでは成立しないから」

聞「そして次の番組は曜日ごとに司会者が違う、と」

語「うん。象徴がいない。だからあの番組をどの程度考えてるのか分からないけど“象徴タモリ”のあとを継げる“象徴”を掲げるより番組自体、企画自体で特色を出すつもりなのかもね、上手くいくかどうかは知らないけど」

聞「辞めちゃってタモリさん大丈夫?みたいな話も出てましたね」

語「あれはおかしいけどね笑。普通に考えてさんまを観るのは週に数度、ダウンタウンとんねるず、たけし、みんな数回程度だよ。いいとも!で週に五回、タモリ倶楽部ブラタモリに……なんていう状況のほうが異常なんだよ」

聞「芸能界から完全引退するわけじゃないですからね」

裏回し

語「島田紳助みたいにね。そういえば、オールスター感謝祭も司会者を持ち回りして、いいとも!と同じやり方してる」

聞「言われてみれば」

語「あれも島田紳助の看板が大きいから。あれだけの長時間、キチンとそつなく回せるタレントは少ないし、島田紳助だとみんな納得できるんだけどね。結局今は、象徴の持ち回り司会者と実質司会者の島崎和歌子だから」

聞「司会は島崎和歌子ってことですか笑」

語「そりゃそうでしょ。ノウハウがあってスキルは高いけどタレントとして看板が弱い。だから誰か司会者を立てる必要がある」

聞「裏回しですか」

語「そう。アナウンサーがその位置に立つことも多いけどね。裏回しが進行を担って、メイン司会は各タレントへのネタ振りとか面白さを考えて回す」

聞「……結局、また話がそれましたね。」

語「別に死ぬわけじゃないんだし、番組一つ終わったことを「時代が変わった」みたいにスケーリングされても、ほかの番組は終わりまくってるし番組プログラムは終わって変わることが標準で、終わらないことがイレギュラーなのであってね。感傷が過ぎるよ。
看板をいつかは変えなきゃいけないのにそのタイミングを逸した、って感じが実際。

タモリさんは、深夜のサブカルおじさんとしていとうせいこうとかみうらじゅんとかと一緒に出てマイルスの話とかしてくれればオレは満足だけどね。元々いいとも!観てなかったし」
(to be continued…)

ケトル VOL.16ケトル VOL.16
山本兼一,Charisma.com,真山りか(私立恵比寿中学),河瀨直美,マキタスポーツ,南馬越一義,伊藤弘,岸勇希,西田善太,嶋浩一郎,正田真弘

太田出版
売り上げランキング : 503

Amazonで詳しく見る

*1:自由度の高い深夜でこそ天王洲猥談やモンロー祭りなどのお色気企画やガチの格闘企画など男性ウケの好い企画を多く行いブレイクしたのに時間帯が変わり企画がヌルくなった結果、ファンが離れ都市伝説しか残らなかったというアレ。くりぃむなんとかの悲劇でも代替え可

*2:最後のいいとも!青年隊、真田佑馬、野澤祐樹はジャニーズJr.